飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し一丸となって政権奪取しよう♪

★憲法九条厳守★れいわ新選組★オリーブの樹(ベーシックインカム)★日米安保見直し★原発廃棄★好きな演歌

☆「戦争立法に反対する国会前抗議行動 (SEALDs)」: コール⑧(和香子さん、紅子さん)~閉会【16/16】

2015年07月11日 14時13分51秒 | ●YAMACHANの雑記帳
2015.07.10「戦争立法に反対する国会前抗議行動 (SEALDs)」: コール⑧(和香子さん、紅子さん)~閉会【16/16】2015/07/10 に公開 The River
「戦争立法に反対する国会前抗議行動」(第6回)

日時:2015年7月10日(金)【6月5日(金)から毎週金曜日】
   19:30〜21:30
場所:国会議事堂前北庭エリア
主催:SEALDs(シールズ:Students Emergency Action for Liberal Democracy - s/自由と民主主義のための学生緊急行動)
   http://www.sealds.com/
 SEALDsは、先日閣議決定された安保関連法案に反対し、毎週金曜日19時半から国­会前での抗議行動を始めます。 世論調査によると、国民の7割以上がこの法案について「説明不足」だと回答しているの­にもかかわらず、与党は、今月の下旬までに法案を強行採決し可決させようとしています­。この法案は、武力攻撃事態法や自衛隊法など10本の現行法を一括して改正する「平和安­全法制整備法案」と、戦争中の他国軍の後方支援を可能にする新法「国際平和支援法案」­の2本で構成されています。これらは日本が武力行使できる機会と範囲をこれまで以上に­拡大させるもので、大枠は、a. グレーゾーン事態への効果的な対応、b. 集団的自衛権の行使、c. 戦時中の外国軍への軍事支援、を可能にするものです。私たちがこの法案に反対する主な理由は以下の3つです。
①これらの安保法制が実質的に「戦争法案」であり、戦後70年の日本の平和主義の伝統­を骨抜きにして「戦争できる国」へと転換させるものであること
②これら安保法制が日本国民の安全を保障しない可能性が高いこと
③「積極的平和主義」の名のもとに立憲主義を崩壊させること
これは人の生死に関わる大きな問題です。わたしやあなたは戦場には行かないかもしれま­せん。しかし、私たちと同世代の自衛隊員が戦場に赴き、命を落とすことが起こりうると­いうことを想像してみてください。これから先、戦争にいくことになるのは、まだ選挙権­を持たない子どもたちです。ここで見てみぬふりをして後悔をするのは、あなた自身です­。70年間戦争をしない国を守り続けた大人たちがいることを私たちは知っています。私­たちはそのバトンを受け継ぎ、次の世代にまで繋げていきましょう。この法案を阻止するには人が声をあげ、その声を可視化させることが必要です。少しでも­この法案に違和感を抱いているのであれば、反対と声をあげましょう。そして、友人、恋­人、家族などに少しでも知ってもらうことから始めましょう。私たちには、現状を変えて­いく力があります。本気でこの「戦争立法」を止めてやりましょう。少しの時間でもいい­ので、国会前に足を運んでください。あなたが動くか動かないかにかかっています。
https://www.facebook.com/events/31548...
《生活の党と山本太郎となかまたち》
よろしければ、1日1回、ランキングの応援クリックをしてくださいませ。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント   この記事についてブログを書く
« ■川内原発1号機“燃料装填”完了 | トップ | ■田代まさしさん「僕はまだ立... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

●YAMACHANの雑記帳」カテゴリの最新記事