Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on  少女たちは傷つきながら、夢を見る』 (2011) / 日本

2012-01-27 | 邦画(た行・な行)


監督: 高橋栄樹
出演: AKB48

映画『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on  少女たちは傷つきながら、夢を見る』公式サイトはこちら。


フリーパスポート13本目。
去年もAKB映画の第1弾は鑑賞しているので(楽天からインポートしたはずなのに何故かgooに記事が来てなかったorz・・・)、今年も迷わず観に行きました。
彼女たち、特にすごいファンという訳じゃないけど、観てて飽きないんだよね。 去年1年間でだいぶ勉強しまして(笑)、結構分かるようになってきました。



2011年という1年間のAKB48を追うことが本来の目的ではあるんだけど、去年の第1弾とは大きく違っていたこと、それはまさしく東日本大震災の発生だった。 この国難はもちろん彼女たちにも降りかかる。 12期生岩田華怜はメンバーで唯一の被災者として当日を語る。 普段スポットライトの下の彼女たちしか知らない我々にとって、その言葉は重く響く。
そして「誰かのために」プロジェクトの一環としてメンバーが被災地を訪れる活動が全て収録されている。

「誰かのために」プロジェクト AKB48公式

「歌でこんなに喜んでもらえるなんて」というトークがあった。 確かに昔からそれはあることだけど、こうしてプロジェクトとして発足して組織的に活動する体制はなかなかできないだけに(正直資金面で余裕がなければできない話。)、今勢いがある彼女たちらしい企画。 
マーケットが大きいからこそ、よく知らない人からしてみたら、それも商売なのでは? という考え方をされがちのようにも思う。 しかしながらスクリーンに映った彼女たちの表情には、被災地を前にして大きな衝撃を受けている様子が見て取れるし、その衝撃を振り切って被災者の方々の前に立ち、精一杯のステージを届けたい気持ちはひしひしと伝わる。 そして彼女たちの訪問を喜ぶ方たちの表情もそこには確かにあった。
そして彼女たちの言葉も本気で本音(と思いたい)。 

みぃちゃんのインタビューが心に残ったなあ。 自分の所に花を持ってきてくれた女の子と、もっと目線を近くすればよかったって・・・。  目の前の人に喜んでもらいたい、それだけで精一杯なのにそこまで思えるって心が温まる。
他のメンバーだってきっと1人1人それぞれ言葉では言い表せないくらいの想いを抱えて活動しているわけでしょう。 できればもっと聴きたかったけど。 それでもこうした活動は彼女たちの人間の幅を広げるに違いありません。





去年の第1弾もそうですが今回はもっともっとたかみなの存在がクローズアップされてました。
如何に彼女がAKBを想いながら行動しているかということです。
ますます巨大化するAKB。 派生グループまではたぶん彼女は面倒は見れないと思うんだけど、でも彼女の代わりもたぶんまだ現れてはいない。
AKBが好きで、屋台骨背負ってやってきたけど、最早手の届かない所にあるのかもしれない。 けどたかみなは全体に何かあるとちゃんと責任感じてる訳ですね。 押しつぶされそうになりながら。 強いなあ。


そして西武ドームの舞台裏も本作は余すところなく容赦なく映し出している訳なんだけど、きっとお客さんは彼女たちの舞台しか見えてない訳で、その裏であんなになるまで燃焼しているっていうのも正直凄過ぎると思う。 
だってもう身体的にはいつでもぶっ倒れるくらいなのに、それでも自分がいないといけないと舞台に出たら満面の笑みでしょう。
それは全メンバーの役割ではないにしても、舞台に上がらないと許されないのがAKBのセンターな訳ですね。
もういいよってお客さんは言うと思うけど、でもそこを見せたくない意地もあるのかな。


