goo

オシム監督に何を求めていますか?!

■ 日本代表が強くなる保証は、ない!!

8月9日、トリニダード・トバゴ戦がオシムJAPANの初めての試合となる。それに向けて、代表へアピールする選手達、オシムJAPANに希望を抱くサポーター達、期待と不安など様々な感情を抱いていると思います。

しかし、この時期にはっきりしておかなければならないことがある。

それは、「オシム監督になったから、日本代表が強くなる!」そんな保証は、100%ない!ということである。
もし、現在世界屈指の監督達、“カッペロ、アンチェロッティ、モウリーニョ、ベンゲルなど”が日本代表の監督になったとしても同じである。極論を言えば、私が監督をしてもオシム監督が監督をしても“強くなる保証”はない。
しかし、言うまでもなく“強くなる可能性”は、明らかに私よりオシム監督の方が上である(笑)

冗談は、さておき・・・

当時の日本サッカー協会は、ジーコ監督就任に至って何を求めていたのだろうか?!色々と調べてみたが、ジーコ就任の理由が明確でなかったように思われる。つまり、川淵会長からジーコを選んだ理由が明確に語られた記事がないように思うが・・・(ご存知の方は、コメント及びTBで教えて下さいm(__)m)
(ジーコ氏は)情熱、経験、見識、さらに知識、どれを取っても素晴らしい人物であり、とりわけ日本のサッカーを世界のレベルに持っていきたいという情熱を人一倍持っている人でもあります。さらに、ジーコ氏は日本人をよく理解しており、サポーターの皆さんにも喜んでいただけると思います。(4年後のW杯に向け)新しいチームを楽しみにしていきたいと思います。(川淵会長談)
スポナビ - ジーコ就任会見より
当時、前監督トルシエとの比較で「日本を良く知っている」というキーワードがあったと思う。アジアの果ての小国ニッポン。特殊な文化・生活環境がある国なので、このようなキーワードがあったとしてもおかしく感じなかった。

■ 4年前は?!その結果は?!

では、4年前、ジーコ監督が就任した時、我々サポーターは、どのような期待・可能性を抱いていただろうか?!みなさん、それぞれ脳みその奥にある記憶を引っ張り出してみて下さい。当時、みなさんは、ジーコJAPANに何を期待していましたか?

・得点力不足、決定力不足の解決
・黄金の中盤
・非トルシエ的サッカー
・世代交代、若返り
・世界の強豪と互角に戦える力
・W杯でベスト16以上の結果

細かい部分では、「中田、中村の共存」という課題もあったかもしれない。
やはり、最大の課題は、『得点力不足、決定力不足の解決』ではないだろうか?!

私は、唯一覚えているのが、(以前も書いたが)「W杯の経験があるジーコであれば、2002年W杯ベスト16トルコ戦のトルシエのような采配(ミス)は、犯さないであろう…」ということであった。ところが、4年後・・・いわずもがな、私の予想(期待)とは、真逆の結果になってしまった。

正直、今回の2006年のW杯の結果には、失望した。
それは、決してオシム監督の言うように、「期待し過ぎ」それだけではないと思う。
第1、2戦を考えれば、十分に勝ち点3の可能性はあった。これは、決して、過大評価ではないと思う。但し、この話には、前提があった。「日本代表のパフォーマンスが100%ならば!」 しかし、結果だけを見れば、100%のパフォーマンスではなかった。では、その原因は、何だろうか?
過去ログ: 日本代表 『W杯ドイツ大会、総括』
この記事でも書いていたが、実際W杯では、下記のような問題が起こったと思うし、改善されなかった点も多々あった。

・コンディションの調整ミス?
・戦術(戦い方)のミス?
・選手選考のミス?
・試合中の監督の采配ミス?
・チーム内に"戦う気持ち"が欠如していたから?
・得点力・決定力不足によるもの?

これ以外にも数多くの原因があるかもしれないし、人それぞれにより考え方が違うと思う。また、根本的な原因は、外部の我々には、わからないことなのかもしれない。私は、これら全て原因であると思うし、これ以外にあったのかもしれないと思う。

■ オシム監督に期待・求める事は?!

