飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し一丸となって政権奪取しよう♪

★憲法九条厳守★れいわ新選組★オリーブの樹(ベーシックインカム)★日米安保見直し★原発廃棄★好きな演歌

◉【Live】れいわ新選組代表山本太郎街頭記者会見 和歌山駅前 2019年12月2日

2019年12月02日 20時36分17秒 | ●YAMACHANの雑記帳

【Live】れいわ新選組代表山本太郎街頭記者会見 和歌山駅前 2019年12月2日

チャンネル登録者数 5.94万人
 
コメント

◉参議院インターネット審議中継

2019年12月02日 13時06分06秒 | ●YAMACHANの雑記帳

参議院インターネット審議中継

お知らせ

  • 第200回国会(臨時会)は、10月4日に召集されました。
    会期は12月9日までの67日間です。
  • 具体的な視聴方法については、「参議院インターネット審議中継のご利用方法」をご覧ください。
  • ※参議院公報においてあらかじめ各議員に通知される開会時刻(公報掲載時刻)の10分前に、アイコンが「中継予定」から「中継中」に切り替わり、会議タイトルの配信が始まります。なお、会議の予定は変更が生じる場合もあり、公報掲載時刻を過ぎても会議が始まらないことがあります。
2019年12月2日の審議中継
 会議名公報掲載時刻
中継中 本会議 13:00
 
中継予定 決算委員会 15:00
 
コメント

◉日韓「慰安婦」合意 見直しは「約束違反」か 秘密協議 深刻な中身

2019年12月02日 12時24分33秒 | ●YAMACHANの雑記帳

政治考/日韓「慰安婦」合意 見直しは「約束違反」か/秘密協議 深刻な中身

安倍政権は、韓国大法院の徴用工判決に加え、文在寅(ムン・ジェイン)政権が2015年の日韓「慰安婦」合意に基づいて設立された「和解・癒やし財団」の解散を進める(昨年11月21日)としたことで「韓国は約束を守らない国」と非難し、貿易制限措置を正当化してきました。「慰安婦」合意の見直しは「約束違反」なのか―。「和解・癒やし財団」の解散に至る経緯を考えます。


写真

(写真)ソウルの日本大使館前での水曜デモで、「慰安婦」問題をめぐる日韓合意に抗議する市民=15年12月30日(遠藤誠二撮影)

 15年12月28日、岸田文雄外相(当時)と韓国・朴槿恵(パク・クネ)政権の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相との間で、日韓「慰安婦」合意は交わされました。

 注目されたのは、安倍晋三首相が「総理大臣として」「心からおわびと反省の気持ちを表明する」とし、元「慰安婦」支援の財団設立に「日本政府の予算で一括して拠出」するとしたことでした。そのうえで「(慰安婦)問題の最終的かつ不可逆的解決」を確認しました。

 政界関係者の一人は「安倍首相は、口が裂けても慰安婦問題で『おわび』など言いたくないし、『おわび』の性格を持つ政府資金の拠出は1円たりともしたくないはず。『合意』を不思議に感じた」と当時を振り返ります。

 元日本政府高官の一人は「米オバマ政権は対中戦略上、日韓の対立に神経をとがらせていた。1965年の日韓基本条約から50年の節目の年に、何とか『解決』のめどを見つけようとしていた」と述べます。

真剣さに疑問

 ところが安倍首相は、「合意」からひと月もたたない年明けの国会で「性奴隷といった事実はない」「軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示すような記述は見当たらなかった」(16年1月18日の参院予算委員会)と、日本軍「慰安婦」問題の核心を否定する発言をくり返しました。

 また、首相自身が元「慰安婦」におわびの手紙を直接送る可能性を問われると「毛頭考えていない」と発言(同年10月3日の衆院予算委員会)。直接、「おわび」を表明することを固く拒否したのです。「合意」における、おわびの真剣さが疑われました。

文政権が検証

 決定的転機が訪れたのは17年5月に文在寅政権が誕生してからです。文政権は、朴槿恵政権下の「慰安婦」合意の検証に着手。朴政権が倒れ、文政権が誕生した大統領選挙では「文在寅候補だけでなく、保守系も含めすべての候補が、『慰安婦合意の検証』を公約に掲げていた」(韓国メディア関係者)といいます。

 同年12月28日、韓国外務省・作業部会は検証結果の報告書を公表しました。

 報告書は、日韓「慰安婦」合意に、「非公開部分」があり「ハイレベル協議において決定された」と明記。その内容は極めて深刻でした。

日本側「性奴隷の言葉使うな」

写真

(写真)ベルリンのブランデンブルク門前で開かれた日本軍「慰安婦」問題の解決を訴える集会で、手作りの「少女像」と並んで座り連帯を表す女性=2018年8月15日(伊藤寿庸撮影)

