LET THERE BE ROCK

お得感なし。おっさんのグダグダな日常

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

会議

2009-10-25 01:35:11 | 日記
あ~はっはっはぁ~!

いやいや、ゆかい、ゆかい!
こいつは可笑しくって、可笑しくってたまらんですわい!

俺ってば、『ゆってぃー』にそっくりなんだって!
ん~ワカチコ!ワカチコ!

お譲ちゃん、可愛い顔してなかなかのユーモアセンスを
お持ちでいらっしゃいますな。
ご両親!この子は将来有望ですよ。うん、間違いない!

あ~はっはっは~


バカチンが!
ワシは今も昔もビジュアルで売っとんじゃ!!
初対面でいきなりワカチコじゃねーだろっ!
ご両親、あんたらもわろてる場合か!


はいっ!とかなんとかいうとりますけどもね!
そんな、失礼な暴言にも耐えつつ日々乗り切っていかなあかんなぁ
とか、思うてますよ!

しかし、なんですか?
最近、仕事で多くの会議をするわけですよ。

なにかの宣伝でもありましたが、会議や打ち合わせで、
アイデアが生まれることは、正直あまりないですよ。

長時間におよべば、それなりに頭の方もボケてきますしね。
とにかく、一つの議題が、横道にそれて、本題に戻るのに、
かる~く二時間ほど費やしたりしたりね。

それぞれみんなでボケたおしてボケたおして・・・

先日もね、そんなボケ集団が皆で会議中、話もこじれて、
にっちもさっちもいかないわけです。

そんななか、そこまでボケたおすかっつー事があったんですよ。

会議も長引くと、やっぱり腹も減りますわ。
腹が減ると集中力も薄れ、イライラもつのりますのでね、
いったん、会議をブレイクし、若いやつらを連れて食事に出かけた
わけです。

中部圏ではおなじみのあんかけスパゲッティー屋に入りましてね、
まあ、それぞれ注文し、オーダーが運ばれてくるまでの時間も、
必然的に仕事の話になりましてね。
そんなこんなで、一人のおっさんが、若手に、仕事のあり方に
ついて、熱~く語りだすわけですよ。
彼は、俺の同期ではあるんですが、説教好きがたまにキズ。

日本の職場の現状としてはまだまだよくある光景ですよ。
上司の説法を、食事の場で、延々と聞かされる・・・

特に、こういった場でしか集まりも悪くてね。
説法を語るには、とてもいい機会であることは確かなんですよね。

長テーブルに腰かけ、俺の前に座ったその彼の熱い口調に
俺も、相の手や、深いうなずきを入れながら、俺も若手に同意を
促す・・・・

それにより、気分が乗ってきた彼はより演説に拍車をかけ、
説法スパイラルに落ちていくわけです。

そんな時間を割くように、お待ちかねのスパゲッティーが運ばれて
きたのですが、持ち上がったテンションは下がることなく、
熱き思いをぶちまけておりますわ!

長くなりそうだったので、俺はすかさず、若手に食事をすることを、
促し、俺もスパゲッティーに手をつけたのですが、その彼は、
まだまだ、下がる気配はなく、しゃべり続けておりますよ。
しゃべりながらもテーブルにある黒コショウのビンをとり、
自分のスパゲッティーに力一杯ふりかけておったんですが・・・・

その瓶・・・・・




『つまようじ』だったんですわ・・・




いくら、しゃべりに夢中になったとしても?
つまようじはないわ~。
最初はウケ狙いかと思ったし!
それにしちゃ、マナーの悪いボケだし!
しかも笑えんし!


まったく気がつく様子もないので、仕方なく、5本ほど、
ふりかけたところで、

「なにかけとんの?」

と、つっこみを与えてもまだ分かってなかった時には、
さすがに、

(ふっ・・こいつもいよいよだな・・・・)

と、思っちゃいましたよ!

