飛騨の山猿@飛騨MAVERICKマーベリック新聞

●オリーブの樹(統一名簿)を目指し野党連携●原発廃棄●憲法九条●日米安全保障条約をやめて日米友好条約にする●癒しの演歌

◆寺島実郎の未来先見塾~時代認識の副読本~3月3日(金)「なかにし礼と昭和歌謡史」

2017年03月04日 09時55分39秒 | ●政治と市民運動
BS11 寺島実郎の未来先見塾~時代認識の副読本~3月3日(金)「なかにし礼と昭和歌謡史」
2017/03/03 に公開
「北酒場」「知りたくないの」「時には娼婦のように」をはじめ、4000曲以上の詩を書き、3度の日本レコード大賞を受賞するヒットメーカーのなかにし礼氏が登場。作詞家だが作家でもあり、2000年には「長崎ぶらぶら節」で直木賞も受賞するなど多くの作品を生み出している。番組では、そんな"なかしに氏"に影響を与えた「昭和の名曲ベスト10」を選ぶ。その根底にあったのは戦前に満州で生まれ育ち、命からがら引き上げてきた原風景だったという。がんを克服し、78歳の今もなお作品を発表し続けている原点とは何か?また寺島氏が選ぶ「なかにし作品ベスト10」も発表する。

★野党共闘

ジャンル:
ネット
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆映画『残されし大地』予告編 | トップ | ◎News Up 都会最後の靴磨き ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。