Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『フランシス・ハ』 (2012) / アメリカ

2014-10-02 | 洋画(は行)


原題: Frances Ha
監督: ノア・バームバック
出演: グレタ・ガーウィグ 、ミッキー・サムナー 、アダム・ドライバー 、マイケル・ゼゲン 、パトリック・ヒューシンガー
鑑賞劇場: ユーロスペース

公式サイトはこちら。


モダンダンサーを目指し、ニューヨーク、ブルックリンで親友ソフィとルームシェアをしながら楽しい日々を送っていた27歳のフランシス。しかし恋人に振られ、ソフィとの同居生活も解消になってしまったことから、居場所を求めて町を転々とするはめになる。周りの友人たちは次々と身を固めていき、焦りも感じたフランシスは、自分の人生を見つめ直していく。(映画.comより)


兼ねてから話題で、観た人の評判も結構よく、気になってた作品。ようやく行ってきました。


世の中には、生きるにつれて人間関係をそつなくこなし、容姿にも恵まれ、自分の夢に着実に近づいていく人がいるんだなあ・・・ というのは、大抵の人が感じることだと思う。あの人は才能がある、イケメン(美女)、スタイルがいい、センスがいい、それに引き替え自分はやることなすことなんか損してる、遅れを取っているような気がするというコンプレックスを持ったことはないだろうか。確かに人を羨んだらキリがないけど、それにしても自分はツイていなさすぎるんじゃないかと。

フランシスは、本人に悪気はないにしても、必ず一つ余計な言葉が入ってしまう。そのため、非常に正直なんだけど何か変な人(=weird)に見られてしまう。ダンサーとしてもスキルが中途半端なので、自分の夢からは遠ざかりがち。そしてひねくれの気持ちが入るからだろうか、ますます言動が風変りになったり、酒癖が悪くなったりでチャンスを逃すという悪循環に入る。僻みっぽくなったフランシスにとって、それまでうまくいってた親友や同僚も、みんな自分から遠ざかっていくような気がして仕方がない。

人間って、そんなに素直に人を認められるもんじゃないし、自分のことである程度の諦めであったり負けを認めることもできない動物。すごくすごく弱い部分がある。弱いときは何をしてもうまくいかないし、最初はいい感じと思っていた相手も、自分がボロを出すことによって醒めていってしまう。それでも人は弱いから、誰かが自分の味方であることを望んでしまう。

女同士の関係というのもこの映画のポイントで、どうしたっていわゆる「マウンティング」からは女子は逃れられないんだろうな・・・ とつくづく思う。

自分のほうが上とアピールする「マウンティング女子」とは? NAVERまとめ

どうして女という生き物は、相手よりも自分の方が優れているとわざわざ言わずにはいられないのだろうかと、この私も結構いろんな場面で感じながら生きてきたけどね(苦笑) 自分ではそんなつもりはないのかもしれないのに、気が付くと相手を不審に思わせるワードを吐いているという・・・ コンプレックスというものは大変怖い性格に自分を変えてしまう。

誰もが自分よりもラッキーなんじゃないか、不幸なのは私だけ、グッドタイミングなんて来やしない。そう思い込んでいる時間の何ともったいないこと。もしも自分が、少しだけ見る夢の焦点をずらすことができるならば、思わぬところから人生が開けてくるかもしれないのに。スポットライトが当たらなければ、光に向ける角度を少しだけ、変えてみたらどうだろうか。とかくこの世は生き辛い、私にだけ不幸がやってくるともし思う人がいるならば、チャレンジしてみてほしい。そしてもしかしたら、あなたが思っているよりも、恵まれているように見える他人は案外そうじゃないことに気付ける。

フランシスは少しだけ個性があるだけで、もしもその個性を大きなチャンスに変えることができるとするならば、こんなに素敵なことはないだろう。タイトルの『フランシス・ハ』は、いつも気張って上だけを見るふりをするんじゃなくて、不器用な自分でも必ずチャンスの芽がどこかにあるよ、そう教えてくれる気がした。そしてもしも観る人がフランシスと同じように、どこか生きることに疲れていたならば、このタイトルの意味を知った時に肩の荷が下りる気がするんじゃないか、そんなやさしい元気をくれたような気がする。


★★★★☆ 4.5/5点






Comments (12)   Trackbacks (9)   この記事についてブログを書く
« 2014年9月 観賞記録 | TOP | 『アンダー・ザ・スキン 種の... »
最新の画像もっと見る

12 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ノラネコ)
2014-10-03 22:00:02
私この映画、タイトルだけ聞いたときに韓国映画だと思ったんです。
フランシスって洗礼名を持つハさんの話かあとw
いや全く予想外の素晴らしい作品でした。
フランシスに感情移入する男性もかなりいると思いますよ。
ノラネコさん (rose_chocolat)
2014-10-04 06:01:02
>タイトルだけ聞いたときに韓国映画だと思ったんです。
>フランシスって洗礼名を持つハさんの話かあとw
↑ ちょww~~~ ウケました~
そういや『ハハハ』って韓国映画あったねえ。
いやでもさすがの私でもこれは韓国映画とは思わんかったですw

