ニャンともルーム 別館

ニャンズと共生。何気ないニャンズのしぐさで癒される日々。

アイちゃん手術中止というか・・・

2017-11-07 16:51:53 | 猫話

今朝、みんながご飯を食べるのに、

アイちゃんは手術のため食べれませんでした。

キャリーバッグに不機嫌そうに入って

いざ、獣医科附属病院へ

隣にシュナウザーの可愛いワンちゃんがいて、

聞くと、

子宮蓄膿症があって、しかも胃がんかもしれないと言われて手術するとのこと。

子宮蓄膿症は、避妊手術してたらないのではと思って聞くと、

なんでも避妊手術はしたのだが、卵巣が残ってしまっていたそうである。

そんなこともあるのかと驚いた。

先に呼ばれたので、

アイちゃんを連れていくと、

ポワロを手術してくれたH先生だった。

アイちゃんを見て、

どうあるの?

と聞かれ、今までの経緯を話した。

先生は、アイちゃんを診て

ほとんど症状はないよね?

状態はいいのに手術する?

と聞かれ、

実は、手術するのを迷っています。

と正直に話した。

今の状態であれば、日常生活全く問題もないのに、手術が必要なのか?

先生は、

今の状態が維持できているなら、無理して手術する必要はないと自分は考えるよ。

と言われ、

先生と自分の考えが一致したので手術なしとなった。

ほっとした。

もし、何らかの症状が出たら、写真や動画を撮って送りなさいと言われた。

帰りにアイちゃんを診てもらっている病院に寄って話をした。

耳の掃除をして、爪と毛玉を切って帰った。

帰って、おいしいご飯で機嫌を直してもらった。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 愛護センターの譲渡会 | トップ | 譲渡会の新しい形? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

猫話」カテゴリの最新記事