Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『トランセンデンス』 (2014) / アメリカ

2014-06-18 | 洋画(た行)


原題: Transcendence
監督: ウォーリー・フィスター
出演: ジョニー・デップ 、モーガン・フリーマン 、レベッカ・ホール 、ポール・ベタニー 、キリアン・マーフィ 、ケイト・マーラ
試写会場: よみうりホール

公式サイトはこちら。(2014年6月28日公開)


ジョニー・デップが主演、クリストファー・ノーランが製作総指揮を務め、「ダークナイト」「インセプション」などノーラン作品の撮影監督を務めてきたウォーリー・フィスターが長編初メガホンをとったSF大作。人類の未来のため、意識をもったスーパーコンピューターを研究開発している科学者ウィルは、反テクノロジーを掲げる過激派組織の凶弾に倒れるが、妻のエヴリンによってウィルの脳はスーパーコンピューターにアップロードされる。消滅するはずだったウィルの意識はコンピューターの中で生き続け、やがてネットワークの力によって地球上のあらゆる知識を手に入れ、予想もしない進化を始める。(映画.comより)


お誘いいただいて試写に行ってきました。 ありがとうございまーす。
ノーランではなくて、撮影監督さんの作品なんですね。ノーラン氏は製作総指揮だそうです。


ネタばれのため読みたくない人はここでお帰り下さい。








正直ジョニーさんの作品って今まであまりピンと来たものがなかったんですね。昔の作品はあまり観てないんだけど、今まで観ているのは『ショコラ』『チャーリーとチョコレート工場』『』『パブリック・エネミーズ』『Dr.パルナサスの鏡』『ツーリスト』『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』『ダーク・シャドウ』、このくらいです。この中で好きなのは『ショコラ』『チャリチョコ』『ダーク・シャドウ』あたりですかね。最近だと『マンガで世界を変えようとした男 ラルフ・ステッドマン』にジョニーさんが出てて、とっても自然体でいい感じだったんですよね。こういうインディペンデントものにも出演されてるんだから、メインに選ぶのがあまりハリウッド大作ばかりじゃない方がいいんじゃないかとも思うんですけどね。

優秀な人工知能を開発したらしたでご苦労がある話。いつの世も才能のある科学者は狙われてしまいますね。
これ、よーく聞いてると実は一番最初にオチをバッチリ言ってます。顛末言っちゃってる。だからこれから観る方は最初のナレーションは耳塞いでもいいかも。聞いてて覚えてるとラスト近くになって筋が読めちゃうんですよ。これは工夫してほしかったですね。

ストーリーとしては、ウィルは人類のためになることをしていて、そのために知能として生き残ることを選択したにも関わらず、近しい人たちが何だかえらい簡単にウィルを裏切っちゃってる! これって切ないことこの上ないですねー。 「アナタだけは味方だと思ってたのに!」「仲間だと信じてたのに!」と、いろいろと指摘したくなるようなあっけない裏切りなんですよね。あーあというか、安易だなあというか。信念持って開発に関わってたのにそこで裏切っちゃいかんでしょう。ウィルはいい事してるのに悪人みたいで話が逆転してて、あれ?みたいな(苦笑)そのあたりの話の展開は、何重にもエピソードを丁寧に重ねた『インセプション』の数十分の一以下の練られてなさなんですよね。とてもノーランが関わったとは思えないよ。

失意のうちに最愛の妻と共に一から新しく作り上げる理想郷は洗練されてて、ここから人類への逆襲が始まるのか・・・?って期待したんですが、ウィルがもう全能の神のような立場でいろいろと細胞組織や生命の再生までやってしまうとなると、もう神懸って警戒されても無理はないかなとも思ってしまう。人間の頭脳をDLする(!)とか、そこからいろいろ奇跡めいたことが起こるとかはSFらしさである程度はしょうがないかもしれないんだけど、善のために生き残りを選択したウィルが最後はどっちが悪いの?みたいな扱いになってしまっていて。

あとは途中から、「再生できるパターン」「できないパターン」がごっちゃ混ぜになってくる。ここはさすがにどっちがどっちでもよくなるくらいわかりづらいんですね。展開が速すぎるっていうのもあるけど、エヴリンとウィルのラストもなんだかなあ・・・。結局妻を愛しているから、に尽きるのか?そうだとしたら映像はCG駆使して豪華だし、これだけ製作資金たっぷりかけたのが何だかもったいないような気が。