 非公開協議を担当したのは、日本側は谷内正太郎国家安全保障局長、韓国側は李丙琪(イ・ビョンギ)韓国大統領府秘書室長でした。

 秘密協議における日本側の要求は以下の3点。(1)「今回の発表により慰安婦問題は最終的かつ不可逆的に解決されるので、挺対協(韓国挺身隊問題対策協議会)などの各種団体が不満を表明した場合であっても、韓国政府はそれに同調せず、説得していただきたい。在韓国大使館前の少女像をどのように移転するか」(2)「第三国における慰安婦関係の像・碑の設置については…適切ではない」(3)「韓国政府が今後、『性奴隷』という言葉は使用しないでほしい」

関与の余地残す

 韓国側は(1)について「関連団体との協議を行う等を通じて、適切に解決されるよう努力する」とし、(2)については「このような動きを支援することなく、韓日関係が健全に発展するよう努力する」と答え、いずれも事実上受け入れました。

 (3)に関し、「韓国側は、性奴隷が国際的に通用する用語であることから反対していたが、政府が使用する公式名称は『日本軍慰安婦被害者問題』だけであると確認した」としています。

 報告書は、「韓国政府が、少女像を移転したり、第三国で慰安婦の碑を設置できないようにしたり、『性奴隷(sexual slavery)』という表現を使わないことを約束したものでないが、日本側がこのような問題に関与できる余地を残した」としています。

 「合意」から間もない年明けの国会で、安倍晋三首相が「性奴隷といった事実はない」と言い放ったことは、「非公開」合意が前提であり、「合意」そのものに歴史偽造の狙いが込められていました。

 文在寅政権による「慰安婦」合意検証の作業部会の責任者だった呉泰奎(オ・テギュ)氏は、雑誌『世界』2月号のインタビューで「他国の市民運動の活動を抑制させるような要請自体があり得ないことですし、それを(韓国政府が)受諾したということも信じがたい」と指摘。「今回の日韓合意は、被害国に対して何らかの措置を要求し、それを合意の条件にしたという点では、むしろ以前より後退した」と述べています。

 検証の報告書は、「合意」について「被害者中心、国民中心ではなく、政府中心で合意した」と認定。文在寅大統領は、報告書発表とともに、「非公開協議の存在は国民に大きな失望を与えた」「この合意では慰安婦問題を解決できない」とし、「日本との正常な外交関係を回復していく」と表明しました。他方、文政権は「合意」について「破棄という言葉を使うのは適切ではない」としました。

 外務省元国際情報局長の孫崎享氏は、「歴史問題や人権問題と深い関連を持つ事柄を、一片の政治合意で『最終的かつ不可逆的に解決』すること自体が無理だ。長期に国民を縛る決定なら、国会承認を通す条約にすべきだ」と指摘。また、韓国政府が「秘密協議」を暴露したことについて「機微に触れる部分は秘密にする必要がある。韓国側が自分の都合で蒸し返した」などと“批判”する論調に対し孫崎氏は、「秘密協議の存在は、韓国国民にとって慰安婦合意に重要な付帯条件があったことになる。それを含めなければ合意全体を評価できない以上、公表が必要になる。もともと民主的プロセスを通すべき内容だ」とのべます。

交渉の検証必要

 韓国政府にも責任があります。ただ、検証内容をふまえ、さらなる話し合いが必要だという文政権の姿勢を「約束違反」と言えるのでしょうか。

 「性奴隷」という事実の存在を認めない安倍政権自身の認識と責任が問われているのです。人権の名のもとに、交渉過程の深い検証が必要です。(中祖寅一)

赤旗抜粋2019年12月2日(月)
コメント

◉安倍とトランプの断末魔 「桜」疑惑と弾劾公聴会 ウイークエンドニュース 2019 11 29

2019年12月02日 10時21分27秒 | ●YAMACHANの雑記帳

安倍とトランプの断末魔 「桜」疑惑と弾劾公聴会 ウイークエンドニュース 2019 11 29

チャンネル登録者数 2.36万人
ウイークエンドニュース 2019年11月29日(金) 安倍とトランプの断末魔 「桜」疑惑と弾劾公聴会 [出演] 北丸雄二 (ジャーナリスト) 布施祐仁 (ジャーナリスト) 保坂展人 (東京都世田谷区長) [司会] 司会: 鈴木耕(編集者・ライター) <議論のテーマ> ●安倍「桜を見る会」と前夜祭に法律違反? ・菅も答弁に詰まるぐずぐず・・・ ・誰が招待?「反社」やジャパンライフ ・シュレッダーの能力/捨てれば済むのか公文書 ●トランプ大統領、詰むか 「ウクライナ・ゲート」公聴会 ・民主党の弾劾戦略、どこまで ・トランプ、日韓に負担激増要求 ・米中対立と香港人権法、すべては再選戦略 ●「教育改革」を考える 世田谷区の挑戦 ・校則と教育 ・幼保無償化実施後の現実 ・子どもの貧困と格差の再生産
コメント

◉【リテラより転載】田崎史郎と三浦瑠麗が『朝生』で無理やりすぎる安倍政権擁護連発!「桜を見る会」私物化問題で「証拠あるのか!」「野党ガー!」

2019年12月02日 09時43分04秒 | ●YAMACHANの雑記帳



リテラ > 芸能・エンタメ > テレビ > 田崎史郎と三浦瑠麗が『朝生』で無理やりすぎる安倍政権擁護連発!

