傍流点景

余所見と隙間と偏りだらけの見聞禄です
(・・・今年も放置癖は治らないか?)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

JCMの新作『Shortbus』が

2006-10-20 | 戯言・四方山話・メモ
 今年のカンヌ映画祭やトロント映画祭で上映されたのを知って、日本でも早く観たいな~と思ってたんだけど、劇場公開は既に決定されてるようでホッとしたわ~^^) 
JCM(ジョン・キャメロン・ミッチェル)監督:『ショートバス』 → 配給/アスミック・エース 
…ところでアスミックさん。「2006年公開予定」との記載がありますが、あと2ヶ月しかないんですけど、今年…。来年初め頃、東京では恐らく『ヘドウィグ&アングリーインチ』の実績がある渋谷シネマライズあたりで公開ですかね?

 映画の粗筋・テーマはCINEMA COMIN' SOONさんに詳しい。主演がアジア人なのもニヤリとさせられるけど、元々舞台劇(ミュージカル)である『ヘドウィグ~』とは趣を変えた、JMCが映画監督して本当にやりたかったことがストレートに反映されてる作品になっている様子なのも嬉しい。『ヘドウィグ~』は、私的にはここ10年どころか人生の中でも大事にしたい愛しい映画の一本だけど、まあそれはそれ。JCMが先に進む道を見ていきたいからね。

 トレイラーを観たら…なんかコレは彼が監督した、これまた我が愛しの鋏姉妹@シザー・シスターズの、米国では放送禁止になったらしいPV【Filthy / Gorgeous】(Director's cut ver.)と、雰囲気かなりカブってる模様でオオッと思ってしまったよ~。 → 無修正版をリンクしてみたので、ご興味のある方はどうぞ。サイコーです! もうジェイク&アナのクイーン!(其々違う意味で)っぷりがたまりません! ついでにJCM本人も出ている…んじゃないかな?と思うんだけど、違うかなー。

★蛇足
 ところでシザー・シスターズといえば、2ndアルバム『Ta-Dah』の出来も震えるほどに素晴らしく(コレはちゃんとレヴューするつもり!)ラッキーにもついこないだの日曜にMTVのイベントに当選してようやく観た初体験ライヴで、すっかりどっぷりと夢見心地。今の私は殆ど毎日彼らの音に漬かっております。
 そして、そんなアタクシの秘かな希望は、そのうちJCMがシザー・シスターズの映画、もしくはジェイク&アナの主演作を1本撮ってくれることだったりするのであった…あながち、望みがない訳じゃなさそうだしね(笑>目指している地点の共通点はバッチリ合ってるもんなー)。


☆ この世のすべてのはみだし者への愛を込めて。JCMのデビューにして代表作、グラム・ロック魂溢れるロックンロール映画の傑作はコチラ!!

★ …などと書いてたら、いつも素晴らしいセレクションの池袋・新文芸座が『ヘドウィグ~』を上映!(於11/1:併映は『イン&アウト』)10/28からの≪GAGA祭り≫の一環ですね。しかも、翌日はフランソワ・オゾンの2本立てだよ…。KILL BILL1・2の連続上映もイイなあ。(新文芸座はオールナイト企画も凄い。ディランと東京裁判は気になるな。今やってる増村保造特集も激しく心動かされるのだけど、ねえ)
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 神無月鑑賞希望&TIFF鑑賞予... | トップ | TIFF鑑賞報告①~『2:37』 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです。 (真紅)
2007-02-25 02:42:00
shitoさま、こんにちは。ご無沙汰しております。
昨年、『嫌われ松子』の記事でshitoさまがこの映画について触れられていたのが印象的でずっと気になっていたのですが、やっと観ることができました。
TBが飛びませんのでURLを貼り付けさせていただきました。また時間をおいてトライさせて下さい。
私は何の予備知識も無く観たので、JCMがまさか主演もしているとも知らず、驚愕しました。
本当に、素晴らしい映画ですね。
一見キワモノなのですが、物凄く普遍的な愛の物語だと思いました。
私にとっても、とても大切な一本になりました。ありがとうございます。
『ショートバス』果たして観られるのでしょうか?楽しみですね。
お忙しいようですがご自愛下さいね。ではでは。
おお、ご覧になりましたか! (shito)
2007-02-26 23:26:55
真紅さん、お久しぶり&コメントありがとです^^
TB出来ませんか? んー私もしばらく放置し放題でしたが、真紅さんの『ヘドウィグ&アングリー・インチ』の記事は拝読いたしました。激しく気に入って頂いたようで、まるで我が事のようにウレシイ次第であります♪
私の場合、基本的にキワモノ好きなんで(苦笑)ヘドウィグなんて全然無問題!レベルなんですけど---とりあえず、グラム・ロック愛好者として本作は熱愛せずにはいられない作品であります。

『ショートバス』、ちゃんと日本公開予定作品にはなってるので大丈夫と思いますよ? JCMの新境地的作品になってるとイイな~、と今から期待に胸ふくらませておりますわ^^

戯言・四方山話・メモ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事