Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2012年1月 鑑賞記録

2012-01-31 | 映画(その他)
リンクが貼ってあるものは記事あります。


1月2日(月・祝)
第2回午前十時の映画祭・青の50本『ヤング・ゼネレーション』
思いたって鑑賞しにいったら、これジャッキー・アールー・ヘイリーなんですね。
好きな俳優さんなんでとっても得した気分。

話としては70年代後半のインディアナを舞台に繰り広げられる、青年の葛藤と青春の日々ってところ。
ブルーカラーがインテリ層に抱くコンプレックスも上手く表現しています。
それとロードレース!
ここまで本格的に学生も競技するんですね。 これはアメリカならでは。 びっくりします。
予定調和ではありましたが、ジャッキーやデニス・クリストファー、デニス・クエイドの演技も素敵でした。

★★★★ 4/5点



『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』
TOHOシネマズフリーパスポート2本目。
昨年公開の邦画の中でも評価が高いですね。
開戦に至るまでの軋轢に悩まされた五十六氏。 「軍神」にはなったけど、詰め腹切らされたり死んでいった他の人たちのことを思うと無念だったに違いないと信じたい。
それにしても日本人は精神論と年功序列が好き過ぎます。 それが国の破滅を招くことが現在に至るまでわかってない。
正しき指導者は潰されていく国柄というのも情けないです。

★★★★ 4/5点



『リアル・スティール』
フリーパスポート3本目。
これは昨年ブロガーさんの間でも評判よかった作品。 ベストに入れた方も多かったし。
感想としては、これは「男の子映画」っぽいかな。 やはりロボットですしね。
超合金世代なんかはかなり好きになれそうなんじゃない?

親子の絆のあれこれ、そしてマックスくんの頭の良さ、優しさなど、
広い層に受け入れられそうな要素はいっぱいでした。

★★★☆ 3.5/5点



1月3日(火)
『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』
フリーパスポート4本目。
トムちんよりも、ジェレミー・レナーやサイモン・ペッグ、
そして何と言っても、レア・セドゥがいいなと思ってしまったのでした(笑)

内容は・・・。 まあ、面白いですけど、見たらやっぱり忘れますね。
これはアクション好きさん、あるいは男の子映画って感じがします。
シリーズ観ていないので何とも評価し難いけど、それでも楽しいことは楽しいので。
お正月映画!

★★★ 3/5点


1月6日(金)
『デビルズ・ダブル』試写


1月8日(日)
『ステキな金縛り』
フリーパスポート5本目。
想像したよりもずっとよかったです。 深津さん、草くんがよかった。

★★★ 3/5点


1月9日(月)
『フライトナイト-恐怖の夜-』
フリーパスポート6本目。
途中、75分くらいでハイウェイシーンで一瞬終わる所があった。 そこで終わっておけばよかったのに。
そこからマジシャンが出て来て話が元に戻ってややこしい(笑)
アントンくんは今回はちょっとヘタレ気味な役で、コリンはギャグっぽいヴァンパイア。
あと、あの女の子は超雰囲気ありました。

★★☆ 2.5/5点


1月10日(火)
『灼熱の魂』
フリーパスポート7本目。


1月14日(土)
『ロボジー』
フリーパスポート8本目。



1月15日(日)
『月光ノ仮面』
フリーパスポート9本目。
わかりやすい映画ばかりが溢れているなら、わかりにくい映画を作ろうかな、という感じで作られた映画のような雰囲気があります。
しかしながら答えが全て監督の頭の中だけというのではいけないようにも思います。
インプットとアウトプットはどんな形であれ、あってほしい。 一方的にインプットだけしても観る側は困るばかりなのです。
この感想を3人くらいに訊きましてようやくこなれましたが、それでも映画としての在り方自体に疑問を覚えずにはいられない作品でした。
それでもこの画質などは結構好みだったりします。

★☆ 1.5/5点



1月24日(火)
『今日と明日の間で』


1月25日(水)
『パーフェクト・センス』
この症例が「ある感情を使った後に、別の形で症状が出る」というものなので、負の感情を使いたい放題使っている人間への警告や見せしめというなら話は分かるんですけどね。 単にパンデミックものならちょっと?
でもこの映画で描きたかったことは感染そのものじゃなくて、あくまでその後の人間の在り方。 感染が収まっても別の症例が出たらたちまち秩序は崩壊する。 そんな虚しさがどんどん繰り返されていっても、互いを認識できる間は愛がわかるというのも、実際そんなことになってもありそうな気がします。
ユアンはいつものようにクールでしたけど、今回エヴァ・グリーンがなかなかよかった。 必要なのに脱がない女優が多い中、彼女自然体でしたね。

