飛騨の山猿@飛騨MAVERICKマーベリック新聞・小沢アレルギーと共産党アレルギーを捨てて明るい未来を志向しよう。

●オリーブの樹(野党連携)●原発廃棄●憲法九条厳守●そもそも日米安保を根底から見直す時期では?●たまには演歌

◎2018.06.15 UPLAN 強行採決から1年やっぱり共謀罪はいらない!6・15集会

2018年06月16日 11時19分59秒 | ●政治と市民運動

2018.06.15 UPLAN 強行採決から1年やっぱり共謀罪はいらない!6・15集会

三輪祐児
 【共謀罪廃止のための連絡会】 昨年6月15日、共謀罪法が国会で強行採決され、異例の速さで7月11日に施行されました。 国会提出から3カ月足らず、審議すればするほど多くの疑問が湧く中、国会法の趣旨を踏みにじる乱暴な手続きでの成立でした。 言論・表現の自由は、団体・個人を問わず、主権者である私たちすべての市民にとって、根幹となる大切な権利です。 この表現の自由を規制する罪は廃止する以外ありません。 昨年12月には、衆議院で共謀罪法廃止法案が提出されました。 共謀罪法はつくられましたが、同法に反対する声は衰えていません。 共謀罪法の廃止を求める集会を開きます。 集会内容 ・司会米田祐子さん(共謀罪NO!実行委員会) ・主催者挨拶芹澤斉さん(自由人権協会) ・政党挨拶 ・歌Milk〔弥勒〕(唄・三線yayoとピアノ・コーラスmeguによる女性二人のokinawaユニット)

話し合うことはテロ?

共謀罪の狙いはテロ対策ではない! スノーデンの警告に耳を傾けよ



ジャンル:
憲法・法律
コメント   この記事についてブログを書く
« ★「溶岩まるで川」 ハワイ州... | トップ | ◆トランプ「場当たり外交」の... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。