飛騨の山猿@飛騨MAVERICKマーベリック新聞・小沢アレルギーと共産党アレルギーを捨てて明るい未来を達成しよう。

●オリーブの樹(統一名簿)を目指し野党連携●原発廃棄●憲法九条●日米安全保障条約をやめて日米友好条約にする●癒しの演歌

☆沖縄・名護市長選が告示 辺野古移設巡り一騎打ち

2018年01月28日 10時59分21秒 | ●政治と市民運動

 米軍普天間飛行場移設に向けた護岸工事が進む沖縄県名護市の辺野古沿岸部=27日午後(共同通信社機から)

米軍普天間飛行場移設に向けた護岸工事が進む沖縄県名護市の辺野古沿岸部=27日午後(共同通信社機から)

沖縄・名護市長選が告示 辺野古移設巡り一騎打ち

沖縄県名護市辺野古への米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設が最大の争点となる名護市長選が28日告示され、いずれも無所属で3選を目指す現職稲嶺進氏(72)=民進、共産、自由、社民、沖縄社大推薦、立民支持=と、元名護市議渡具知武豊氏(56)=自民、公明、維新推薦=の2人が立候補を届け出た。2月4日投票票。移設反対を掲げる現職に、移設推進だった新人が挑む一騎打ちの構図で、激戦が見込まれる。結果は安倍政権が進める移設工事や、12月に任期満了を迎える知事選にも影響を与えそうだ。市長選はこれまで容認・推進派が3回勝利。前回は反対派の稲嶺氏が再選された。(共同)

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◎5野党、沖縄・名護でそろい... | トップ | ◎山本太郎トークセッションi... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。