飛騨の山猿マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し自公維から政権奪取しよう♪

★憲法九条厳守
★ベーシックインカム
★日米安保条約改定
★オリーブの木構想
★れいわ新選組
★生活に演歌を

私は小沢一郎を支持する(3)~佐高信

2010年09月08日 10時41分42秒 | ●YAMACHANの雑記帳
http://octhan.blog62.fc2.com/
ゲンダイ的考察日記
小沢一郎ネタ] 私は小沢一郎を支持する(3)~佐高信
*コピペで御免なさい。
菅直人首相とは長い付き合いだが、新党さきがけをつくった盟友、田中秀征らを裏切って、民主党に走った経緯を見ても、信用できないところがある。その田中が「小沢一郎は自分からは人を裏切らない」と言っているんです。
菅は今年の正月、小沢邸に行って、媚(こ)びた。ところが、いまは「政治とカネ」で小沢を攻撃する。普天間の問題では、鳩山内閣の副総理だったのに、知らんぷりを決め込んでいた、そして、今、日米合意が大切と言う。日米合意の前に国民との約束はどうするのか。こういう言動はものすごくおかしい。
イラ菅ではなく、ウロ菅ではないか。権力の匂いを嗅ぎ、その周辺をウロつくウロ菅です。
菅を見ていると、愛嬌のない小泉純一郎だと思いますね。小泉は郵政省を敵にして、財務省とは手を組んだ。官との対決を演出したが、財務省は聖域だった。菅も似ています。厚労省は敵に回すが、財務省とは組む。消費税増税発言からも明らかです。
国民はなぜ、民主党に政権交代させたのか。官僚主導国家を変えてもらいたいからです。役人が勝手なことをやる“役害”政治を一掃して欲しい。それでは、役人が嫌がり、恐れるのは、菅直人なのか小沢一郎なのか。圧倒的に小沢一郎ではないですか。
小沢の政治とカネは完全にクリア
政治とカネの問題についても、国民は検察があれだけ調べて起訴できなかった事実の重みを知るべきです。厚労省の村木元局長の事件を見てもわかるように、検察はムチャクチャをやる。事件を平気でデッチ上げてしまう。しかも相手は小沢一郎だ。官=検察がもっとも憎むべき相手です。秘書を逮捕し、事務所をガサ入れし、小沢本人も何度も呼んだ。しかし、事件にできなかった。
原敬は「政党を殺すのは軍部と検察だ」と言っている。平沼麒一郎らが検察権力を使って、政党政治を潰そうとしたからです。小沢は原敬と同郷で、尊敬している。小沢の心の中には、原敬と同じような検察観があるのでしょう。私も同感で、今も検察は信用しない。その検察も小沢には手を出せなかったのです。
私と小沢とは憲法観が違いますが、小沢一郎は旧社会党への配慮もあって憲法改正を引っ込めている。ここも安心できます。一方の菅直人は松下政経塾出身の改憲論者に担がれている。私は松下未熟塾と呼んでいる。彼らには何をやらかすかわからない怖さがある。(敬称略)
▽さたか・まこと 1945年、山形県酒田市生まれ。高校教師を経て文筆活動に。「逆命利君」「官僚国家=日本を斬る」など著書多数。
【私は小沢一郎を支持する 連載③】より
(日刊ゲンダイ 2010/09/07 掲載)
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村革命的改革を望んだはずだ。エイエイオー♪
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミヤネヤで小沢遼子・勇気あ... | トップ | 「女性天皇」に前向き 小沢... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

●YAMACHANの雑記帳」カテゴリの最新記事