飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し一丸となって政権奪取しよう♪

★憲法九条厳守★オリーブの樹(統一名簿)★日米安保見直し★原発廃棄★日々是好日★好きな演歌

◆立憲・枝野氏“上から目線” 国民との統一会派は必然の決裂

2019年08月16日 16時40分07秒 | ●YAMACHANの雑記帳

立憲・枝野氏“上から目線” 国民との統一会派は必然の決裂

さすがに、立憲民主党の枝野代表に対して批判が噴出している。

 15日、枝野氏と、国民民主党の玉木代表は、統一会派の結成について話し合ったが、結局、モノ別れに終わった。

玉木氏(左)と枝野氏(C)日刊ゲンダイ

玉木氏(左)と枝野氏(C)日刊ゲンダイ

 会談後、枝野氏は「われわれの提案にお答えになっていないので、お持ち帰りいただいた」とエラソーに語ったが、話し合いが決裂することは、最初から予想されたことだという。ある野党議員がこう言う。

「統一会派の結成は、野党第1党である立憲民主党から呼びかけています。でも、とても国民民主党がのめない条件をつけてきた。まず、①対等な立場ではなく、立憲民主党の会派に加わること。さらに、②立憲民主党の政策に賛同すること③統一会派を組むのは衆院だけ……というものです。いくら野党第1党とはいえ、あまりにも“上から目線”です。あれでは、さすがに国民民主の玉木代表ものめないですよ。玉木代表は、参院を含めた対等な立場での統一会派結成を逆提案したが、枝野代表が『提案の答えになってない』と蹴飛ばしたのが、決裂のいきさつです」

もともと、枝野氏は国民民主党がのめないことを承知しながら、条件を突きつけた可能性があるという。

「枝野さんの戦略は、あくまで国民民主党の吸収合併です。しかも、党と党の合併ではなく、議員一人一人を個別に立憲に入党させる。いつまでも自分が“お山の大将”でいられるからです。党と党の合併だと小沢一郎さんのように自分より力量のある政治家が入党してしまう。それだけは避けたいのでしょう」(政界関係者)

 これでは、野党結集は進まない。今ごろ、安倍首相は高笑いしているのではないか。

この際、「れいわ新選組」と組め🌷

コメント   この記事についてブログを書く
« ★長崎県東彼杵郡川棚町川原と... | トップ | ◎昭和天皇は何を語ったのか ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

●YAMACHANの雑記帳」カテゴリの最新記事