酒とサッカーと・・・

旨い酒とサッカーがあれば人生の大半は・・・

L-09Cが繋がった!外で。

2011年12月14日 | モバイル&PC&AV

昨日書いた記事「Wi-Fiの泥沼へ」の続き。

外で3G来てるのに繋がらないんだよねー、なんとなく不自然に思いつつも、ケータイのバリ3とルーターのバリ3は違うんだろうかなんて自分を納得させてきました。

が、街中でも3G接続できない事が多々あり、こりゃなんかおかしいということで、ようやく本腰を入れて解決策を模索していました。

そして打った第一弾の対策、なんと、これであっさり接続できました。
・SSID名をユニークに
・チャンネルAutoを固定へ


正直、まだどちらが効いたのか分かりません。次回はこの2つを分けて検証しどこに原因があるのかを確定させたいと思います。
一応の対策は効いたのですが、原因とその根本解決はまだですから、ここらあたりまできっちり詰めていきたいと思います。

電源を入れたら一瞬で繋がった。もちろんDHCPも応答してネット接続OK。

あれだけ苦労したのに、ほんと、一瞬で認識しました。

現在の予想ですが、SSID名に原因があるのではないかと考えています。
というのも、先日、高速道路のSAでも発生したし、混線とか有りえない田んぼの一本道でも同じ現象がみられたことから電波干渉とは考えにくいです。
会社の周りも他のWi-Fiスポットからの電波はありません。

会社の庭、TUTAYA、高速SA、田んぼ道、某ドコモショップ前、3G繋がらない現象はいろんな場所で発生していました。
一方、自宅では自前のAtermのほか、FONとか0001softbank、ご近所さんの?SSIDなんかも認識されるのですが干渉を含め、いままで一切の問題はありません。

このL-09CはデフォルトでL-09C_xxxxxxxというSSIDが振られています。これを違う名前に代えたことが効果を発揮したのでしょうか。
一部ルーターではSSIDの変更ができないタイプもありますから、もしこんなところにバグがあったとすれば面倒なことになりますよね。

ちなみに会社のWi-Fiルーター、なんにも制限がかかってませんでした(笑)
ちょいちょいとipを手動設定したら、あらま、インターネットが使い放題になりました。もうこれでルーター持ってこなくてもいいか(笑)

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 前の記事へ | トップ | 犯人はチャンネルauto »

コメントを投稿

モバイル&PC&AV」カテゴリの最新記事