飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し一丸となって政権奪取しよう♪

★憲法九条厳守★れいわ新選組★オリーブの樹(ベーシックインカム)★日米安保見直し★原発廃棄★好きな演歌

◆値下げ制限は独禁法違反 セブンイレブンに賠償命令

2019年01月25日 18時35分23秒 | ●YAMACHANの雑記帳

値下げ制限は独禁法違反 セブンイレブンに賠償命令

大手コンビニのセブン―イレブン・ジャパン(東京)加盟店の元経営者の男性(57)が、値下げ販売を不当に制限されたなどとして、同社に約2600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、福岡地裁は15日、制限を独禁法違反と認め、同社に220万円の支払いを命じた。弁護団によると、同社の値下げ制限について、独禁法違反で賠償を命じたのは初めて。田中哲郎裁判長は判決理由で「値下げ販売をやめるように繰り返し指導したことで、店側の取引を不当に拘束した。拘束がなければ、値下げすることで利益を上げることができた」と述べた。判決によると、セブン―イレブンでは、弁当などの廃棄分が増えると、原価が店側の負担となり、経費が増える仕組みになっている。この仕組みを加盟時に同社が説明したかどうかについても争われ、判決は「説明がなかった」との男性の主張を認めたが、男性は少なくとも経費負担があることは認識していたとして、賠償は認めなかった。男性は1997年、福岡市博多区に加盟店を開業。2008年に経営不振を理由に閉店した。セブン―イレブンによると、値下げ制限をめぐって公正取引委員会から09年に排除措置命令を出されたことを受け、現在は加盟店の値下げを一部容認、廃棄分原価の15%を同社が負担している。同社は判決を受け「内容は承服できるものではなく控訴する」とのコメントを出した。〔共同〕

セブンイレブン排除措置命令 独禁法違反 

2009年6月放送(全国) 社長は一部の社員に責任転嫁。 組織ぐるみの「犯行」であることは明らかなのに。 そこら辺の社員に聞いてみなよ! 契約書では店に価格の決定権を与えておきながら実際は禁止。 本部の独禁法違反でもあり、加盟店との契約違反でもあります。 →2014年の状況 コンビニ経営者はボランティアではないのです! https://youtu.be/j2fXYBBF5wg

まだ裁判してたのか(# ゚Д゚)

作曲家 中島みゆき 10 Songs


コメント   この記事についてブログを書く
« ◎前川喜平氏が憂慮する「安倍... | トップ | ◎沖縄全県で県民投票へ 条例... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

●YAMACHANの雑記帳」カテゴリの最新記事