とくおかレディースクリニック~ブログ~

日々、徒然なるままに、書き込んで参ります。
どうか宜しくお付き合い下さい。

「精神科医がすすめる”疲れにくい生き方”」

2021年11月30日 | Weblog
著者は、川野泰周先生です。

川野泰周先生は、慶應義塾大学医学部医学科卒業後、精神科医として診療に従事され、
その後建長寺専門道場にて3年半にわたる禅修行をこなされ、
2014年より臨済宗建長寺派林香寺住職になられたお方です。
寺務の傍ら、東京や横浜市内のクリニック等で精神科診療にもあたられています。


人の「疲れ」は3種類に分類出来るそうです。
「体の疲れ(肉体の疲れ)」と「脳の疲れ」。
「脳の疲れ」は「心の疲れ」と「マルチタスクによる疲れ」に分けられるそうです。

「心の疲れ」というのはネガティブな感情を持つことで生じます。
生きていれば、誰しも必ずネガティブな感情を持つ事はあります。
大切なのは、その感情を持つ事を拒否しない事なのだそうです。
悲しい時には悲しさに浸ってみる、
本当に苦しい時には、開き直ってまわりの人に話を聞いてもらう勇気を持つ、
どのようにしたら、その悲しみや苦しみを手放せるかを見極める足掛かりを持つようにする事が大切です。

「マルチタスクによる疲れ」は、
インターネットの急速な普及と情報処理技術の飛躍的進歩により、
おびただしい量の情報が毎日、自分の周りに飛び交っています。
現代人は、常に2つ3つは同時並行で作業をしないと追いつかない生活となりました。
思考があちこちにさまよってしまい、本来取り組むべき物事に注意が向いていないと気付いたら、
正しい方向い誘導してあげなくてはなりません。
自らの感情を自覚して表現する事を意識しましょう。
自分の感情に気付く事が大切なのだそうです。
気付きの能力が突出して高すぎる方の場合は問題になる事もありますが、
気付いた事に一喜一憂するのではなく、一旦そのまま受け入れるという姿勢が大切だそうです。

自分がどの程度疲れているのか鋭敏に察知出来る事を「内受容感覚」といいます。
「心が疲れているみたいだから、休日はリラックスして過ごそう」とか、
「マルチタスクの仕事で脳が疲れているから、帰宅後はデジタルデトックスをしてみよう」
など、自分自身で適切なセルフケア法を見つけられるようになる事が大切です。
「疲れにくい生き方とは、自分の疲れに気付き、それを適切に解消する事の出来る生き方」だそうです。

参)デジタルデトックスとは、
一定期間スマートフォンやパソコンなどのデジタルデバイスとの距離を置く事で、
ストレスを軽減し、現実世界でのコミュニケーションや、自然とのつながりにフォーカスする取り組み。


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 子宝メッセージ 令和3年1... | トップ | 子宝メッセージ タイミング... »
最新の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事