★春の嵐

2021年04月18日 11時08分09秒 | 日記
2012年4月18日(日曜日)

 昨晩は、強風とあられ、雷と睡眠の妨げになるほど大荒れのお天気でした。
 一夜明けて、盛りのチューリップとパンジーは花びらはちぎれ、茎は折れ見るも無残なありさまです。

 こちらは、16日に撮影した画像です。

まさに、春爛漫といった感じですね。
 
 金沢エムザでは「金沢ミネラルマルシェ」のイベントが4月14日(水)~19日(月)まで開催されています。
 興味のある方はもう行かれましたか?地球が創った宝物展楽しそうですね!

 昨年の7月に取引先が知らない間に廃業していたショックな出来事をお知らせしました。
 多額の負債を抱えていたとかで、遺族が相続を放棄したとありました。
 その時点で売り上げの回収は不可能だと覚悟をし諦めておりましたが、先月相続財産管理人の司法書士の方から、債権申出催告書が届きました。
 正式な手順を踏んで、債券を放棄するという旨が3つの違った書き方で述べられており、最後に「本件に関するご意見がありましたらお知らせください」の4つの方法がありました。
 まあ結局返済できないのだから、本件はこれで終りね!ってゆう文書ですね。

 そうゆう文書を受け取った方の気持ちなんてどなたにも重要ではない。踏み倒された方はどう感じているかなんてどなたにも関係ないことです
 手順通りに処理して終わりです。
 被害をこうむった側は、回収できない売り上げ額よりも「裏切られた」の気持ちの方が大きく、気持ちは沈んだまま不信感だけがつのります。
 私のような、思いをされた方はこのご時世多いと思います。
 気持ちを切り替えるのに、昨年の7月は3か月くらいかかりました。今回は何カ月かかる?
 自分を守るためのおまじないも、対象となる人さえわからず効果がありません。
 なので、今の気持ちは花びらが破れ、茎が折れて風でもまれた感じです。

 さて、昨日の嵐がうそのように雨はあがりました。
 朝は無残な花壇は、今は?
 自然界の植物はたくましくて、太陽に当たると雨にしおれた首をもたげ、元気な姿に戻ろうとしています。
 見習いたいですね!
 
コメント

☆母の日によせて

2021年04月13日 14時51分39秒 | 作品紹介
2021年4月13日(水曜日)
 今日は最近には珍しく、強風が吹く荒れたお天気になっています。

 オリジナルのアクセサリーを作るには、素材となる天然石とそれを生かす金具等の組み合わせが大事となり、試行錯誤を繰り返し結局仕上がらずじまいのことがたびたびです。

 そんな中で、宝石質の石でスタッドピアスを作り、既製品のブローチと組み合わせるとグレードアップした、アクセサリーになり最近のお気に入りです。
 宝石質のファセットカットの5mmの天然石はその存在だけで十分魅力的で、ピアスとしてももちろんシンプルで上品なアクセサリーです。

こちらは、Silver925の枠にはめ込んでトップにしたものです
大きさが5mmあるので存在感がありながら、さり気なく首元を飾ります。

こちらは、プローチ金具がついていて、チェーンを通すとネックレスにもなります。

こちらは、キュービックジルコニアが輝くのフラワーモチーフのブローチです。
ブローチに付いた石は取り外しができますし、片方だけのピアスとしてもご利用いだだけます。
今年の母の日にはグレードの高い宝石の一粒で華やかなアクセサリーをプレゼントしてはいかがでしょうか?
コメント

☆飾り板

2021年04月06日 14時29分54秒 | 店舗情報
2021年4月6日(火曜日)時々

 「4月初旬はこんなに、穏やかで暖かかったかしら?」と思う・・・

 先日、当店のシンボルと思っていた石たちに災難が降りかかり、私の石に対する敬意が足りないのかと不安になりまして
飾り板の上に置いて只今ご機嫌取りの最中で、ガラスボードの中に収め「非売品」となりました。