実は、この記事を書いた理由は、マスコミやサポーターがオシム監督に対して、「何を求めているのだろうか?」とふと思ったからである。
以下のような事を書いていたブログ(川の果ての更に果てに)があったので引用させていただいた。
一つだけ言えるのは期待しているものが明確でない以上は検証しても意味がないということです。それは結果論以上の何者でもなく、ある意味検証しないこと以上に「過去否定→新時代期待」につながりかねませんので。  -「オシムに何を期待?」より

まさに、その通りである!4年前、漠然とジーコ監督へ対する期待を我々は抱いていなかっただろうか?では、オシム監督に何を期待して、求めているのかはっきりしていますか?「お手並み拝見」とばかりに、求めるものが明確でないような雰囲気が漂っている気がするのです。例えば、オシム監督に求める事の一例として、下記のようなものがあると思う。

・得点力不足、決定力不足の解決
・世代交代、若返り
・組織的なサッカー
・攻撃/守備の向上・安定
・世界の強豪と互角に戦える力
・W杯ベスト16以上の結果・・・etc

ざっくりと考えてこんな感じだろうか?
もちろん、細かい点を指摘したらもっと出ると思うし、人それぞれ求めるものが違うと思うし、今回のW杯で露呈された問題点の解決を求めている人もいると思う。私も以前の記事で、ジーコJAPANがW杯で露呈した問題を単純にオシムJAPANの課題として挙げていた。
(オシムJAPAN誕生 - ■ ジーコJAPANの問題とオシムJAPANの課題)

■ オシム監督には、『得点力不足、決定力不足』の改善を求む!

我々サポーターの中では、一般的に『得点力不足、決定力不足の解決』、『W杯グループリーグ突破』の2つが暗黙の内に共通理解としてあったと思うし、今回のオシム監督にも求めるものだと思う。

では、この『得点力不足、決定力不足』を解決する方法は?!
まぁ、得点力不足、決定力不足の要因は、色々とあると思う。しかし、大きく考えると、「育成段階」、「Jリーグ」この辺に帰結するのではないだろうか?!
ちなみに、日本人だから世界に通用しない!という理屈は、人種、民族性、肉体的理由は、通用しないである。

また、ポジション的な話をすれば、得点を挙げる選手=FWである。では、世界に通用するFWがこれまで海外で成功(結果)残せただろうか?
城、西沢、高原、柳沢、大久保、大黒、平山(他にもいたかな?)まぁ、この辺の選手は、少なからず海外で成功を収めていない。成功の解釈は、純粋にFWとして、移籍マーケットで扱われる、リーグ得点王(上位3位)など色々とあると思う。
つまり、これまで海外、世界で通用するFWは、いなかったということになる。その原因は?やはり、「育成段階」、「Jリーグ」ではないだろうか?!

細かい話は、これくらいにして、個人的には、A代表に関しては、『得点力不足、決定力不足の解決』を求めたいと思う。それが第1段階であり、その延長線上に『W杯グループリーグ突破』があるような気がしている。勿論、その他の細かい部分は、あるが、少なくとも1年後のアジアカップくらいを目安に『得点力不足、決定力不足の解決』の兆しが見たい。

■ 日本サッカー協会は、オシム監督に何を求めているのか?

川淵会長にレッドカードを
8月9日、トリニダード・トバゴ戦後にデモを行う様です。(許可を取ったデモらしいです。詳しくは、上記サイトにて!)

ふと思ったが、川淵会長の口からオシム監督を選出した理由がはっきりされていないように思った・・・そこで、ちょっと調べてみたら、「いっちゃった発言」の会見の時に理由を少し述べていた。
川淵キャプテンは「本来は正式に決まってから公表すべきだが、ついオシムの名前を出してしまった以上は、変にごまかすのはよくないので説明します」と述べ、オシム監督に一本化した理由として「弱かったジェフ千葉をあれだけ魅力的なチームにした監督術は素晴らしいと思っている。選手の判断を尊重する指導方法はジーコ監督の考えを受け継いでいく上でふさわしい」と説明した。

えっ?!これだけ?みなさん、本当にこれだけの説明で十分ですか?川淵会長が具体的に説明が出来ないのであれば、田嶋(元)技術委員会の委員長が説明をしてもいいと思うのだが・・・(専務理事に田嶋氏確定的 新技術委員長に小野氏で

