飛騨の山猿@飛騨MAVERICKマーベリック新聞・小沢アレルギーと共産党アレルギーを捨てて明るい未来を達成しよう。

●オリーブの樹(統一名簿)を目指し野党連携●原発廃棄●憲法九条●日米安全保障条約をやめて日米友好条約にする●癒しの演歌

●【LITERA】きょう降板表明? 『あさイチ』で有働由美子とイノッチが語ったこと…夫婦別姓、戦争反対、沖縄基地、言論弾圧

2018年02月06日 09時47分04秒 | ●YAMACHANの雑記帳

きょう降板表明? 『あさイチ』で有働由美子とイノッチが語ったこと…夫婦別姓、戦争反対、沖縄基地、言論弾圧

『あさイチ』HPより

有働由美子アナの降板がつたえられていたNHK『あさイチ』。今月3日、有働アナと名コンビでMCを務めてきたイノッチこと井ノ原快彦も3月末をもって有働アナと同時に降板すると報じられた。本日の放送では降板問題について触れることはなかったが、本日6日にも正式発表されるとの情報もある。長く好視聴率を維持するNHK看板番組の人気MCがふたりそろって降板という事態は異例のこと。いったい背景に何があったのか。しかも気になるのは、番組開始以来8年間MCを務めてきた有働アナ、イノッチがそろって降板することで、『あさイチ』という番組そのものが変質してしまうのではないか、『あさイチ』の良心が失われてしまうのではないか、ということだ。民放のワイドショーや情報バラエティでは、空気を読む芸人コメンテーターたちが幅を利かせ、『バイキング』に代表されるように、右傾化し、男尊女卑、父権主義を背景にした道徳ファシズム的意見が垂れ流されているなか、『あさイチ』はそうした風潮に疑問を投げかける特集をたびたび企画してきた。そうしたチャレンジングな企画が説得力をもったのは、多くの芸能人コメンテーターや局アナたちがお茶を濁しがちな政治的なテーマにも、有働アナと井ノ原が逃げることなく、自らの言葉で真摯に語ってきたことにある。たとえば、有名なところでは、現在のMeToo運動などセクハラ告発ムーブメントが起きるずっと前、2014年10月に「女性リアル 知られざる “セクハラ”」と題し、40代から60代の女性に対するセクハラを特集。その特集内で、井ノ原は「返しがうまくて面白くしてくれるからって、縁結びとかそういうネタのときに、有働さんに全部振るのも俺はどうかと思う。この番組でも、けっこう思うこと多いよ」 「この人が強いから言っていいとかじゃなくて、相手がどう思うかを常に考えないと。そのつもりがなくても、加害者になっちゃう」と、同番組での“有働アナいじり”にも苦言を呈した。また、2015年11月に放送された「どう思う?夫婦別姓」という特集。選択的夫婦別姓について世論では賛成が上回っているのに対し、自民党など右派勢力は「夫婦別姓では家族の一体感が失われる」として強固に反対している。こうした反対派の主張に対し、井ノ原は「まあ、(氏名が)同じでも、一体感がないときもあるからねえ」「他人同士でも一体感は生まれるから」と切り返してみせたこともある。2016年5月放送の「どう思う?“子どもがいない”生き方」という特集では、有働アナが、「とんでもない間違いをしたのではないか。産む可能性、機能があるのに、無駄にしたんじゃないかと。気が狂ったように泣いたりして病院通いした」「仕事がもしなくなったら、みんなには子どもが残るけど、私には結局何もないやんって。そう思いたくないから、これで満足だって思おう思おうっていうような。恥ずかしいほど揺れる」「去年ようやく出産の可能性を諦めて、やっとひとりで生きる自信が出てきた」と発言。悩んできた気持ちを正直に吐露した。

ジャンル:
ネット
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◆報道するラジオ「安倍政権 ... | トップ | ◆予算委員会 ・菅直人 ・落合... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。