飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し一丸となって政権奪取しよう♪

★憲法九条厳守★れいわ新選組★オリーブの樹(ベーシックインカム)★日米安保見直し★原発廃棄★好きな演歌

☆除染しても変わらぬ線量 山林除染進まない理由

2013年03月16日 06時41分12秒 | ●YAMACHANの雑記帳

除染しても変わらぬ線量 山林除染進まない理由
http://www.dailymotion.com/video/xy78m8_yyyyyyyyyyy-yyyyyyyyyy_news

投稿者tvpickupさんがup
報道ステーション 2013.3.14. 去年2月に除染が完了している福島市大波地区。 しかし除染しても再び線量があがる現実。 なぜこのようなことがおきるのか。 原因は山林にあるという。 山林除染をする場合、今の1haあたり60万円に比べると大きく膨らむ。 最低でも45市町村の山林約57万haを除染するとした場合、30兆円もの予算がかかる。 一方、現在の住宅地周辺だけで国が見積もる除染費用は3年間で1兆2875億円だ。 元経産官僚の古賀茂明氏は、東電を破綻させないという仕組みをつくってしまったため、除染の費用に制約をつくってしまった、と指摘する。

つぶやきかさこ2011年12月12日
除染という名の国家的詐欺
http://kasakoblog.exblog.jp/17053822/

「福島を最終処分場にしろ。
福島の除染は桜島の噴火が終わってないのに洗車するのと同じ」 (田中康夫氏)

コメント   この記事についてブログを書く
« ☆日本農業新聞3月13日3面TP... | トップ | ☆新幹線200系のラストラン ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

●YAMACHANの雑記帳」カテゴリの最新記事