★★★ 3/5点


『ダーク・フェアリー』
どうしてこの映画が評判今一つ? という疑問を持ちながらの鑑賞でしたが、やはり・・・ と思わざるを得ません。
せっかくのキムの献身はどこへ? パパはそのままですか。 それはちと哀しいでしょう。
怪物の形があまり怖そうに見えなかった(あまりにもCGちっくなので)。 それならいっそのこと見せないという方法もあったのかもしれません。

★★☆ 2.5/5点


『BUNRAKU』
一昨年のTIFFコンペで遅れて発表になり、スケジュールの関係で見逃しましたけど、この度期間限定公開ということで慌てていく羽目に。 本当に単館上映はキツい(苦笑)
GACKTさんの和装が好きなんですよね。 剣士がよく似合います。
いわゆる「ガイジンによるニホン」的なセットなんかもとても多いんですが、それでもここまでミュージカル仕立て(というかバラエティに富んでるというか)にして来られるともう楽しんじゃうしかないじゃないですか。
何番目の殺し屋だかよくわかんないくらいサラリとしてるのはちょっと残念でしたが・・・ キャラが立っているのが1・2番目だけだとちょっとさみしい。

★★★ 3/5点



1月26日(木)
『アニマル・キングダム』
フリーパスポート10本目。
これオーストラリア映画なんですね。 ほぼオールキャストがオーストラリア人俳優です。
こんな家族本当にいるの? って思いたくなりますがいるんでしょうね。
この根源、ゴッドグランマみたいな気がするんですけど、彼女の出自が一切説明されていないところがね。 人間って悪くなると骨の髄まで悪くなれるんだという見本みたいな役でした。
生き様がそのまま顔に刻まれてるというか、悪の連鎖は直らない。 断固として断たないと・・・ということですが。

話自体は最後がよかったのでいいんですが、設定自体がもう胸糞悪い限り、こういう一族が比較的多い地域に住んでいるので、存在自体が申し訳ないけどネガティブです。

★★☆ 2.5/5点

 
『最高の人生をあなたと』試写



1月27日(金)
『きみはペット』
フリーパスポート11本目。
日本版は未見。
この原作自体が漫画ということもあるんでしょうけど、とても不思議な展開もありました。
ふつー、待ち合わせする時って携帯訊くでしょ??(笑)
漫画的な展開は嫌いじゃないけど、ここまで伸ばす必要はなかったですね。 もっと短くできたような。
私はキム・ハヌルが好きなんで彼女のファッションやスタイルなんかはとても楽しいのですが、お相手の彼のよさはあくまでグラビア的でしかなかったのがちょっと残念。 
彼はもっとシリアスな作品に出て見たらどんな風になるでしょう? それこそナ・ホンジン作品とかね。 あるいはブリティッシュ・ノワール風の悪役なんかも若いからきっと似合うと思います。
バリー・マニロウは好きなんで「マンディ」は嬉しかったです。

★☆ 1.5/5点
 


『マイウェイ 12,000キロの真実』
フリーパスポート12本目。
カン・ジェギュ監督ということでタッチは限りなく『ブラザーフッド』に似ている。
これって実話なのでしたっけ?
「彼らは大日本帝国、ソビエト連邦、ナチス・ドイツの軍服を着て、ノモンハン事件、独ソ戦、ノルマンディー上陸作戦を戦い、そして生き延びた」ってことですけどそれは奇跡に近い。
昨日の敵が今日は味方、そしてその逆もあり、ということで過酷な時代でした。
日朝間も最悪の状況で、両国の人が互いを解り合うことは不可能な時代、こういうエピソードがあってもいい。
ただしやっぱり出来過ぎているような気もするんですよね。
★★★ 3/5点


