飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し一丸となって政権奪取しよう♪

★憲法九条厳守★れいわ新選組★オリーブの樹(ベーシックインカム)★日米安保見直し★原発廃棄★好きな演歌

☆廃炉への道2016 核燃料デブリ 迫られる決断

2016年06月07日 16時04分27秒 | ●YAMACHANの雑記帳

廃炉への道2016 核燃料デブリ 迫られる決断

七転び八起き

初回放送

総合 2016年5月29日(日)
午後9時00分~9時49分

メルトダウンした3つの原子炉を同時に「廃炉」にする、世界でも前例のない取り組みを取材する長期シリーズ。今回は、廃炉工程の前に立ちはだかる最大の難関“核燃料デブリ”の取り出しに向け、大きな岐路に立つ現場を見つめる。事故で溶け落ちた核燃料は「デブリ」と呼ばれている。極めて強い放射線に耐え、放射性物質の飛散も防ぎながら、どうすればデブリを安全に取り出せるのか。リスクに対峙し、模索を続ける現場は、新たな困難に直面している。放射性物質を封じ込める“最後の砦”の格納容器は、事故で様々な場所が損傷。補修に向けた技術開発が進められているが、道のりは想像以上に険しいことがわかってきたのだ。さらに、原発内部にロボットを投入してデブリを直接とらえようという調査も大幅に遅れている。現在のスケジュールでは、デブリをどう取り出すか、大方針を決めるまであと1年。決断の時が迫っている。人類は核を制御できるのか、大命題と向き合う東京電力・福島第一原発の現場をルポする。


コメント   この記事についてブログを書く
« ■「安田純平さんを救おう!6... | トップ | ◎「市民連合」の政策要望書に... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

●YAMACHANの雑記帳」カテゴリの最新記事