気楽にとり(鳥&撮り)歩き

近場で身近な野鳥たちを観察しながら撮影しています。

ケリ、ムナグロ  ひこばえに

2019年01月13日 | チドリの仲間
収穫を終えて耕された田んぼに緑が芽吹いています。
稲孫(ひこばえ)でしょうか。
刈り取られ土に鋤きこまれても、稲の根っこは生きていて新しい芽を伸ばすそうです。
「ひこばえ」が伸びるのは、手入れの行きとどいた土壌豊かな田圃の証しだと聞いたことがあります。

野鳥たちが好んで越冬するのも、化学肥料や農薬の少ない田圃だからでしょう。
直売所で地元産の農産物を選んで買いたくなる光景です。





ケリ(鳧、計里) Grey-headed lapwing 全長約34cm








ムナグロ(胸黒)Pacific Golden Plover 全長約24㎝


紅梅一輪

かすかな甘い香りで開花に気づきました。


今日も「気楽に鳥&撮り歩き」を見てくださってありがとうございます。
↓ポチッと押して頂けると励みになります。
どうぞよろしくお願いします。
『鳥』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« ハシビロガモの群に、一羽だけ? | トップ | 木陰のミヤマホオジロ »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ひこばえ (緑の風)
2019-01-13 15:19:08
「ひこばえ」という言葉を知りませんでした。勉強しました。
秋に出会うノビタキなども、毎年同じ田にやってきます。タマシギに会う田も同じ。見た目は隣の田も同じようにみえるのですが、やはり農法など違うのでしょう。野鳥の棲みやすい場所は、人間にとってもいい環境なのでしょうね。
ひこばえ (イケリン)
2019-01-13 15:33:19
こんにちは。
田んぼに芽吹く緑は「ひこばえ」というのですね。
こういうところを時々見かけます。また一つ勉強させていただきました。
敏感な野鳥たちは、安全な食べ物や場所をよく知っているようです。

ムナグロとムクドリのツーショットに梅一輪にもほのぼのとしたものを感じます。
こんにちは (ここあ)
2019-01-13 16:38:28
ロメオさん、こんにちは。
ケリは一度だけ見た事がありますが、なかなか見る機会が少ないです。
稲刈りが終わると、11月くらいに、田圃が再び薄いグリーンになります。まるで田植えの頃のような。根が残っているので、また葉が伸びます。冬なのに不思議な気持ちになりますよ。
これが暖かい地域なら、どこまで生長できるのだろうかと、考えた事がありました。
そちらは、もう梅が開花したのですね!
さすが暖かい地方は違いますね。毎年、1月には開花するのですか?今年は早かったですか?
緑の風さん (ロメオ)
2019-01-13 20:29:24
こんばんは。コメント頂きありがとうございます。
田圃の草は、野原に生える草とは違っているので、調べてみて「ひこばえ」を知りました。
仰る通り、野鳥が来る田圃や畑は決まっていますよね。
餌になるミミズなどの虫がたくさんいるのではないかと思っています。
こういう田畑の作物は、人の体にも良いのでしょうね。
イケリンさん (ロメオ)
2019-01-13 20:33:38
こんばんは。コメント頂きありがとうございます。
田圃に生える草は決まっているのが不思議で調べて「ひこばえ」を知りました。
稲の孫、とはピッタリの漢字をあてたものですね。
ムナグロは臆病でおだやかな性質の野鳥のようです。
荒っぽいケリのそばには、ムクドリも飛んでいきませんでした。
ここあさん (ロメオ)
2019-01-13 20:36:59
こんばんは。コメント頂きありがとうございます。
こちらでは早くも耕運機を動かして、新たに作物を植えている畑も少なくありません。
やはり温暖な気候なのでしょうね。
毎年、松が明けるころには、一輪二輪…ポツポツ咲き始める梅もあるように記憶しています。
わずかな花から、とても良い香りが漂ってきて、驚きました。
ケリ (『孤 独』)
2019-01-13 22:01:45
こんばんわ

何回かケリを撮りに行きましたが、空振りばかりでした (>_<)

ひこばえ って初めて知りました ^^;

紅梅一輪、キレイだね~~~  
Unknown (さわやか)
2019-01-13 23:41:20
こんばんは。
こちらおケリで驚きました。
ひこばえていうのですね。
鳥は無農薬に近い肥えた土壌を良くわかっ営るのでしょうね。
肥えた土壌にはミミズなどもいてるでしょうし・・・
一つ賢くなりました。
孤独さん (ロメオ)
2019-01-14 08:04:54
おはようございます。コメント頂きありがとうございます。
ケリの生息は局地的、と図鑑に載っていました。
幸い私の地域には数が多く、ベテランさんにはスルーされることが多そうです^^;
梅が開花すると、春も遠くない…と思えますね。
さわやかさん (ロメオ)
2019-01-14 08:07:25
おはようございます。コメント頂きありがとうございます。
農薬や化学肥料の多様を続けていると、土が疲れて痩せてしまうそうです。
野鳥が飛来する田畑は、人にも安心安全なのですね。
近くのこんな農耕地があって、ほっとしています。

コメントを投稿

チドリの仲間」カテゴリの最新記事