しかし、歳はとるもんではないですなぁ。
俺も、たいがいなところはあるけど、いくらなんでも、
つまようじは・・・・・


ボケたおして、ボケたおして・・・

会議がこじれる訳は、なにも議題の問題だけではなさそうです。



































コメント (1)

チャレンジ

2009-10-08 05:00:31 | 日記

ぼんじゅ~~~~るぅ!

というわけでね~。台風でございますよ。
台風一過を台風一家とお間違えの皆様~。
けっして、けっして恥ずかしい事ではありませんよ~!!


余談はさておき、皆様はここ最近何かに向けてチャレンジしていらっしゃい
ますでしょうか? なんだか、昨今の情勢は暗い話ばかりじゃないですか。
こんな状態の中では夢も見にくくなりまして俺もチャレンジ精神からは正直、
遠ざかってしまっていますよ。ん~リアル!

しかし!

そんな、無気力な気持ちを一気に熱くさせてくれる出来事にね、先日も出勤する
車の中、奇跡的に遭遇する事ができたんですよ。

というわけで!

今回は、下道の恐怖!第3弾でございます・・・・

いやね、自宅から通勤するにあたり、私、自家用車を使ってるんですが、
その道のりの中、どうしてもね、2か所ほど踏切を越えなきゃならん訳です。

まあ、陸橋もあるんですが、どうしても混みますんでね。
あえて、踏切の道を選択するわけですよ。

そんなこんなで、車を走らせていますと、最初の踏切に差しかかるわけです。
先日は、運悪く、渡る直前で遮断機が下りてきましてね。
前には一台の車が走っていましたが、おっ?スルーするか?と思いきや、思わぬの
ブレーキ!

しかたなく、車を停止させるとね、ほどなくして、俺の右隣に、一台の自転車
が現れましたよ。自転車に目をやると、50歳くらいですか・・・?
なかなかの体格の御主人でしてね。背は低そうですが、体重の方は、自転車が
もう勘弁!と思わず悲鳴が聞こえそうな感じなんですよ。

ところがですよ・・・
その御主人、動きが変なんですよね。自転車をヨロヨロさせ、今にも止まりそうな
スピードで、俺の車の横を通り抜けていく・・・・

なんですの?

一瞬、疑問に思ったんですが・・・

はは~ん・・・この、おっちゃん・・・電車が通りすぎて、遮断機が上がるまで、
足の裏、地面につけるつもりねぇ~んだなぁ!

そうなんです。
この御主人・・・・闘っておられるんですわ。
ペダルで自転車のスピードを微妙に調節しながら、大きな体をとハンドルで、
バランスをとりながら、電車通過の時間を計算しつつ、少しづつ前に進んで
いく・・・

意味は分らんのですが、おっさんは、電車に向かって、戦いを挑んでいる。
その戦い、あるいは、自分との戦いなのかもしれません。自転車から足を
一度もつかない事に、自分の価値を見出してるのか、あるいは、新たな、
自分自身へのチャレンジなのか・・・

なんとなく、俺はその必死に歩みを進める、おっさんが、とても不器用で、
生き方下手な印象を抱き、心の中で、勝手にエールを送ったわけですよ!

がんばれや・・・・おっちゃんならいけるで・・・

なんだかんだで、俺の車をようやく通過したあたりで、電車も無事通過。
おっさんの足も見事、地上に一度もつける事もなく、そのミッションは無事、
達成できた・・・・・

と、思いきや!

カーン、カーン、カーン

なんと!遮断機が上がる間もなく、今度は逆方面の列車通過の矢印が点滅しだした
んですよ!

思わぬ展開に、めっちゃ焦った御主人に前方2メートルに迫る遮断機。

いけんのかい!?いけんのかい?! いけるんか~おっちゃ~ん!!!?