田崎史郎と三浦瑠麗が『朝生』で無理やりすぎる安倍政権擁護連発!「桜を見る会」私物化問題で「証拠あるのか!」「野党ガー!」

田崎史郎と三浦瑠麗が『朝生』で無理やりすぎる安倍政権擁護連発!「桜を見る会」私物化問題で「証拠あるのか!」「野党ガー!」の画像1

『朝まで生テレビ!』に出演した田崎、三浦両氏

反社会勢力の招待疑惑など広がりをます、「桜を見る会」をめぐる一連の問題。菅義偉官房長官の「反社の定義は定まっていない」なるトンデモ発言にあらわれるように、窮地に追いやられている安倍政権だが、かたや、テレビマスコミでは“御用コメンテーター”たちが政権擁護を連発。安倍首相今井尚哉首相秘書官を引き連れ、記者クラブの各社キャップを集めた懇談会を開き、マスコミに「ワイドショーはもういいんじゃないか」「NHKの報道はひどい」と“圧力”をかけるなど必死だ。

 そんななか、11月30日放送の『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日)に、あの“自称・国際政治学者”三浦瑠麗氏と、“官邸御用ジャーナリスト”田崎史郎氏が揃って出演。言うまでもなく、三浦氏は「桜を見る会」問題を“呼ばれていない人の嫉妬”に矮小化、田崎氏は“民主党政権も「桜を見る会」をやっている”などと政権のフォローをしまくってきた。

 そんな2人が揃い踏みした『朝生』、安倍擁護の流れになるのは火を見るより明らかだったが、実際、2人は手を替え品を替えフォローや話のスリカエを連発したのであった。

 まず、この日の『朝生』は「激論!安倍長期政権の功罪」と題して、歴代最長政権となった安倍政権を検証するというフレコミだった。パネリスト出演は、自民党柴山昌彦前文科相、片山さつき・前地方創生相、立憲民主党の大串博志衆院議員、国民民主党の大塚耕平参院議員、共産党の宮本徹衆議院ら7人の与野党議員が参加。そこに金子勝・慶應大名誉教授、ジャーナリストの堀潤氏、そして三浦氏と田崎氏を交えて行われた。

 盛り上がりを見せたのは前半、やはり「桜を見る会」問題でのやりとりだ。今年5月9日、共産党が国会質問のために資料の提出を求めた当日、政府が今年分の名簿をシュレッダーにかけた件、つまり情報隠蔽だったのではないかとの疑惑について、片山さつき議員が「今年だけこのタイミングにしているわけではなくて、前の年も、その前の年もそのタイミングでシュレッダーをしている」と内閣府は説明していると主張。

 つまり、シュレッダーの時期は例年通りであり、情報を隠蔽しようとしたのではないと言うのだが、これに対し、国会でもいち早く疑惑に切り込んできた共産党の宮本議員が反論した。周知の通り、政府は今年の「桜を見る会」の名簿を「保存は1年未満」つまり“いつでも処分していい”という決まりに基づいて5月に破棄したと言っているが、これは2018年4月に安倍政権が変更した規定だ。宮本議員は、変更前の2017年には、行政文書としての名簿が「1年間の保存」であったはずであることを挙げて、片山さつき議員が言う「前の年もその前の年もこの(5月の)タイミングでシュレッダーをした」という発言の矛盾をつく。

 なおも宮本議員は説明を続けようとするのだが、片山さつき議員が割り込んで「それはあまりにもテレビでおっしゃるには誤解が与えられる」と追及を遮る。ここで、司会の田原総一朗氏が「田崎さんはどうですか」とふる。すると、田崎氏はシュレッダー疑惑など聞いてなかったかのように、こう話をすり替えたのだ。

「(宮本さんは)じゃあ文書は残ってるってお話なんですか。過去のものではなくて、いま名簿が存在するというご主張なんですか」

 この田崎氏の発言に乗って片山さつき議員が「それは余程の証拠がないとこういう場所では言うべきことじゃないと思います」と発言。つまり、宮本議員は内閣府の説明の矛盾から“シュレッダーのタイミングが例年通りというのは、名簿を隠すためのストーリーではないか”と追及していたのに、いつのまにか「破棄をしていないというなら証拠を出せ!」という反転攻勢にすり替わってしまったのである。まさに“阿吽の呼吸”というやつだろう。

++++++++++++
れいわが始まる 山本太郎全国ツアー【第七弾・近畿】12月2日(月) 14時- 和歌山でのポスター貼りですが、
天候の関係でポスター貼りは中止し、
屋内でポスター貼り講習会を行います。

会場:EU (みその商店街)
和歌山県和歌山市美園町5丁目3?4
https://goo.gl/maps/LRb1Drrrade3senm7
※夕刻の街頭記者会見は予定通りです。
18:00 街頭記者会見
和歌山・JR和歌山駅前西口広場
画像
コメント