サマンサマムとタバサの日記 夢は叶う・・・ 

不思議とシンクロが起きる事故からの闘病日記

シンクロな話35 こんな遠くに来てまでも・・

2016-12-07 | 不思議な不思議な闘病記
お疲れさまです。いつもありがとうございます。


今日も 訪問リハビリに来ていただき 身体を解して頂いたら

やはり その後のトランスが スムーズに行きました。

日々の積み重ねが やはり大事なんですね。


夜のFNS歌謡祭では 西城秀樹さんが YMCAをしながら 歌われていらっしゃる姿を観て

先月の 感動的なコンサートを思い出し

もっと もっと 頑張らなきゃ!!と 改めて感じました


ところで・・お話の続きです。


この時の入院は 急だった事もあり・・

身内には伝えたものの 友人などには 心配し 気を遣わせてしまうとも思い

内緒にしていました。


当時 こちらの病院では 脳外科病棟が 満床の為 

他の病棟をお借りして 入院患者さんを入院させているようで


娘も 急だった事もあり 全く関係の無い病棟の 4人部屋に 入院となりました。。


娘は この時 遠く離れた病院という事と 周りに 誰一人 知り合いが居ないという不安から とても心細そうにしていました。


私も 何かあっても タクシーを飛ばして来られる距離ではない為

娘を置いて帰る際も ちょっと 不安な気持ちになっていました。。


それでも 夕方になり さすがに そろそろ帰らないと・・・・と 思い


「それじゃあね。また明日 なるべく早めに来るから 大人しくして 待っていてね。」と 声をかけ

病室から 出ようと思った時でした。


入口に近いベッドの 70代位の患者さんに付き添われていらっしゃる 女性に

「お大事に。。。」と 声をかけ 部屋を出ようとすると・・・


その女性が・・「あの・・・サマンサさんですよね?」と。


「えーーっ! 何で こんな遠くに来て 私の名前を知っているの!?」と 思い

目の玉が飛び出るほど びっくりしていると・・


以前 私が 娘の事故が起きるまで勤めていた パート先のお店の 

お花屋さんに勤めていた方でした。


お話をしているうちに・・・


何百人と パートさんがいる中 

そういえば・・何度か お花屋さんに お手伝いに行った事があり・・

でも 大変失礼ながら 覚えていない(/_;)


そういえば・・いらしたかも。。。? と 思い出しましたが


その方は 娘と違って なかなか 人の顔と 名前を憶えない私とは違い

有り難い事に 私の顔を 覚えて下さっていたようでした(^^;)



お話では・・・

お母様が こちらの病院の側に住んでいらして

急に倒れたと聞き 遠くからお見舞いに 来られていたようでした。


しかし・・それにしても・・ 

沢山ある 病院の病室の中で

偶然にも 知り合いの方のお母様と 同じ病室になるなんて。。。



・・とにかく そんなこんなで 

友人には 内緒にして 娘を入院させたはずでしたが・・


その後 その方が 私の友人に

「〇〇病院で サマンサさんに会いました(^.^)」と 話されたようで

アッという間に 友人に 入院がバレてしまいました。。。


それにしても・・・

これまでも 行く先々に 知り合いの方が居たりして

何とも 不思議だと 感じてはおりましたが・・・



こんなにも離れた病院に来てまで こんな偶然が起きるなんて。。。と


ザワ~~~っとしながら 帰ったのを 覚えています



 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時に明るいキャラが災いとな... | トップ | シンクロな話36 まさに今... »