しかし、そっからのおっちゃん、マジですごかったんですわ。

さらに自転車のスピードを落とし、何度も何度も、壊れた扇風機の如く、
ものすごい勢いでハンドルを左右、左右とふりまくり、必死で耐えるおっちゃん!
その、丸まった背中から伝わる、ギリギリの緊張感!しかし無情にも、遮断機は
もう、目前。しかし、電車はまだまだ、はるか遠方。自転車はほぼ、停止状態で
おっちゃんの体はプルプルと~! 

ど~する!?ど~すんの! どないすんねんな~おっちゃ~ん!!!






・・・・・・・・・・・・・・・体力の限界。。。(By千代の富士)

遮断機手前、力尽きたおっちゃんでしたが、その執念はものすごいものでした。
勝手解釈ですが、いったんこの状況を打破すべく、進路を別にとろうとしたの
でしょう。限界の状態からの最後の気力をふりしぼり、グイッと、
右にハンドルを切った瞬間、バランスを崩し、倒れるおっちゃん。思わず、右足
を投げ出し、体を支えようとしたのですが、足一本では、その体重は逆に凶器と
化し、その巨体を道路に投げ出す結果となってしまったわけです。

おっ おっちゃ~ん!

その姿は、轢かれたカエルの如く。なにが、起こったか分らぬ通行人は、
いぶかしげにその状況を眺めています。

おっちゃん・・・・・
熱い!熱すぎるぜ~!
電車に対して、迷うことなく戦いを挑む姿勢。限界をもむかえながらも、なおかつ
生きる帰路を探して諦めない強い意志!転んでもなお、地面に足をつける事を、
最後まで拒む、その頑固さ!

いやぁ、久々に俺の心にも忘れかけていた、熱いものが、たぎってきましたぜぇ!
御主人のおかげで俺もまた成長できた気がする!
こんな、ええもん見せてもろて心から、礼、言わしてもらいまっせぇ~!!!


と、熱い心を燃やしつつ、そのおっちゃんの話を職場にて語りつくすと、
予想外の静けさと、疎外感を感じる結果がまっておりました・・・・

なぜだ・・・・・

一人になって考えました・・・・
俺って少し頭がイカレてるのでしょうか・・・

俺も御主人のように、なりふりかまわず、結果を求められる強い人間になります。


本日のCD Slang /DEF LEPPARD



コメント

委員長

2009-10-04 04:10:18 | 日記
あ~にょはせよぅ!

皆さまは、職場で部下にシカトされたことはありますか?
私はまあまあ、あります・・・・。

ハイッ!というわけでね~。
そんな過酷な環境にも耐え、頑張っていかなあかんな~とか思うてますよ!

しかし、なんですか?
こうして、年齢も重ねてきますとね、いろんな意味で心境に変化がでますよね。
小中学生の時なんかはね、やっぱり、同級生にも仲がよいの、悪いのって、
変に壁作ったりしてね。中には口も訊いたこともない子もいたりしますわ。

ところがですね。一年ほど前に同窓会ってのをやりましてね。
そんな事も幸いして、この歳になって、また、地元のいろんな同級生と接点を
持てるようになったわけですよ。

というわけで、私のお店にもですね、そんな機を理由に同級生がちょいちょい
顔を出してくれるようになったわけですよ。それこそ、顔しか知らない子とかね、
しゃべったこともない女の子とかも来てくれて、今となっちゃあ、昔のガキだった
頃のようなわだかまりもなく、自然に話せるってのがね~。
まあ、嬉しくもあり、不思議でもあり・・・・
これも、年齢が成せる技なのかな~とか思ったりしてね。


そんなおり、先日も同級生が来てくれましてね。
彼は、幼稚園から中学まで、同窓なわけですが、正直いって、彼と俺では、格が
違う人種なわけです。いわゆる彼は、優等生、俺は落ちこぼれ。確かに何度か
同じクラスにもなった時がありますが、会話として成立したのは、中学までで、
時間にして一時間もないんじゃないでしょうか?

