飛騨の山猿@飛騨MAVERICKマーベリック新聞・小沢アレルギーと共産党アレルギーを捨てて明るい未来を志向しよう。

●オリーブの樹(野党連携)●原発廃棄●憲法九条厳守●そもそも日米安保を根底から見直す時期では?●たまには演歌

★「安倍政権NO!☆1005銀座大行進」: 銀座大行進 (5)【13/14】

2017年10月06日 10時50分28秒 | ●政治と市民運動

2017.10.05「安倍政権NO!☆1005銀座大行進」: 銀座大行進 (5)【13/14】

The River

安倍政権NO!☆1005銀座大行進 – Smash Fascism Abe Out ! 弱体化した安倍政権にさらなる圧力を!–」 日時:2017 年10月5日(木)18:00〜 集会・19:20〜 大行進 場所:日比谷野外大音楽堂 主催:安倍政権NO!☆ 実行委員会 〈事務局〉 首都圏反原発連合 原発をなくす全国連絡会 PARC NPO法人アジア太平洋資料センター  2017年7月の東京都議選で自民党は歴史的大敗を喫し、安倍政権の支持率は急降下しました。それを受け安倍首相は、8月に内閣改造をしましたが、首相の首をすげ替えない限り、森友・加計学園疑惑、稲田元防衛相の日報問題、複数の自民党議員の不祥事など、人々の政府への不信感を払拭することはできません。  安倍政権の経済政策「アベノミクス」も失敗に終わりました。さらに、安倍首相は、内閣発足以来安倍一強体制で世論を無視し、特定秘密保護法、安保関連法、共謀罪の強行採決、原発推進などを強行してきました。どの政策をとっても、国民ひとりひとりの尊厳に重きを置いた平和国家の道筋から逸脱した、戦後最悪の首相と言えます。  また、忘れてはならないのは、2015年のIS(イスラム国)による2人の日本人の殺害事件です。首相は中東各国を訪問し、テロ対策として数千億円の資金を提供すると表明、IS側はこれに強く反発し、このような行動に出たとされています。このことは、安倍首相の浅はかさを顕著に物語っているのではないでしょうか。  これまでに安倍政権が行なった政策は、戦争に突き進む姿勢をあらわにするばかりで、平和国家、被ばく国である日本のあるべき姿とはかけ離れています。今年の広島と長崎の平和式典でも、被ばく者や、核廃絶を望む人々の思いを踏みにじることになりました。政権の弱体化で、憲法改正を強行する態度は軟化しているとはいえ、まだまだ油断はできません。  来る10月5日、弱体化した安倍政権をさらに追い込むべく、立憲主義、民主主義を守るための大規模デモを呼びかけます。国民主権の健全な政治、戦争のない、格差のない社会を求めて集まりましょう! *なお、当日までに安倍首相が退任した場合は、趣旨を「安倍退陣・祝賀デモ」に変更し開催します。 【安倍政権NO! ☆ 実行委員会】 東京デモクラシークルー/秘密保護法を考える市民の会/若者憲法集会実行委員会/高江ヘリバッド建設反対現地行動連絡会/C.R.A.C./差別反対東京アクション/官邸前見守り弁護団/自由法曹団/TPPに反対する弁護士ネットワーク/新宿BEER&CAFEベルク/国民の食糧と健康を守る運動全国連絡会(全国食健連)/日本婦人団体連合会/農民運動全国連合会/全日本民主医療機関連合会/全国商工団体連合会/全国労働組合総連合/東京地方労働組合評議会/新日本婦人の会/全国農業協同組合労働組合連合会/安倍政権の教育政策に反対する会/T-nsSOWL/ TQC(東京給水クルー)※2017年8月現在
 
『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ★前原氏の“ラブコール”も 小... | トップ | ◎希望の党、衆院選公約を発表... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。