飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し一丸となって政権奪取しよう♪

★憲法九条厳守★オリーブの樹(統一名簿)★日米安保見直し★原発廃棄★日々是好日★好きな演歌

◆「報道ライブINsideOUT」2016.12.20放送分「再検証 プーチンは来たけれど 北方領土交渉の舞台裏」

2016年12月21日 11時00分17秒 | ●YAMACHANの雑記帳
☆お願い!政治・社会問題・ブログ村ランキングに参加しています。↓クリック一発お願いします(^^)
◎ブログランキングに参加しています& ←クリックお願いします( ´艸`)

BS11「報道ライブINsideOUT」2016.12.20放送分「再検証 プーチンは来たけれど 北方領土交渉の舞台裏」

2016/12/20 に公開
ゲスト:藤 和彦(経済産業研究所 上席研究員)、石郷岡 建(ジャーナリスト / 元毎日新聞モスクワ特派員
経済協力をテコに北方領土の返還を望む日本と、領土問題より経済協力を優先させたいロシア。北方領土問題は「私の世代で終止符を打つ」と決意を語った安倍首相。一方、「引き分け」発言など、秋波を送りながら微妙な外交を繰り広げるプーチン大統領。ロシア外交の本音と狙いは何か?日本の経済協力は領土交渉の突破口となったのか?日ロ首脳会談を検証し、両国の思惑と本音を専門家が読み解く。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
翌21日(水)
「働き方変革で新発想 コニカミノルタジャパンの挑戦」
ゲスト:原口 淳(コニカミノルタジャパン株式会社 代表取締役社長)


カメラ・フィルムメーカーとして知られたコニカとミノルタが合併したのが2003年。以降、世界的企業に成長したが、今やコニカミノルタはカメラフィルムメーカーから転換。情報処理機器や医療介護分野にまで進出している。そしてさらに、お客様の課題を解決する企業への脱皮を目指している。そこで今年4月、国内の営業販売を統合したコニカミノルタジャパンを設立。縦割りを廃し効率化を図っている。そんなコニカミノルタジャパンを率いるのが、ロックを愛する原口淳社長。原口社長のもと、働き方変革を実践し、そこで得た経験をお客様のコンサルティングなどへ活かしているのだ。企業が生き残るためのヒントがここにあるのかもしれない。

☆お願い!政治・社会問題・ブログ村ランキングに参加しています。↓クリック一発お願いします(^^)
◎ブログランキングに参加しています& ←クリックお願いします( ´艸`)

コメント   この記事についてブログを書く
« ★映画『ヒトラーの忘れもの』... | トップ | ◆メキシコ花火市場大爆発、相... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

●YAMACHANの雑記帳」カテゴリの最新記事