しかし、今となっちゃあそんな壁も感じず、自然に会話ができる。
俺が成長したのか、彼の器がでかいのか・・・?
今現在は、東京の方で、プロの音楽家として生計を立ててるらしく、その優雅な
物腰はあまり、昔と変わっていないなあ。
そういえば、彼ったら、昔はよく、学級委員長なるものをやってたわ。

ん?・・・委員長・・・・? その響き・・・

俺の脳裏に、沸々と沸き起こるこの、いや~な気持ち・・・・

そう・・・・

今はっきり思い出しました。彼とは、委員長に関して、忌まわしき因縁があった
のでございます・・・・。


さかのぼること、ウン十年・・・・
当時は、確か、小学生、5年か6年か。

委員長を選出するにあたり、クラスは微妙な雰囲気に包まれております。
マンモス校だった当時、進級したばかりのクラスはまだ、初顔も多く、
委員長選出にはとても気を使う一大行事ですが、たいていは、立候補制。

男女、一名づつの定員ですが、当然、立候補者などおらず、流れは自然と
推薦になる訳です。当然、歴代の委員長経験者の名が候補としてあがる訳ですが、
そこに名を、連ねたのが、彼だったのです。

俺のポジションは、そんな行事には全く関与しない一絡げのメンバーなのですが
いかんせん、集中力のない俺は、次第に緊張感に耐えられず、一人で、ノートに
落書きをして、遊び出してしまったわけです。

俺の落書きは次第に熱を帯び、委員長選などまったく頭から消えてしまった俺は
ひたすらノートに落書きをしまくっていたわけですが・・・・
その様子を運悪く先生に見つかり、なんと俺は、激怒した先生に無理やり、
彼の対立候補として推薦、急遽、委員長選に出馬する事になってしまったわけ
です。

先生に強引に引っ張られ訳も分からず、教壇の前に、立たされる俺。
なぜ、奴が前に立ってる?とざわつくクラスメート。

彼と俺ともう一人、候補者 計3人。

頭の中の整理もつかず、ただただ時間だけが過ぎていく中、無事、投票も終わり
その結果たるや・・・・
他の対立候補2人は接戦を繰り広げる中、俺の獲得票数・・・・・





1票・・・・


確かクラスは40人以上はいたはずなのですが・・・俺は~

1票・・・・


彼らは、接戦で、何十票と獲得しているにも関わらず・・・俺は~

1票・・・


しかも中途半端な段階で1票入って、それから先、一切名前呼ばれず・・・

1票・・・

いったいどうゆう事やねん!
いくら訳も分からず出馬したとはいえ、俺は5票はいけると思うとったんじゃ!
しかも1票じゃ、まったくもっておいしくないんじゃ~! どうせなら0票に
せんかいや! 1票じゃ、リアルすぎてまったくもって笑えんやろが~!


結局・・・・
選挙は彼の勝利となり、無事、委員長の座を射止めた彼は、今後の公約などを
語るなか、俺はまだまだ、席に帰ることも許されず、これまでにない屈辱と
挫折を味わいながら、彼の雄姿をいやというほど見せつけられたのでございます。

いやいや、忘れていた思い出がこんな形で蘇ろうとは・・・・
しかし今となっては、これもいい思い出なんかなぁ~。
だって、俺に入れてくれた1票は、クラスで一番かわいい子・・・・

と、自分で勝手に決め付けて、その場をムリヤリ乗り切れるくらい強い精神力が
身に付いたわけですから。

しかし、そんな、小さいこと、東京で成功している彼には、全くもって、覚えの
ない出来事だわな~。そんな気がして、その忌まわしき過去は、心の中にそっと
しまいこんだ俺なのでした。

しかし、今思うと、あの先生も無茶しよるわ!









































コメント

トラウマ

2009-09-26 02:36:10 | 日記
君のハートにレボリューション!!