とまあいろいろと疑問は噴出だったんですが、単純に楽しめればそれでもいいんだろうし、お好きな方はお好きなんじゃないでしょうか。


★★ 2/5点






Comments (10)   Trackbacks (27)   この記事についてブログを書く
« 『薔薇色のブー子』 (2014) /... | TOP | XI'AN 有楽町店 »
最近の画像もっと見る

10 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB&コメありがとうございます! (maru♪)
2014-06-22 01:22:39
おもしろくなる要素はあると思うのですが、イマヒトツでしたね。
この脚本ハリウッド業界人の間で評価が高かったそうなのですが、
個人的にそうは思えなかったです(笑)

キャストを全く生かし切れていないのも気になりました。

オチがチープな感じになってしまったのも残念でしたね・・・
ウィル可哀想・・・ (ノルウェーまだ~む)
2014-06-22 14:56:04
roseさん☆
ほんと、どっちがいいのか悪いのか、あっさり裏切るかんじは何とも・・・
ただ、人類の発展のために科学者が発見したものが、のちに平和と掛け離れたところで使われることは今でも沢山あることなので、そういう話なのだと思うと納得でもあります。
maru♪ちゃん (rose_chocolat)
2014-06-23 07:26:09
>キャストを全く生かし切れていない
結構豪華なはずなのに、そんなにちょこちょこな使い方でいいのか? って(苦笑)
もっと話の根幹に関わって欲しかったですね。

>オチがチープな感じ
お金かけてるはずなのになあ・・・ と思うよね。
ノルウェーまだ~むさん (rose_chocolat)
2014-06-23 07:27:28
裏切りがあっさり過ぎですよねえ。あれじゃ、何のために支えてきたのかわかんない。

>人類の発展のために科学者が発見したものが、のちに平和と掛け離れたところで使われる
あ、確かに。なかなか鋭い指摘ですね。これもその通りでした。
Unknown (mig)
2014-06-23 12:37:47
なんだかねー
ジョニーファンには満足みたいだけど、、、、

これ脚本とキャストの使い方いまいちすぎでした。
宣伝でノーランの名前に頼ろうとしてるのもよくない。
撮影監督だし。
ジョニーはシザーハンズとチャリチョコ、ドクターパルナサスと人肉のあれ、くらいかな~
本作、キリアン扱いも悪いし。。。
migちゃん (rose_chocolat)
2014-06-25 01:01:14
ファンは基本出てればいいからねえ・・・ w

>脚本とキャストの使い方いまいちすぎ
はい。その通り。
綺麗綺麗な映像なのになんだかなあ。最後眠かった。
脱線?? (☆オレンジピール☆)
2014-06-26 21:21:16
ノーラン制作+キャスト豪華で楽しみでしたが
なかなか・・評判が辛口で・・『渇き。』にシフトしそうな予感(^^:

鑑賞後にネタバレのコメントは改めて
読みにお邪魔させていただきますね(゜∇^*)

ジョニーは『ギルバート・グレイプ』『ショコラ』←ラッセ・ハルストレム監督
と『シザー・ハンズ』『チャリ・チョコ』が好きです。
☆オレンジピール☆さん (rose_chocolat)
2014-06-27 12:27:09
それが、『渇き。』も
あんまりいいこと聞かないんですよねえ・・・。

ジョニーさんの過去作では、チャリチョコがおしなべて評判いいですよね。
絶望 (まっつぁんこ)
2014-07-01 21:27:15
最後ウィルは絶望して死を選んだ。
一所懸命エヴリンの愛を得ようと頑張ったのに通じなかった。それほど愛は深かったというラブストーリーと理解しました。だから最初からねたばれしてもかまわなかったのです。なんちゃって(笑)
まっつぁん (rose_chocolat)
2014-07-01 22:36:16
ん~
でも、やっぱり脚本がグダグダすぎですよこれ。

post a comment

Recent Entries | 洋画(た行)