 原石を仕入れると、現地から木製の台付で入ってくるものもあります。
 例えばブラジルのアメジストの高級品は、現地の10代の男の子たちが一つ一つ石に合わせて、木を削り丁寧に仕上げたものが日本に入ってきます。
 同じような台が作れないかと工具なども調べてみましたが、気が遠くなるような作業で上手に仕上げる自信もなく、市販の飾り板をニスで塗ることにしました。

 こんな感じです。
 これであなたたちのパワーを最大限に発揮していただけませんかね?まさにご機嫌とり!
 最初は10枚くらいで。と思ったのが、出来栄えに満足し追加で取り寄せ、休業日ごとに毎週ニスを塗る作業をすることになってしまいました。

 飾り板も石の形に合わせて取り寄せた中で、ウエルカムボードにぴったりなサイズがあり、ついでにリニューアルしました。

 仕上がりも大満足!グレードアップしてお出迎えです。

 
コメント

☆自分らしさを守るお守り 

2021年04月04日 11時02分13秒 | 作品紹介
2021年4月4日(日曜日)

 史上最速で満開の桜が今日の雨で散ってしまうのでは?

 今日は苦手な人や毒を吐く相手に対して自分らしさを守るおまじないのお話です。
 去年来店のお客様から、教えていただいた方法ですが、最近こちらのアイテムを必要とされる方が何人かいらしたので再度紹介いたします。

 ガラス素材の竹ビーズで八面体を作ります。中に入れるのは誰も傷つけることのできない、生まれたままの純粋な自身の魂です。
 
 まず、苦手な相手を黒くて重い塊でイメージします。
 どのくらいその相手が嫌か大きさと重さを頭の中で膨らせます。
 どんどん大きく重たくなって「もう耐えられません!」となったら、両手でその塊を宇宙の遠くに放り投げます。
 そのとき心の中で、「いままでお世話になりました。でも私にはあなたは必要ありません。どうか違う所で幸せになってください。さようなら!」と念じます。
 自分とは関係のない遠い世界へ、去ってもらう。
 職場が一緒、親族など現実には縁を切れない相手もいますが、意識の中でお別れをすると相手の言動が以前ほど気にならなくなります。

 そして宇宙から飛んでくる、キラキラ光る魂を大切に受け取ります。
 その綺麗な魂をそっと、八面体で守られた空間へ重ねます。
 なのでこのアイテムは、自身の純粋で綺麗で誰にも傷つけられない魂を表したものなのです。

 今回は、新しく人生を始める私の大切なお姫様たちへのプレゼントとして作りました。
 
 素材がガラスで、テグスで形を作るので、制作にも神経を使う繊細なモチーフです。
 

 
 
 
 
 
 
コメント

☆セレスタイト

2021年03月31日 09時34分09秒 | 店舗情報
2021年3尽き31日(水曜日)
 
 史上最速で、金沢の桜が満開です!
 お天気も良くて外出したくなりますが、黄砂と花粉で窓を開けるのがためらわれる状況です。
 
 今日は「天使の石」と呼ばれるセレスタイトを紹介します。
 見ているだけで、癒される優しい石です。

 この石は硬度が3~3.5でビーズとしてはまだ見かけたことはありません。
 似た色合いでエンジェライトという石はビーズ加工されています。この二つは親戚らしく、石の持つ効果も似ています。
 セレスタイトの産地はイタリア・シチリア島が最初ですが、現在はほとんど採掘されていないそうです。
 他の産地はマダガスカル・メキシコ・アメリカ・ナミビアなどですが、産地により形成された状況が異なり、ハート型などに加工された個体もありますが、今回入荷のものは原石そのままです。
 この優しいブルーのもとは硫酸ストロンチウムで、火をつけると鮮やかな赤色になるため、花火の材料としても使用されているそです。
 石の効果
  ・天使からのメッセージを受け取れる石 純粋で素直な心を取り戻す
  ・強い浄化力
  ・創造力や表現力を高め、頭脳明晰にする
  ・心に平安をもたらし、本質を見ぬく冷静な行動ができるようになる

«追記»
 どれが生花でしょう?
 
 一昨年から、順次株分けをして元気を取り戻し始めたシンビジュウムです。
コメント