深夜に失礼いたします。夜の伝道師、スナフ菌でございます。

ここで~!おばちゃん、あるあるぅ~!

やたら酒飲みで、とにかく笑い声がでかい、顔がテッカテカのおばちゃんは~
たいてい、見た目の体重、引くぐらいあるっ・・・・と!


え~。次いっちゃっていいすっか?

いやね~。今日も老体に鞭打って仕事に励んできましてね。
会社から、外に出ると、やっぱり夜風が冷たくてね、気持ちいい感じの季節
なわけですよ。冬の訪れを感じないわけにはいきませんよねぇ。

そんなこんなで、職場からの帰り道・・・・・・
今回は以前お伝えした、下道の恐怖の続編を、お送りいたします・・・・

帰宅路には、いつも国道を使うんですがね、まあ一般的な国道という事で、
まあまあ、広い道ですよ。夜ともなると、そんな国道も、込み合う事もなく、
車はまばらな感じなんですね。

今日は、上記にも記したように、風がいい感じでしてね。
俺も、帰宅する車中、窓を全開にして冷たい風を浴びて心のケアを図って
おったんですわ。いやいやなんですか?普段は、暗いビルの中での仕事ですから、
なんとなく、ひさびさに自然を感じた気がしてね。
いい気分に浸りながら車を走らせておったんですわ。

車を30分も走らせると、周りの車も一段と少なくなりましてね。
そんなこんなで、前の信号が赤になり、車を交差点で止める事になったんですよ。

先頭から2台目。右の右折車線に、もう一台。
交差点には、俺の車を含め、計3台が信号待ちにて交差点に止まっている訳
です。国道の信号は長いので、ちくしょうめ~俺の風を奪いやがってと、
心で舌打ちすると、間髪入れず、右の右折車線に車がもう一台、
すーと止まったんです。
俺の車のほぼ隣、少し右斜め後方の位置ですわ。

最初は気にも止めなかったんですが、窓を開けていたせいでしょうね。
隣に止まった車から、何やら音が漏れてくるんですよ。

お~れ~ ・・・・・    お~れ~ ・・・・

なんじゃい?これは・・・・?

よ~く耳を澄まして聴いてみると、その音の正体が、あの、ラテンの名曲、

『松ケンサンバ』

と判明するのに、さほど時間はかかりませんでしたよ。

しかし、いまどきどんな奴が松ケンサンバなんか聞いとんねん・・・・?
これが気になった俺は、顔を見たい衝動に駆られ、チラッと、右側の車の
運転席を、覗いったったんですわ。

運転手の顔を見た瞬間!俺は

「 ひぃ!」

と思わず、マンガのような声を上げてしまうほどの動揺が!


その、運転席には、線のほっそ~い、頭禿げた60ぐらいのおっさんが一人、
一点をじーと見据え、笑顔一つ見せず、身動き一つせず、むっちゃ思いつめて
松ケンサンバ、熱唱しとったんですわ。

その、思いつめた顔に、前の車のテールランプの赤が、がっつり乗って・・・
思わず、落ち武者の霊かと思うたやんっ!   怖い怖い!
もう、びっくりしたわ・・・・お願いですから、松ケンサンバ唄うなら、
ノリノリ、アゲアゲでやっちゃってくださいよ~。
真っ赤な顔して、一点見つめて歌うような曲、全然ちゃうやんかぁ!

俺はすぐさま、見てない事とし、自分の心の処理をほどこし、
信号が変わった瞬間、すぐに車を発進させたのですが・・・・

これから先、『松ケンサンバ』トラウマになりそうです。

本日のCD HardRocklive/ MR. BIG





















コメント

相談

2009-09-20 00:16:11 | 日記
タマホーム、いいねぇ~!! 

・・・・・・・・・・・あれぇ~ 雰囲気、思ってたんと違うぅ!