もう、オシムJAPANは、発足してしまった。しかし、1年後、2年後とその成果を判断するタイミングがあると思う。ジーコ前監督の時のように、“最終的にW杯後に後悔してしまっちゃった・・・”というような事がないように、我々、サポーターは、常に冷静かつ厳しい目で代表監督及びサッカー協会を見守る必要があると思う。決してオシム監督では、駄目であるという理由で言っているのではない。ジーコの時のように、4年間、漫然と監督をさせてはいけないと思う理由からだ。

では、もう一度考えて欲しい。日本サッカー界全体をオシム監督に委ねるべきか?オシム監督(A代表監督)が他の年代まで統括するような事まですべきか?本当にオシム監督でいいのか?過去の実績、旧ユーゴスラビア時代のW杯での実績、オーストリアのクラブでCLへの出場経験、ジェフ千葉での実績、これらの実績をみて、オシム監督に我々は、何を求めるべきか?!先に挙げたように、問題点とては、いくつか求めるもの(改善して欲しい点)があると思う。しかし、すべてをオシム監督に委ね、責任を与えるのは、逆に無責任ではないだろうか?また、求め過ぎではないだろうか?!

最後に、オシム監督の就任会見より
――川淵キャプテンとオシム監督に質問したいのですが、今回のチームの出発としてワールドカップ(W杯)での失望がありますが、問題点をどうとらえているのか、失った自信をどう取り戻していきたいと考えているのかお聞かせください。

オシム私は説明するよりもむしろ質問をしたい。ドイツでの失望というが、失望というのは、より多くのものを望み過ぎたからするものだ。そういった楽観的な見方はどんな根拠に基づいていたのか?
 理由として、ひとつはこちらが十分な情報を持っていなかったのではないか?ということが挙げられる。もうひとつは正しい情報を得ていたが、相手チームを見下してしまったのではないか?ということだ。
日本が多くを期待し過ぎた原因は、どちらなのか?

私のこのコメントに対して、がっかりした人もいるかもしれない。だが、物事は現実的に客観的に見て、未来のことについて話し合っていかなければならない。ただ、自分たちの能力以上のものを望むと、そこに待っているのは失望ということになる。

日本代表オシム監督、U-21代表反町監督 就任会見 - スポナビより

我々は、オシム監督について、十分な情報を持っているだろうか?オシム監督を過大評価し過ぎではないだろうか?そして、何を求め、期待しているのか?そこを明確にしなければ、漠然と結果を受けての批評になってしまうかもしれない・・・つまり、「今回と同じ結末を迎えるかもしれない」ということである。オシム監督を選んだのは、日本サッカー協会であり、その長は、川淵会長である。ちなみに、会長は、あと2年で定年でその座を降りる。そして、今回と同じように、最終的にW杯のピッチで戦うのは、選手達である・・・

最後にもう一度、「あなたは、オシム監督に何を求めていますか?!」

≪追記≫
私はオシム監督にとりあえずA代表の『得点力不足、決定力不足の解決』を1年後をめどに、ある程度解決して欲しいと思っています。


今回の記事が良かったら、クリックお願いします。記事を書く励みになります。
   
お好きな色のバナーでどうぞ (*^▽^*)



リンク - 姉妹サイト Football Kingdom2 / ブログ検索 / 過去Blog
基本的には、当ブログのサブ的な位置付けです。(姉妹サイト)
・チャンピオンズリーグ、W杯のレギュレーション。
・W杯各大陸予選のレギュレーション。
・W杯ドイツ大会の結果を掲載中!! 【決勝トーナメントの結果】
にほんブログ村 サッカーブログへブログランキング・ブログ検索ポータルサイトのにほんブログ村。
人気ブログランキング、ブログ検索、トラックバックセンター、アンケート掲示板などが大人気(無料)
PING受信対応の人気ブログランキング/blog検索サイト。ブログ連動プロフィールや便利なアフィリエイトツールを提供中。芸能人ブログランキングが人気!


