飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し一丸となって政権奪取しよう♪

★憲法九条厳守★れいわ新選組★オリーブの樹(ベーシックインカム)★日米安保見直し★原発廃棄★好きな演歌

☆活断層上の原発を続けるも地獄、廃炉も地獄

2013年01月29日 10時11分42秒 | ●YAMACHANの雑記帳
活断層と原発、そして廃炉 アメリカ、ドイツ、日本の選択

http://www.dailymotion.com/video/xx2ixm_yyyyyy-yyyyy-yyyy-yyy-yyyyy_news

投稿者tvpickup
日本TV NNNドキュメント13
3・11大震災 シリーズ 2013.1.28

今、原発敷地内の破砕帯が活断層かどうか?が問題となっている日本の原発群。今後を考えるヒントとなる原発をアメリカで見つけた。伝えたい3つの事。①フンボルト原発では、操業後に敷地の近くに活断層が見つかった。そして後に廃炉となる。どういう経緯だったのか?②ボデガ原発でも建設中、直下に一本の小さな断層が見つかり、建設中止となった。なぜ?③ディアブロ原発は、5㎞沖に活断層が見つかり44億ドルかけて耐震補強した。存続させるのに、超巨額が必要な事がわかる。更に、原発ゼロを決定し廃炉作業を進めるドイツの廃炉会社を取材。見えて来たのは廃炉完了までに途方もない労力とコスト、気の遠くなる歳月が必要な事…まさに活断層上の原発を続けるも地獄、廃炉も地獄…。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村★ならば、廃炉しかあるまい。>>皆の衆

コメント   この記事についてブログを書く
« 野口悠紀雄氏:インフレ目標2... | トップ | ☆ハイ、市役所です 奥飛騨温... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

●YAMACHANの雑記帳」カテゴリの最新記事