『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』
フリーパスポート13本目。



1月28日(土)
『しあわせのパン』
フリーパスポート14本目。 


『J・エドガー』
フリーパスポート15本目。
イーストウッド作品なのでできれば別記事にしたかったけど、時間もないのでここに。

FBI初代長官のジョン・エドガー・フーヴァーの伝記を映画化したもので、余程詳しくなければ大半の日本人にとってはあまりピンとこない題材ではないだろうか。
あるいは近代米国政治史に興味がないとかなり退屈に感じるかもしれません。
ただこの映画の本筋は、エドガーの辣腕というよりも彼の本質でしょう。 支えたものがあった、ということ。
ただしそれはハッキリと言及はされていません。 ハッキリ言うとまずいのか、監督はぼやかしながら観客に分からせるのは上手かもね。

メインキャストの老けメイクは悪くはないのですが、声が若すぎるのが合っていない。
しゃがれ声にして、背筋も曲げないと。 姿勢良すぎます。

★★★☆ 3.5/5点



『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』
フリーパスポート16本目。
笑える、面白い!という前評判でしたが、そんなに面白くないんですよね。
狙い過ぎ?
次の展開がわかってしまう感じがします。 笑いなさいという感じの笑いはちょっと苦手でした。
ロザムンド・パイクは好きな女優なんでよかったです。

★☆ 1.5/5点


『ジャックとジル』
フリーパスポート17本目。



1月29日(日)
『ALWAYS 三丁目の夕日 '64』
フリーパスポート18本目。 2D鑑賞。
一応全作品鑑賞してます。

実写の3Dほど見づらいものはないと思っているのでこれも当然2D鑑賞なんだけど、残念ながら見づらい画面でした。
理由はたぶんですが、3D処理の関連でどうしても残ったイメージ? が2Dにも反映されているからでしょう。 少しづつ画面がズレています。 それが大スクリーンで映るものだから目が痛い。 普通にできないもんでしょうか。

六ちゃんの結婚と淳之介の独立がテーマ。 大森さん、森山くん、堀北さんはよかったです。
あの頃の一般的な情景なんでしょうね。 親子の絆的なエピソードは個人的には好きなのですが、このシリーズはそれを彷彿とさせることが目的なので、それ以上のものは毎回感じられないんですよね。
今だって親子の絆はある訳ですし。
前作でおしまいということでしたが、またまた続編作る気が満々な終わり方のようです。

★★★ 3/5点


『ジャックとジル』
フリーパスポート19本目。(2回観てしまいました)
最後のフリーパスポート鑑賞になるので、何にしようと思ったんですが、28日から公開の「劇場版」邦画2本はやめました。
どうせ観るんなら面白い作品観たかったし、昨日寝落ちした所もあったのでチェックしたかったし。
再見して正解、これほんとお勧めです。 小ネタがいちいちいい。





感想書いてない作品は後日書けたら書きます。
この後、付けたしもあり。

計 23本(重複1本分はカウントせず)





Comments (6)   Trackbacks (6)   この記事についてブログを書く
« 『ジャックとジル』 (2011) /... | TOP | いろいろ作りました。 »
最近の画像もっと見る

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
年末年始映画。 (BC)
2012-01-30 22:07:15
rose_chocolatさん、こんばんは。

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』は
ポップコーンムービーには丁度良い感じですね。^^

『パーフェクト・センス』はユアン好きなので観たいけど
時間的タイミングが合わず観逃しそうです。。。

GACKTさんは最近、映画が続いていますね。

『きみペ』の彼は日本向けな韓流スター?なので甘い役しかやらないでしょうね。。。

『ALWAYS 三丁目の夕日 '64』は前作もレンタル観賞だったので
今作もそれでいいかなって感じかな。

私は『ルルドの泉で』が気になっているけど、
何気に期待半分不安半分でまだ観に行けてないです。。。
BC。さん (rose_chocolat)
2012-01-31 09:33:07
すごい数のまとめになっちゃいました(笑)

>『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』は
ポップコーンムービーには丁度良い感じですね。^^
そんなもんでしょうなあ・・・。 (^_^;)

>『パーフェクト・センス』はユアン好きなので観たいけど
時間的タイミングが合わず観逃しそうです。。。
これもあんまりいっぱい上映ないですからね。 私もようやく行きました。
ただテーマ的にはBC。さん好みかも?

>GACKTさんは最近、映画が続いていますね。
彼の演技って好きなんですよね。 古武士なんてよく似合うでしょ?

