飛騨の山猿@飛騨MAVERICKマーベリック新聞

●オリーブの樹(統一名簿)を目指し野党連携●原発廃棄●憲法九条●日米安全保障条約をやめて日米友好条約にする●癒しの演歌

★「次は私たちの番だ!」SEALDsの流れを継ぐ新団体「未来のための公共」国会前集会

2017年03月18日 17時38分11秒 | ●政治と市民運動

SEALDs系の新団体が初集会
http://mainichi.jp/articles/20170318/ddm/041/040/126000c
安全保障関連法に反対し、昨年解散した若者グループ「SEALDs(シールズ)」の元メンバーらが結成した新団体「未来のための公共」が17日、国会前で初めての集会を開き「政治の間口を広げるため、不安や違和感を気軽に話そう」と訴えた。新団体のメンバーは、学生や子育て中の母親ら。「自由に考え、話せる場にしたい」との思いから、特定のテーマは設けず、参加者が関心のある問題を取り上げる。当面は、毎週金曜日に国会前に集まるという。
『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <あさパラ>波乱広がる森友問題 | トップ | ★自由党に変わりました!('17... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。