この1年間、いろいろメディアで彼女たちを見る機会も多く、話題なので意識して見ることも多かったです。
やっぱり総決算とも言える総選挙の映像は悲喜こもごも、これが彼女たちの1年を決めると思うと見ている方もいろいろ感じますね。
順位が上がった、メディア選抜に選ばれて嬉しい、それは当然なんだけど、同時にセンターや上位メンバーはそれ相応の責任も引き受けている。 他のメンバーでは代わりが利かない立場になるということです。
「本当は誰も総選挙なんてやりたくないと思います」とあっちゃんは言ってたけど、この言葉も重たい。 メンバー間でも言葉に言い表せないくらいの葛藤を抱え、タイトル通り「傷つきながら」活動しているのだから。
自分が露出が多くなったり、クローズアップされるということは、それと同等に心から血を流さないといけないくらいの傷を負うことなのかもしれません。
それでもAKBでいたい、もっと上に行きたいという少女たち。
しばらくして振り返った時に、彼女たちはその頃の自分をどのように迎えるのか。 傷は癒えることはあるのだろうか。 活動することで癒されるのだろうか。 


奇しくも本作公開翌日に発表された、古参メンバー2名の脱退も突然のことで、でもこれがAKBのルールと言われれば仕方がない訳で。
実際、全員がいつまでもAKBでいる訳にはいかないでしょうし、いつかどこかで区切りをつけて、その先の人生に歩きださなければいけない日が来る。 たまたま彼女たちはそれが早かっただけ。
このケースもそうだけど、正直自分の子と同年代なだけに、輝いてほしいけど辛い想いもあることを承知で歩く道もすごく複雑に思う。 それでもいい、今しかないと歩くなら、見守ってあげたいと思うのです。


★★★★ 4/5点





Comment   Trackbacks (7)   この記事についてブログを書く
« 『最高の人生をあなたと』 (2... | TOP | 『しあわせのパン』 (2011) /... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 邦画(た行・な行)

Similar Entries

7 Trackbacks

DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「DOCUMENTARY OF AKB48 Show must go on」□監督 高橋栄樹 □キャスト AKB48鑑賞日 1月27日(金)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> CDが売れなくなったこの時代に、昨年...
DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る (LOVE Cinemas 調布)
国民的アイドルAKB48の知られざる裏側に迫るドキュメンタリーの第2弾。正に社会現象を巻き起こした2011年の彼女たち、しかし見えないところで彼女たちは傷つきながらも懸命に戦っていた。東日本大震災の被災地訪問、西武ドーム公演、総選挙、じゃんけん大会、...
No.304 DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る (気ままな映画生活)
「AKB48」のメンバーの素顔に迫るドキュメンタリー第2弾。活動6年目を迎えた11年のAKB48は、リリースしたCDシングル5作すべてがミリオンセールスを達成、初のドームコンサートも3日間で9 ...
『DOCUMENTARY OF AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』を渋谷トーホーシネマズ2で観ながら、これはアイドルが... (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★★今、もっとも面白い見世物】 映画としての出来は問うまい。 そんな所にこの作品の主眼はないからだ。 ちなみに、私は先頭の5,6人が見分けられる程度の ...
DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
国民的アイドルグループAKB48の2011年の活動を追ったドキュメンタリー「DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る」。うっかりもらい泣きしてしまった。TV、新聞 ...
DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る (映画のメモ帳+α)
DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る(2011 日本) 監督   高橋栄樹 撮影   村上拓 音楽   大坪弘人 出演   AKB48 AKB48をはじめて見たのは第58回(2007年)のNHK紅白歌合戦。中川翔子やリア・ディゾンと「ア...
DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る (銀幕大帝α)
11年/日本/121分/ドキュメンタリー/劇場公開(2012/01/27) -監督- 高橋栄樹 -企画- 秋元康 -出演- AKB48 <ストーリー> 国民的アイドルグループ・AKB48の2011年に密着したドキュメンタリー映画第2弾。前作をしのぐ膨大な量の取材映像からメンバーたちの...