>『きみペ』の彼は日本向けな韓流スター?なので甘い役しかやらないでしょうね。。。
私、どうも彼が女性っぽいお顔立ちに見えて仕方ない時があるのよね。。。
日本人にウケるのかな? あんまり興味がないのでわかんないんだけど。

>『ALWAYS 三丁目の夕日 '64』は前作もレンタル観賞
まあそれでもいいかもしれません。 熱烈なファンの方は劇場なんでしょうけどね。

ルルド、私も行きたいのよね~。 
Unknown (saisyo-saisyo)
2012-02-06 09:29:29
三丁目の夕日'64しか見てませんが、コレも夫の希望で正直私は、「う~ん、DVDで十分だけどそれでも見ないかも」な感じでした。趣味の問題だから仕方ないのかな。ちょっと詰め込みすぎと言うのと、その割りにダラダラ長いとこ(茶川が淳之介に出て行けというシートか)もあって昭和モノ?が好きな方には受けるんだろうなと。(キツイこと言ってすみません)
上映中も実は予告のドラゴンタトゥーの女ばっかり気になってました。あー見たい!!
saisyo-saisyoさん (rose_chocolat)
2012-02-16 08:06:21
三丁目、私もこれはDVDでも十分だと思いますね(笑)
と言いつつも無料なんでホイホイ行ってしまいましたが・・・。
ここまで来たら作るなと言っても次回作あるでしょう(笑)
ここにあったのねー (latifa)
2012-06-16 11:14:25
roseさん、こんにちは♪
一応roseさんちで、感想アップされて無いかなぁ~って、探してみていたんですよ。
そうか・・・こういう風なまとめの処には、あったのね。

実話を基に・・とは書かれていますが、一体どこまでが本当で、どこがフィクションなのか、解らないですよね。
3つの国で戦った人がいたというのは本当らしいですが、さすがにラストはフィクションじゃないかな・・・。

一杯感想があったので、楽しく読ませて頂きました。
それにしても、roseさん、相変わらず凄く沢山映画を見ていらっしゃる!!

君はペット。キム・ハヌルさんが演じるっていうのはナイスキャスティングだなーって思ったのですが、☆が低いですねー。
相手の方は日本で凄く人気で騒がれているけれど、私は別に~なので・・・(^^ゞ
バリーマニローのマンディ、かかったのね? 興味ある~~。
latifaさん (rose_chocolat)
2012-06-16 13:12:59
いつもいつも観に来て下さってありがとうございます!
もう全部はとても書ききれなくてこういう風になっちゃってますねえ。
『マイウェイ・・』は記事にしようかなと思ってたんだけど、いろいろ戦争のこと調べないとな・・・って思っているうちにもう時間切れ(苦笑)
しょうがなーい (^-^)
どこまでが史実なんでしょうね。 もう線引きが難しいけど、最後はあれは絶対に違うよー

『きみペ』はね、うーん、さすがの私でもこれはだめ。
キム・ハヌルに免じたかったんですけどね。どうしてかは観ればわかります・・・
マンディは好きな曲なんですよ!

post a comment

Recent Entries | 映画(その他)

6 Trackbacks

『ALWAYS 三丁目の夕日’64(2D)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ALWAYS 三丁目の夕日’64」□監督・脚本・VFX 山崎貴 □脚本 古沢良太□原作 西岸良平 □キャスト 吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、       薬師丸ひろ子、須賀健太、小清水一揮、...
『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」□監督 オリヴァー・パーカー □脚本 ハーミッシュ・マッコール□キャスト ローワン・アトキンソン、ジリアン・アンダーソン、ドミニク・ウェスト、ロザムンド・パイク ■鑑賞日 1月27日...
『J・エドガー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「J・エドガー」□監督 クリント・イーストウッド □脚本 ダスティン・ランス・ブラック □キャスト レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、       ジョシュ・ルーカス、ジュディ・デンチ、デイモン・ヘ...
『マイウェイ 12,000キロの真実』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「マイウェイ 12,000キロの真実」□監督 カン・ジェギュ□キャスト オダギリジョー、チャン・ドンゴン、ファン・ビンビン鑑賞日 1月14日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)...
永遠の僕たち (食はすべての源なり。)
永遠の僕たち ★★★★☆(★4つ) 余命三ヶ月と、臨死体験をした期限付きラブストーリー。 死を死として描き、美化されずよかったと思います。 加瀬さんの英語発音がきれい!と思ったら、帰国子女だったんですね。...
「マイウェイ」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
うーーん・・・。すいません、1つ★半・・・くらいかな・・・