はいっ!というわけでね~。
政権も交代した事だし、俺もなんとか逆境に耐え頑張っていかなあかんなぁと
思てますよぉ~。

いやいや、しかし、なんですかぁ?
こうして年齢を重ねてきますとね、いろいろあるじゃないですか。

仕事の悩みであったり、人生の悩みであったり・・・
若い頃なんてのは、ただただ、自分の思いだけを相手にぶつけるだけで
よかったんですがね。

さすがに、大人の意識が芽生えるにあたり、こんな俺でもね、
人からいろいろ相談されることがありますよ。

先日も、後輩からね、相談があると呼び出されましてね、
まあ、仕方がなしに話だけでも聞くかと、深夜にのこのこと
出かけたわけですよ。

彼は、もろに体育会系で学生時代は、それこそ勉強は何一つ
してこなかったといっても過言ではない人物でね。
これがまた、扱いづらいったらないんですわ。

以前、ウナギを食いに言ったときの話ですが、上丼を頼んだんですね。
丼って基本、ウナギは2重構造じゃないですか?ご飯とご飯の間に、
また、ウナギっていう・・・

ふた、開けてね、大食漢の彼は文句言うわけですよ。
上にしては、ウナギが少ないと。これで上はありえないと、
激高してますわ。

だから教えてあげたんですよ・・・・

「ウナギさぁ~下に入ってるから・・・」

そしたらですね、丼、持ち上げて下の穴、必死に覗いてましたわ・・・

そんな彼からの相談事、何やらいやな予感しまくりですよ。

そんなこんなで、近くのファミレスに入り、しばし世間話したあと、
肝心の相談事になりましてね・・・
なんだ、かんだ、説明してますがね。どうもいまいち要点がつかめない。
なんとか、俺なりに解読してみると、どうやらね・・・・
IPodがほしいという事ですわ。

まあまあ、これは想定内。
本能に忠実に生きてる彼には大した悩みなど見当たるわけでなく、
まあこんなものかなと。

面倒なので早めに切り上げて寝ようというモードに入った俺は
とりあえず、これがこうで、Gがどうの、パソコンに取り込んで、
こうで、ああでと、ひとしきり説明したやったんですよ。

まあ、分かったのか分からないのか知らないですが、
どうしてもほしけりゃ、今度付き合ってやるからと、なかば強引に
話を終わらせて、さあ帰ろう、とした時にですよ、

「ipodってパソコンがないとだめなんですか?」

「ううっ?もしかして・・・お前、パソコン持ってないの?」

「はい、持ってないです!」

!?・・・・・・・・・・・・

 てめえっまずパソコン買ってから相談こいや~~~~~~っ!!!

ふざけやがってぇ。てめえの話は政治評論家の三宅先生が、明日から茶髪にしたい
けど、どうしたらいいかね?って聞いてるようなもんだぞっ!

「でも、たぶん実家にはありますよ! 昔、姉貴が文字、打ってなんか資料
 作ってましたから。あれですよね・・・あの、紙、はさんで文字打って
 やるやつですよね・・・?」

 なんじゃい!あるんかい・・・・・・・・・?    紙はさむぅ・・・・?


 てめえっそりゃ、ワープロ だろーが~~~~~!!!

いやいや、まいりましたよ・・・・
いったい、何時代で取り残されとんねん・・・

単なる思い付きで夜な夜な呼び出されて、飯までおごって、この無駄な時間!

こんな、贅沢な時間の使い方なかなかお目にかかれませんわ・・・

けどねぇ、まあ、相談したいと言われたら、ねっ?
仕方ないですよ。これで彼の悩みが一つ解決したならまあ、良しですわ。

とか、思ったら・・・・

「まあそんなんなら、Pod買うのやめますわぁ~」

・・・・・・・・・ころすっ!!!! 

今後、彼から相談事があった場合は、子供お悩み相談室に電話させる事に
します。とほほ・・・

本日のCD ERIC CLAPTON/UNPLUGGED



































コメント