Similar Entries

27 Trackbacks

トランセンデンス/TRANSCENDENCE (我想一個人映画美的女人blog)
クリストファー・ノーランは本作で監督ではなく制作のみ。 名前が大きく出てる割に、主演ジョニー・デップだけど出番は ポール・ベタニーの方が多め 監督は「インセプション」でアカデミー賞撮影賞を受賞したウォーリー・フィスター。 試写にて。 やっぱり...
『トランセンデンス』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'14.06.14 『トランセンデンス』(試写会)@ユナイテッドシネマ豊洲 過去形になりつつあるけどジョニー・デップのファンなのと、クリストファー・ノーラン製作っていうことで気になってた作品! 試写会応募しまくったけどハズレ お友達のおこぼれに与って行ってきた ネタ...
「トランセンデンス」☆超えそうで超えない (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
スクリーンのジョニデは手を伸ばせば触れられそうで居て触れられない。 しかしモニターの中の夫と心を通わせて、ついには同化してしまう妻エヴリンは、そのとき超越(トランセンデンス)して、常に彼のそばで彼を感じていた。
トランセンデンス (試写会) (風に吹かれて)
究極の夫婦愛 公式サイト http://transcendence.jp6月28日公開 製作総指揮: クリストファー・ノーラン 人工知能の研究の第一人者のウィル・キャスター博士(ジョニー・デップ)は、
トランセンデンス/her/世界でひとつの彼女 (あーうぃ だにぇっと)
6月28日公開の電脳映画2本@よみうりホール
劇場鑑賞「トランセンデンス」 (日々“是”精進! ver.F)
彼女の願い… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406270000/ ★枚数限定ポスター★【頭Ver】[映画ポスター] トランセンデンス (TRANSCENDENCE) [Head ADV-DS]価格:6,800円(税込、送料別) 【楽天ブックスならい...
トランセンデンス (心のままに映画の風景)
人工知能PINN研究の第一人者ウィル・キャスター(ジョニー・デップ)は、反テクノロジーを標榜する過激派集団の銃弾により、余命わずかとなってしまうが、その意識をスーパーコンピュータにアップロードすることを決断。 妻エヴリン(レベッカ・ホール)と親友の科学...
トランセンデンス ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
『ダークナイト』シリーズなどのクリストファー・ノーラン監督が製作総指揮を務めるSFサスペンス。亡き科学者の意識がアップロードされた人工知能が進化を果たし、人類や世界を混乱に陥れていく。メガホンを取るのは、『インセプション』『マネーボール』などの撮影を手掛...
トランセンデンス / Transcendence (勝手に映画評)
人の意識をコンピュータにアップロード。コンピュータは意思を持ち、独自に進化を始める。SFと言うか、スリラーと言うか、サスペンスと言うか・・・。そう言う内容です。 人の神経伝達系の信号は、電気信号だと言われているので、その電気信号を解析できれば、もしかした...
トランセンデンス (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(11) 科学専門分野からの評価は高いが映画としてどうかと。。。
トランセンデンス (だらだら無気力ブログ!)
う~ん、つまんなくはないんだけど面白くもない。
映画「トランセンデンス」@ニッショーホール (新・辛口映画館)
 日テレさん主催の試写会だ。ジョニー・デップ主演作と言う事か、客席はほぼ満席である。
映画『トランセンデンス』観たよ (よくばりアンテナ)
ジョニー・デップ主演ですからね~ 見逃すわけにはいかないです。 人工知能PINNの開発研究に没頭するも、反テクノロジーを叫ぶ過激派グループRIFTに銃撃されて命を落としてしまった科学者ウィル(ジョニー・デップ)。だが、妻エヴリン(レベッカ・ホール)の手に...
トランセンデンス (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【TRANSCENDENCE】 2014/06/28公開 アメリカ 119分監督:ウォーリー・フィスター出演:ジョニー・デップ、モーガン・フリーマン、ポール・ベタニー 、レベッカ・ホール、キリアン・マーフィ、ケイト・マーラ、コール・ハウザー もし、コンピュータに科学者の頭脳をインス...
映画『トランセンデンス』 (健康への長い道)
 28日から公開、ジョニデ主演の近未来SF『トランセンデンス』を、今日は高齢者の方(『春を背負って』狙い?)が目立つ新宿ピカデリーで。  “トランセンデンス(超越)”とはAI(人工知能)が人間の知能・知性を超える瞬間のことで、一般的には“シンギュラリティ(特...