で、ほんと素晴らしかったー。
最近こんなにボロ泣きした映画なかったです。
こんにちは ()
2014-10-08 13:01:40
この映画、roseさん好きだろうなと思いながら見てました。

男でも、じじいでも、フランシスの気持ちはわかります。フランシスみたいな気持ちを大事に抱えたまま成熟していくのが本当の大人じゃないかと思います。
雄さん (rose_chocolat)
2014-10-15 10:39:38
はい、好きです。あんまり期待はしてなかっただけに余計好きですね(笑)

>フランシスみたいな気持ちを大事に抱えたまま成熟していくのが本当の大人
でしょうね。夢ばかりでも進めない。
そこのところで折り合いつけていくというか。
自立 (とらねこ)
2014-10-29 13:41:00
シェアハウスでずっとダラダラしていた彼女が、ほんのちょっぴり成長するだけの話。
でも、こんなにラブリーで素晴らしく心を打つ作品だなんてね。
フランシスは、個性的で陽気でおしゃべりだけど、マウンティングをする人ではないのよね。
こんな人だったら友達になりたいなー。
とらねこさん (rose_chocolat)
2014-10-31 10:22:45
>こんな人だったら友達になりたいなー
応援してあげたくなりますよね。
一生懸命頑張ってる人。
頑張ってるけどいつか報われて欲しいって思えます。
今年も (sakurai)
2015-01-06 21:10:10
どうぞ、よろしくお願いいたします。
暖かいお言葉、ありがとうございました。
ほんとにあまりにショックな出来事で、しばらく立ち直れませんでした。
こんなことがあるんだ・と。
まじ、「嘆きのピエタ」、、、まんまでした。
あの映画はもう見れない、てか、二度はみたくない映画ですが。

そんな中、この作品はあとでからじわじわきますね。
改めて思い返すと、じんわりいい映画だったなあ~と感じてます。
これ、三本連続してみたんで、するっと行ってしまったかな。

今年は、春から忙しくなる予定なんで、平日見れなくなりそうで、土日にまとめてみると、こんな印象になっちゃいそうです。
そんな中でもきっちりと、だいぶゆるくなってきた脳に刻みたいと思います。
マウンティング (まっつぁんこ)
2015-04-21 12:25:52
マウンティングは女子だけでなくおっさんもそんなことばっかりやってる。お偉方は万遍なく(笑)
「ボロ泣きした」
ここのところボロ泣き映画がなくてさみしい(独り言)
まっつぁん (rose_chocolat)
2015-04-22 09:00:44
おっさんのマウンティングは見てらんないねえ。
この映画は男の人はピンと来ないかも?
なるほど~ (ituka)
2016-01-02 15:47:22
今後、ガールズトークにも興味が沸きそうで
マウンティングというフレーズを意識して観てみたいと思います。

今までマウンティング女子とは馬乗りになってケンカしたがる気性の荒い人だと思ってました(爆)

post a comment

Recent Entries | 洋画(は行)

9 Trackbacks

ショートレビュー「フランシス・ハ・・・・・評価額1700円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ハハハハハハ! 何よりもこの人を食った様な珍妙なタイトルが目を惹く。 試写状が届いた時に、「フランシス・ハ」??これどこの映画?「ハ」ってなに??と幾つもの?マークが頭の中をぐるぐる(笑 配給の人に「ハ」の意味を聞いても、「それは映画を観てのお楽しみ...
『フランシス・ハ』 モノクロームのNY (Days of Books, Films )
Frances Ha(viewing film) モダン・ダンサー目指して修業中
『フランシス・ハ (Frances Ha)』ノア・バームバック監督、グレタ・ガーウィグ主演 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『フランシス・ハ』 Frances Ha監督・脚本 : ノア・バームバック主演・脚本 : グレタ・ガーウィグ物語・バレエカンパニーの研究生で27歳のフランシス(グレタ・ガ
フランシス・ハ ★★★ (パピとママ映画のblog)
『イカとクジラ』などで知られるノア・バームバックが監督を務め、自身のホームグラウンドであるニューヨークを舞台にモノクロの映像で描く一風変わった人間ドラマ。不器用な主人公が、彼女を取り巻く個性的な友人たちを巻き込みながら自分探しをする日々を生き生きと映し...
フランシス・ハ (迷宮映画館)
それで30前って、情けなくないか、ちょっと。
ハ の意味は? (笑う社会人の生活)
13日のことですが、映画「フランシス・ハ」を鑑賞しました。 ブルックリンで親友ソフィーとルームシェアをする27歳の見習いモダンダンサー、フランシス。 ダンサーとして芽が出ず 彼氏とも別れ ソフィーとの同居も解消となり、自分の居場所を探してニューヨーク中を転々....
アバウト・タイム ~愛おしい時間について~/フランシス・ハ (あーうぃ だにぇっと)
ギンレイホールの2本立て
フランシス・ハ (いやいやえん)
【概略】 モダンダンサーを目指し、親友・ソフィとルームシェアをしていたフランシス。しかし恋人に振られ、ソフィとの同居生活も解消になり…。 ドラマ 人を羨んだらキリがないけど、ふと、他人と比べて自分は…と、ひがみ根性をもったことはないだろうか。 不...
フランシス・ハ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(08) ずっと気になっていた不思議な邦題の意味がこれでスッキリ(笑)