気楽にとり(鳥&撮り)歩き

近場で身近な野鳥たちを観察しながら撮影しています。

バンの若鳥 立派な子育てヘルパー

2018年06月22日 | バン
バンは春から秋にかけて2~3回繁殖することもあります。

2回目以降の繁殖では、前回の繁殖で生まれた若鳥が、親鳥の縄張りに残って、
ヘルパーとして子育てを手伝う習性が知られています。

前年までの観察では、親鳥やヒナたちを遠巻きに見守る若鳥の姿は確認できましたが、
実際に、弟や妹の世話をする姿は見たことがありませんでした。
今年初めて、ヘルパーとして立派に子育てを手伝う場面に遭遇できました。





若鳥が親鳥から餌を受け取っています。


こんなに大きくなっても、親から給餌されることもあるのかと、意外な気持ちで見ていましたが、
それは、私の大きな誤解でした。


若鳥は、自らは食べることなく、親から渡された食べ物をヒナの元に運びました。


どうやらミミズのようです。


この若いバンの幼い弟や妹への細やかな気遣いと、
親鳥からの信頼の厚さに、とても感心しました。


ヘルパーとしての役割を立派につとめているバンの若鳥。
心の中で拍手喝采をおくりました。

バン(鷭)全長約32cm

 今日も「気楽に鳥&撮り歩き」を見てくださってありがとうございます。
↓ポチッと押して頂けると励みになります。
どうぞよろしくお願いします。
『鳥』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 子スズメの季節 | トップ | 紫陽花日和 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ホロホロ)
2018-06-22 21:00:09
バンの若鳥はヘルパー役をするとはとても興味深く拝見しました。
若鳥、偉いですねー! 良い場面を撮られていてすごいです。
これも、日頃から注意深く観察されている成果ですね(^^)
ホロホロさん (ロメオ)
2018-06-23 16:40:48
こんにちは。いつもコメント頂きありがとうございます。
幼い妹や弟たちの面倒をみる若鳥、たいしたものですよね。
親鳥も「頼むよ、代わりに食べさせて」という風にミミズを渡していました。
私なら、思わず自分で食べてしまうかもしれません。^^;

コメントを投稿

バン」カテゴリの最新記事