飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し一丸となって政権奪取しよう♪

★憲法九条厳守★オリーブの樹(統一名簿)★日米安保見直し★原発廃棄★日々是好日★好きな演歌

日本、★G7声明で原発堅持を主導 「懸念」削除、チェルノブイリ後

2017年12月20日 10時41分30秒 | ●YAMACHANの雑記帳

日本、G7声明で原発堅持を主導 「懸念」削除、チェルノブイリ後

1986年にソ連(現ウクライナ)で起きたチェルノブイリ原発事故を巡り、主要国首脳会議(G7、東京サミット)の議長国だった日本が原発推進路線を堅持しようと、事故の数日後から合意文書作りを主導していた実態が20日公開の外交文書で判明した。サミットでは、原案にあった事故への「懸念」の表現が削除され、「原子力は将来ますます広範に利用されるエネルギー源」と記した声明が発表された。冷戦下でソ連がほとんど事故の情報を公表せず、原因や被害規模がよく分からない段階から、日本が原発維持の国際合意形成に動いた史実が明るみに出た。(共同)

 爆発事故を起こしたチェルノブイリ原発=1986年5月(ロイター=共同)

 爆発事故を起こしたチェルノブイリ原発=1986年5月(ロイター=共同)


コメント   この記事についてブログを書く
« ★Navy Jets Intercept UFO (V... | トップ | ★生活ぎりぎり■早く死ねか »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

●YAMACHANの雑記帳」カテゴリの最新記事