飛騨の山猿@飛騨MAVERICKマーベリック新聞・小沢アレルギーと共産党アレルギーを捨てて明るい未来を志向しよう。

●オリーブの樹(野党連携)●原発廃棄●憲法九条厳守●そもそも日米安保を根底から見直す時期では?●たまには演歌

★名護市長選、4日に投開票 辺野古移設で審判

2018年02月04日 10時13分42秒 | ●政治と市民運動

名護市長選、4日に投開票 辺野古移設で審判

沖縄県名護市長選で支持を訴える稲嶺進氏(左)と渡具知武豊氏=いずれも3日午後

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2018020301001833.html

 沖縄県名護市長選で支持を訴える稲嶺進氏(左)と渡具知武豊氏=いずれも3日午後

沖縄県名護市辺野古への米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設が最大の争点となった任期満了に伴う名護市長選は4日に投票、即日開票される。移設反対の現職と、安倍政権が支援し、移設推進の立場で活動してきた新人による激戦となった。市民の審判は、深夜に判明する見通しだ。選挙結果は政府が進める移設工事や、12月に任期満了を迎える知事選に影響する可能性がある。立候補しているのはいずれも無所属で、3選を目指す現職稲嶺進氏(72)=民進、共産、自由、社民、沖縄社大推薦、立民支持=と、元名護市議の新人渡具知武豊氏(56)=自民、公明、維新推薦=の2人。(共同)

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ★小野寺五典防衛相は同様案件... | トップ | ★橋下徹氏のスラップ訴訟!「... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。