W杯関連 - 過去Blog

【本大会試合関連記事】
  ドイツW杯 総括
 ※ ドイツW杯期間中の過去Blogは、ここから全て読む事が出来ます。
コメント ( 6 ) | Trackback ( 4 )
« 中澤、代表引... トリニダード... »
 
コメント
 
 
 
こんばんは (川の果て)
2006-07-31 00:57:04
協賛していただき恐縮です。



私がジーコに期待していたのは細かい点なのかもしれませんがヒデと俊輔+小野伸二の共存だったような気がします。常識的な監督ならやらない布陣ですが、ジーコの非常識さとカリスマならあるいはやってくれるのではないかと思った次第です。

結局ヒデは磨耗していって、残る二人は殻を破れないままという印象でしたが、最初に立ち上げた巧い選手を並べてその融合を信じるという筋を通したのも確か。その点では評価としてはともかく、心情的にはまあよくやったんじゃないかなという気もしています。



オシムについては長くなりそうなので、近いうちにまた自分のところでアップしてTBいたします。
 
 
 
コメントのお返事 (コージ)
2006-07-31 23:16:53
川の果てさん



>こんばんは、ジーコに期待していた部分は、中盤の共存(構成)だったんですね・・・私は、やはり、「中田、中村の共存」ってことでしたね。



「オシムに求めること」、拝見させていただきましたので、こっちのコメントのお返事は、これでm(__)m
 
 
 
Unknown (でび)
2006-08-01 14:03:03
こんにちは。

ジーコの時以上に協会もマスコミも国民も舞い上がりすぎてますよね。オシムはジーコ同様に神様でも何でもないんだということをきちんと認識すべきだと思います。

過剰な期待をするから失望するんだと,そのオシム自身から指摘されたばかりなんですけどね。
 
 
 
コメントのお返事 (コージ)
2006-08-01 21:07:36
でびさん



>こんばんは、はじめまして。

マスコミに関しては、結局、大衆マスコミの情報は、必ず冷静に見聞きしないと駄目ですね。

情報の垂れ流しと、時に片寄った報道をするのでね・・・

この辺は、どこの国も同じかな(苦笑)
 
 
 
Unknown (キューウェル)
2006-08-02 00:01:13
オイラも同感ですね、ジーコなら・・・という感覚を持ちすぎていたような気がします。昨日某TVで散々代表の方向性、監督の経験の乏しさなどが指摘されてましたが、オイラはどの監督でもきっと同じ布陣だったような気がします。その点ではジーコに同情しますね。
 
 
 
コメントのお返事 (コージ)
2006-08-02 00:06:06
キューエルさん



>こんばんは、お久し振りです^^

実際、黄金世代だったわけで、そういう意味では、ジーコでなかったら・・・って気持ちは、私もありますし、ほとんどのサッカーファンが思っていたんじゃないでしょうか?

だって、アトランタ五輪の時は、誰も山本監督を批判しなかったですしね(五輪ですけどね・・・苦笑)

 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
オシムに求めること (川の果ての更に果てに)
オシム政権最初の試合も近づいてきましたが、何か一説には千葉とガンバと海外組みがいないので、9日と16日とで2つのチームを作らなければならないとかオシムがぼやいているという話があります。 まあ、そのあたりルーマニアあたりは親善試合では容赦なく二軍のチ ...
 
 
 
”オシムJAPAN”というものについて考えてみる (Football Innovation)
私はオシムが嫌いなわけでもオシムに全く期待しないわけでもないですが,そもそも私にはどうしてオシムなのか分かりません。 昨年のオールスターの時にオシムがいわゆる”七色のビブス”を使った練習をやり,中澤,小笠原等の当時の代表選手が全くついていけなか ...
 
 
 
ラニエリとモウリーニョの比較とスタイルの選り好み またはオシムに何を求めるかについての考察  (doroguba~football column~)
■ラニエリ時代のチェルシーを見て、モウリーニョのチェルシーとは違うと思ったんですが…実は以下の文章は昨日書いていたんですが、諸事情からUPできなかったんで、1日遅れで掲載させていただきます。2日の夜の「ChelseaTV」で放映されていた、2000年10月1日 ...
 
 
 
オシム監督に、こんなことを言わせてはいけない (余は如何にして道楽達人になりしか)
さて、いよいよ今晩、オシム監督就任後、初のサッカー日本代表のゲームとなる。 それ