Chiro's Memo

My Sweet RoseとRosariumの更新記録です。

神秘の降誕

2005-11-28 23:39:50 | 美術
クリスマス企画で紹介している降誕図の中にボッティチェリ「神秘の降誕」があります。(タイトル画像は部分です)

この作品はボッティチェリの晩年の代表作で、彼の全盛期の作品「春(プリマヴェーラ)」や「ヴィーナスの誕生」などと比較すると明らかに画風が変化していることがわかります。
全盛期の瑞々しく流麗な描写に対し、緊張感のある硬質なタッチに変化しています。

天上を天使たちがオリーブの枝を手に輪になって舞っていますが、
救世主の降誕を寿ぐといった雰囲気には程遠い感じです。
彼らの表情も「マニニフィカトの聖母」や「柘榴の聖母」に描かれた天使たちのように生き生きとしたものではありません。

オリーブの枝に巻きつけられたリボンには
「人類には平和」「いと高きところには栄光、神にあれ」という平和のメッセージが刻まれています。
オリーブの枝は人間が原罪から救済され、神と和解したことを表します。
神との和解を象徴するのが天使と人間の抱擁です。

しかしこの図で見ると祝福という雰囲気とはやや異質な印象を受けます。

前景には三組の天使と人間が描かれているのですが、
その傍にはあたふたと走り去っていく悪魔が描かれています。

これは悪魔による地上の支配が終了したことを示しています。

ボッティチェリは「神秘の降誕」画面上端の銘文に
「イタリアの苦難の時代、つまり、ヨハネの黙示録第11章2節の悪魔が3年半のあいだ野放しにされる苦難の時代に描いた。そののち我々は、悪魔が再び拘束されるのを目にすることになろう」と記しています。

この時代フランス軍のイタリア侵入やメディチ家の失脚などフィレンツェの政情は不安定でした。
そういった不安から、救済を求めて「神秘の降誕」のような作品が描かれたのかもしれません。

私がこの作品を初めて知ったのは、大学の西洋美術史の講義でした。
それまでに知っていたボッティチェリの作品とは全く異質で
まさに「神秘」的なこの作品に興味を持ちました。

最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mizuiro)
2005-11-29 21:54:52
千露さんこんばんは。

ちょうどこの絵のカードを買って興味を持っていたのです。詳細な解説に毎回感動です!ありがとうございます。

私は最初ボッティチェルリの絵とは思いませんでした。本当に全く異質ですよね。

時代背景なども関係しているのですね。
Unknown (モモちゃん)
2005-11-29 22:05:17
こんな解説までしていただけると

まるで美術図鑑を見ているようですね。



その後お母様はいかがですか?
Unknown (てんこ)
2005-11-29 22:23:15
なんだかシンクロニシティを感じてしまいました。今日私もボッティチェリについて書いたのですが。

神と人との和解ということを、私は女神と英雄の再会という比喩で語ってみました。要するに、自然と人類の和解てことかな。森林と人との和解。絵画の美女から文明論まで広げてみたのですが。

ボッティチェリのこの絵は、思索に染まっていますね。サヴォナローラ以後の、他の作品もいくつかみましたが、皆、感性が石のように固化し始めているような感じです。何かの本で観た、最晩年にちかい受胎告知は、天使もマリアも幽霊のようでした。

けれど、この絵は命を失っているわけじゃないですね。ボッティチェリらしい感性は冷たくなってきているけど。どこかに霊的な声が聞こえる。いつか私もこれについて書いてみたいです。
遅くなりました (千露)
2005-12-01 20:12:50
コメントを戴いておりましたのに、返事が遅くなりまして申し訳ありません。



>mizuiro様

「神秘の降誕」のカードはmizuiro様のブログで拝見しました。

クリスマスに飾るのにぴったりですね。

全盛期のボッティチェリと比べると、「神秘の降誕」の描線は固くなっています。

優美というよりも緊張感を感じます。



>モモちゃん様

お褒め頂き少し気恥ずかしいです。

母は順調に回復しております。

今日軽症者の病室に移りました。

もう少しで退院できると思います。



>てんこ様

てんこ様の「絵画の美女」から生命の始原にまでさかのぼる考察を興味深く読ませていただいております。

私はそこまで深く絵画作品の背景について考えることがなかったので、目からうろこが落ちる思いです。

ボッティチェリ晩年のサヴォナローラの思想の影響を色濃く受けた作品群は中世に回帰したようで、硬質なタッチになっています。

そして新しい世紀を迎えるとともに作品を生み出さなくなってしまうということにも興味があります。