飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し一丸となって政権奪取しよう♪

★オリーブの樹(野党共闘・統一名簿) ★原発廃棄 ★憲法九条厳守★日米安保を根底から見直す時期では?★たまには演歌

【飛騨高山年金組合】拍子木・手を繋ぎ未来に繋ぐ市民と野党のつどい

2019年03月23日 20時10分15秒 | 〇お知らせ・私設瓦版

【飛騨高山年金組合】拍子木・手を繋ぎ未来に繋ぐ市民と野党のつどい

野党連携して、政権奪取しよう♪

修正版(笑)

コメント

◎「もの言う」自由を守る会 会員募集中! →「もの言う」自由を守る会 について

2019年03月23日 10時31分31秒 | 〇お知らせ・私設瓦版

https://monoiujiyu-ogaki.jimdo.com/

■ 大垣警察による市民監視事件とは

 岐阜県大垣市上石津町と不破郡関ケ原町に連なる山の尾根に建設予定の風力発電施設建設をめぐって、勉強会を開くなどした地元住民と、脱原発運動などに関わっている市民らの個人情報を、大垣警察が、事業者である中部電力子会社シーテック社に情報提供していたことが、2014年7月24日付朝日新聞(名古屋本社版)がトップ記事で報道し明るみに出ました。

 2014年7月24日付け

朝日新聞名古屋本社版

  記事PDFファイル

 

「大垣署とシーテックの意見交換」の中味は

→ 議事録テキスト版

 

 
 
 
 
 

 証拠保全で入手したシーテック社作成の「議事録」では、市民運動・住民運動への公安警察の敵視が露わで、かつ、長期にわたって「目をつけて」監視していたことが窺えます。発覚の翌年2015年の国会参議院内閣委員会でこの事件が取り上げられた際、警察庁警備局長は、一般論としながらも「管内における…各種事業…風力発電事業…とか道路工事の事業とか様々な事業…等に伴い生じ得るトラブルの可能性について、公共の安全と秩序の維持の観点から関心を有し…必要に応じて関係事業者と意見交換を行っております。そういうことが通常行っている警察の業務の一環だということでございます。」と答弁しました。
 権力をもつ者の意に反する者は監視の対象とし、警察の判断次第で、事業者にも情報提供をするのだ、と開き直ったのです。

 2016年12月、個人名を出された4名が原告となって、岐阜地方裁判所に提訴しました。

   - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

「もの言う」自由を守る会  会員募集中! →「もの言う」自由を守る会 について 

       - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

「もの言う」自由を守る会 ニュースを発行しています

    バックナンバーは    → 「もの言う」自由を守る会ニュース

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

次回口頭弁論のお知らせ

 20日(月) 11時~ 岐阜地方裁判所301号法廷

 10:30に岐阜地方裁判所前にお集まり下さい。

 法廷終了後、報告集会(法廷報告&「きょうの知っ得ポイント」、意見交換)を行います。


ニュース12号を発行しました (2019.1.20)

                           → 「もの言う」自由を守る会ニュース 


2018年12月3日 口頭弁論&ミニ学習会-約90名参加-

 12月3日の口頭弁論には、小雨の降る中、約90名の方に傍聴に来て頂けました。

 この期日について以下にアップしました。

  → 裁判のページ

 陳述された書面は

  → 裁判資料

 
 

ニュース11号を発行しました (2018.9.10)

                           → 「もの言う」自由を守る会ニュース


2018年9月3日 口頭弁論&意見交換会-約100名参加-

 入廷に先立って、署名を提出しました。今回は、裁判報告が長くなり、十分な「意見交換会」ができませんでした。次回は、もっと工夫ます。
原告側は「公安警察」に関する準備書面を陳述しました(第7準備書面元を辿れば特高警察を起源とする公安警察を、憲法に合致させるようにコントロールすることなどできるのか?大きく重い課題ですが、現に権力を保持している側が公然と憲法を壊す動きに出てきている昨今、避けて通れない問題です。

  この日の様子は  → 裁判のページ 

 

双方の提出書面は → 裁判資料  

◎「もの言う」自由を守る会  会員募集中!

 

大垣警察市民監視違憲訴訟の勝利をめざす「もの言う」自由を守る会 

                                                                                 (略称「もの言う」自由を守る会

  共同代表 稲葉當意(真宗大谷派信願寺住職-安八郡神戸町-)

      横山文夫(弁護士・長良橋通り法律事務所所長-岐阜市-)

 

■ 連絡先

   弁護士法人ぎふコラボ 西濃法律事務所
        〒503-0906  岐阜県大垣市室町2-25
        Tel:0584-81-5105   Fax:0584-74-8613

        E-mail:seinolaw@nifty.com

 

■ 会費・カンパ振込先

 ≪郵便振替≫ 

    記号番号= 00800-0- 216504
    加入者名= 「もの言う」自由を守る会 

 

お問合せフォームは ここをクリック 

 
 
コメント

〇岡田知弘先生・講演会のお知らせ/高山市辻ケ森公民館

2019年01月18日 14時51分42秒 | 〇お知らせ・私設瓦版

自治体問題研究所理事長

京都大学大学院教授

〇岡田知弘先生・講演会のお知らせ

「自治体消滅」論を超えて、「地方消滅論・地方創生政策を問う」などの著者が地方経済について講演します。

〇日時 2019年2月9日(土) 午後1時半より3時半

(受付開始 午後1時より)

〇場所 辻ヶ森公民館・・・高山市岡本町2丁目126

〇参加費(資料代) 500円 (TEL0577-33-0595) 

◆主催 高山市まちづくり研究会

◆連絡先 高山市一之宮町1400-2 水野 泉

◆TEL/FAX 0577-53-2600(事務局)

       講演会1  講演会2 講演会3

コメント