映画「トランセンデンス」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
魂をデータ化する事は出来るのか? ひまわりは”聖域”にひっそりと咲き、命の雫を滴らせる 消え去った”超越”したものが残した命 マシンを憎む連中がマシンを活用してテロを行う矛盾。殺人を肯定してしまったら、人類のどーのと言った所で説得力はまるでなし...
トランセンデンス  監督/ウォーリー・フィスター (西京極 紫の館)
【出演】  ジョニー・デップ  レベッカ・ホール  ポール・ベタニー  モーガン・フリーマン  【ストーリー】 人工知能PINNの開発研究に没頭するも、反テクノロジーを叫ぶ過激派グループRIFTに銃撃されて命を落としてしまった科学者ウィル。だが、妻エヴリンの手によ....
トランセンデンス (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
人間の脳の全情報を人工知能に移植したらどうなるかを描いたSF作品だ。スーパーコンピューターではなくて、ネットに接続したパソコンに人間の脳の情報を移した人工知能という点が現実性を持っている。最終的にはラブストーリーみたいな終わり方だった。
トランセンデンス (とりあえず、コメントです)
人工知能が進化した近未来の世界を描いたジョニー・デップ主演のSFです。 予告編を観て、人工知能の目指す先には何があるのだろうと気になっていました。 観終った時、心に何が残ったのだろうと思い返したくなるような物語が綴られていました。
「トランセンデンス」 あまりに「神」過ぎる (はらやんの映画徒然草)
人工知能を研究する天才科学者ウィルは、進化し過ぎる科学に危機を感じるテロリスト集
トランセンデンス (映画的・絵画的・音楽的)
 『トランセンデンス』をTOHOシネマズ六本木で見ました。 (1)余り好まないSF物ながら、ジョニー・デップの主演作というので映画館に行ってみました。  本作(注1)のタイトルクレジットの後(注2)、舞台はカリフォルニア州バークレーとされます。  全体に酷く荒廃し...
映画『トランセンデンス』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-58.トランセンデンス■原題:Transcendence■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:119分■料金:1,800円■鑑賞日:7月6日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督:ウォーリー・フィスター◆ジョニー・デップ◆モーガン・フリーマン◆レベッカ・ホール...
トランセンデンス (いやいやえん)
【概略】 死の間際、コンピュータに意識をインストールされたウィルは、あらゆる情報を手に入れ究極の進化を遂げる。 SF インストールされた頭脳。それは世界に拡散し、全人類の脅威となった。「彼」は私が愛した夫だった―。 ジョニデ?ノンノンノン、私の目...
映画「トランセンデンス」レビュー(ジョニー・デップ電脳化計画、いわゆる攻殻機動隊ですね) (翼のインサイト競馬予想)
映画「トランセンデンス」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタバレは無しです。)YouTube 映画『トランセンデンス』予告編動画 ...
【映画】トランセンデンス…は少し期待外れだったという記事と新年のご挨拶 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
あけましておめでとうございます。 本年も… …あんまり更新しないとは思いますが… …頂いたコメントも放置してしまいますが… …気まぐれにTB送ったり、送らなかったりですが… 何卒、宜しくお願い申し上げます 2015年です 「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」で、198...
トランセンデンス (銀幕大帝α)
TRANSCENDENCE 2014年 アメリカ 119分 SF 劇場公開(2014/06/28) 監督: ウォーリー・フィスター 製作総指揮: クリストファー・ノーラン 出演: ジョニー・デップ:ウィル・キャスター モーガン・フリーマン:ジョセフ・タガー ポール・ベタニー:マックス....
意識はコンピューターの中 (笑う社会人の生活)
6日のことですが、映画館「トランセンデンス」を鑑賞しました。 人工知能の開発しているウィルは、反テクノロジーを掲げる過激派組織の凶弾に倒れるが妻エヴリンによりウィルの脳は人口知能にアップロードされる。 ウィルの意識は人口知能の中で生き続け 地球上のあらゆ....