飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し一丸となって政権奪取しよう♪

★憲法九条厳守★オリーブの樹(統一名簿)★日米安保見直し★原発廃棄★日々是好日★好きな演歌

◎長崎原爆73年、平和祈念式典 核兵器に依存せぬ安保要求

2018年08月09日 09時50分59秒 | ●YAMACHANの雑記帳


長崎原爆73年、平和祈念式典 核兵器に依存せぬ安保要求

長崎は9日、被爆から73年を迎えた。長崎市松山町の平和公園で、平成時代最後の「長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」が営まれる。田上富久市長は平和宣言で、核兵器禁止条約の早期発効や核に依存しない安全保障を、国際社会に求める。国連からは、事務総長が初めて式典に出席。現職のグテレス氏は、被爆者や市民らを前にあいさつの言葉を述べる。原爆投下時刻の午前11時2分、参列する市民らが黙とう。田上氏は宣言で、北朝鮮の非核化に向けた動きへの期待や、被爆者の思いを次世代に継承することの意義にも言及する方針。(共同)

 被爆から73年の原爆の日を迎え、長崎市の浦上天主堂で開かれた追悼ミサで手を合わせる女性=9日午前

 被爆から73年の原爆の日を迎え、長崎市の浦上天主堂で開かれた追悼ミサで手を合わせる女性=9日午前

長崎新聞

きょう73回目の長崎原爆の日 核廃絶へ「被爆者と連帯」

グテレス国連事務総長も参列

 長崎は9日、原爆投下から73回目の「原爆の日」を迎えた。長崎市松山町の平和公園で営まれる「長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」(平和祈念式典)には米国やロシアなど核保有8カ国を含む71カ国の大使らが参列を予定。初めて参列する国連のグテレス事務総長は8日、市内で田上富久市長や中村法道知事、被爆者らと面会、核廃絶を目指し「長崎、広島、被爆者と連帯するためここに来た」と述べた。
 平和祈念式典には遺族や被爆者、安倍晋三首相らも参列。午前10時40分に開始し、7月末までの1年間に死亡が確認された3511人の原爆死没者名簿4冊が奉安される。名簿には核廃絶運動を長年けん引し、昨年亡くなった谷口稜曄(すみてる)さんと土山秀夫さんも含まれる。累計で17万9226人分となる。
 原爆投下時刻の11時2分に黙とうする。田上市長は「長崎平和宣言」で、核保有国に核軍縮への誠実な取り組みを求め、日本を含む世界各国に核兵器禁止条約への署名、批准を訴える。長崎で被爆した日本原水爆被害者団体協議会(被団協)代表委員、田中熙巳さん(86)=埼玉県新座市=が県外在住者として初めて被爆者代表の「平和への誓い」を務め、核禁条約や憲法9条への思いを述べる。
 式典映像は、長崎原爆資料館(平野町)と長崎ブリックホール(茂里町)でも生中継する。県内各地で平和集会や追悼行事が開かれ、長崎は祈りに包まれる。
 8日、中村知事は、面会したグテレス事務総長に対し「核のない世界を実現するには被爆の実相を理解することが大切」と述べ、各国の指導者に被爆地訪問を働き掛けるよう求めた。
 同日夜は平和公園で子どもたちが作った約3800本のキャンドルが点灯され、平和を願うコンサートが開かれた。

国連事務総長が初出席 73回目の「長崎原爆の日」(18/08/09)


コメント   この記事についてブログを書く
« ◎市民と野党の「本気の共闘」... | トップ | 【追悼・翁長雄志 沖縄県知事... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

●YAMACHANの雑記帳」カテゴリの最新記事