Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『マチェーテ』 (2010) / アメリカ

2010-11-27 | 洋画(ま行)
原題: MACHETE
監督 : ロバート・ロドリゲス 、 イーサン・マニキス
製作 : クエンティン・タランティーノ
出演 : ダニー・トレホ 、 ロバート・デ・ニーロ 、 リンジー・ローハン 、 ジェシカ・アルバ 、 スティーヴン・セガール

公式サイトはこちら。

(TOHOシネマズ6000マイル1カ月フリーパスポート1本目)


<Story>

どこの街角にもいるごく普通の日雇い労働者風の男。
彼こそが伝説的な辣腕下連邦捜査官マチェーテ(ダニー・トレホ)だった。
メキシコの麻薬王トーレス(スティーヴン・セガール)に恐喝され、不法移民嫌いの米政治家(ロバート・デ・ニーロ)の暗殺を依頼されるが、それは政治家とトーレスの仕組んだ罠で、マチェーテは暗殺犯として追われる身となってしまう。
無実を証明し、彼らの陰謀を暴くべく、マチェーテは復讐の鬼となって立ち上がる。

そんな彼の前に立ちはだかるのは、次から次へと殺し屋を雇う非情なビジネスマンのブース(ジェフ・フェイヒー)、
国境自警団を率いるひねくれ者のヴォン(ドン・ジョンソン)、
そして法の執行と正義との間で葛藤する美しい移民局職員サータナ(ジェシカ・アルバ)だ。

一方、反逆精神と革命的な心を持ったセクシーなトラック運転手ルース(ミシェル・ロドリゲス)と、
祈ること以上に銃の扱いに長けている牧師のパードレ(チーチ・マリン)が、マチェーテに加勢する。
銃弾、流血、傷心の嵐を巻き起こしながら、マチェーテは最終的に、復讐と贖罪の壮大な戦いが待つトーレスの街へと戻ってゆく……。

マチェーテ?-?goo?映画

マチェーテ?-?goo?映画




いよいよこの日からTOHOシネマズ6000マイル1カ月フリーパスポートです。
去年は22本観たけど今年はそんなに行かないだろうなあーと。
他のシアターの作品も観たいので、そんなにTOHOばかり行ってられないけど(!)、
まあ頑張ります(笑)

記念すべき1本目は、もうすぐ○マトの余波で終了してしまいそうな
『マチェーテ』。 これ、予告がめちゃくちゃ面白そうで興味あった。





この前に観た、こちらの作品があまりにもどんより、どよーんとしてたんで、
お口直しに・・・ と思ったんですが、
予告で感じたコメディーっぽさがほとんどなく。。。(笑)
これほぼ全編殺人三昧だった。
ダニー・トレホはハッキリ言って「役得」っぽかったですね。
だって美女との絡みシーン多かったし。。。
どう考えても、致命的な場所に傷を負っているんだけど、
何故か復活しているっていうのもお約束? 笑


女性陣はセクシーだったりヌードだったりと、
男性サービス満点でしたけど(笑)、その中でもミシェル・ロドリゲスはやっぱりカッコよかったなあ。
最後の衣装なんてかなりいい感じ。 腹筋も素敵だし!
ジェシカちゃんは全体的にどこかスベっている感じもしましたが。。。w


B級映画の傑作? って感じがしましたよね。
バタバタ人が死んでく感じはさすが制作にタラちゃん入ってるからだろうし、
笑えたりラブがすぐ出てきたりとか。 考えようによっては
「おバカ映画」のカテゴリにも入りそう(笑)
こういうの好きですー。



★★★★ 4/5点






Comment   この記事についてブログを書く
« 『冷たい熱帯魚』 (2010) / 日本 | TOP | 【午前十時の映画祭】『ニュ... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 洋画(ま行)