気楽にとり(鳥&撮り)歩き

近場で身近な野鳥たちを観察しながら撮影しています。

秋です!小鳥の混声合唱団 ♪

2018年09月19日 | いろいろな鳥 撮りあわせ
一年中日本に暮らす留鳥たちは、繁殖期を終え秋になると多くは群れを作って行動するようになります。
よく知られているのはムクドリでしょうか。
大群で街路樹をねぐらにするので鳴き声による騒音やフン害が問題になることもあります。
同じ種類の鳥だけでなく、異なる種類の鳥が一緒になって行動することも多くなります。
このような群れは「混群」とよばれ、秋から冬にかけてよく見かけます。
日本ではエナガやシジュウカラなどカラ類と呼ばれる小鳥たちの混群がよく観察されます。

大勢で食べ物を探した方が効率が良いし、大勢で警戒する方が天敵にやられる恐れも少なくなります。
みんなで力を合わせて、厳しい冬をのりきろうという小鳥たちの大作戦なのですね。

まず登場するのはメジロ

葉っぱの裏側の虫を探しています。
メジロは甘いものに目がないので、枝に残った木の実を探す名人かもしれませんね?


公園にいるシジュウカラは人馴れして大胆な個体が多いですが、
本来警戒心が強く、混群の中でも、いち早く危険を察知するそうです。
野鳥写真家・和田剛一さんの昔の写真集に、警戒の鳴き声を上げて他の鳥たちを避難させ、
その間に美味しいものを独り占めするずる賢いシジュウカラの話が載っていました。


コゲラもカラ類の混群に仲間入りです。
カエデなどの幹にコゲラがあけた穴から、おいしい樹液が沁みだしてきます。
他の鳥たちも甘い樹液が大好き。冬場の重要な栄養源です。


ムシクイ・・・メボソムシクイでしょうか?(確証なし!です。^^;)
ムシクイの仲間は夏鳥なので初秋の頃だけ、小鳥の群に混じっています。
メジロほどの小ささですが、フィリピンや中国の南東部などに渡って越冬すると考えられているそうです。


里山のアイドル・愛くるしさで人気急上昇中のエナガ。


ジュリジュリ~♪にぎやかな鳴き声とちょこまか素早い動き。
天敵の目をかく乱するのに一役買っていそうです。


このエナガ、後頭部の後ろの羽がないように見えました。
危機一髪のところで天敵の爪を逃れた痕かもしれませんね??


小さい者同士が寄り集まって、知恵と力を合わせて厳しい冬を乗り切ろうと必死に生きています。

今はエゴの木の実など貯食に忙しいヤマガラも、真冬になると混群に加わります。
混群はゆるい集まりのようで、時々、それぞれの種類に分かれて別行動をとることもあるようです。



今日も「気楽に鳥&撮り歩き」を見てくださってありがとうございます。
↓ポチッと押して頂けると励みになります。
どうぞよろしくお願いします。

『鳥』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« オオバン成長アルバム | トップ | ヤマガラとエゴノキの実 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ソングバード)
2018-09-19 17:43:54
こんばんは。
秋らしくなってきて、鳥ウォッチングも楽しい季節になりました。
林の中をのんびり散策しながら、シジュウカラやエナガの群れに出会うと、すぐに探したくなりますね。
もしかすると、珍鳥が混じってないかと・・・・・
たまに面白い鳥が混じってると、宝くじに当たったような気になりますよね。

↓のオオバンの子供も、大きくなりましたね。
混群 (イケリン)
2018-09-19 21:30:43
こんばんは。
もうすでに、混群で活動する姿が見受けられます。
混群でやってくると、一度に多種類の野鳥が見られるという利点はあるのですが、
一羽が飛び立つと、みんな一斉に飛び去って行くので、撮影は短時間勝負になりがちですね。
混群でやってくる野鳥は、滞留時間も短いように感じています。
シジュウカラのような、賢い鳥がいるからかもしれませんね。(笑)
撮影する側としては、どの鳥に狙いを定めるのかという悩みも生じますね。

今回取り上げられた野鳥は、みんな可愛い顔をしています。こういう写真が撮れるから、
はまっていくのですよねぇ。(^。^)

混群 (『孤 独』)
2018-09-19 22:19:14
こんばんわ

こちらの公園でも混群れを見つけないと、サンコウチョウやムシクイは見つけずらいですよね

群れのなかから目的の鳥を探すのも大変ですね
シジュウカラが多くてね~ ^^;

動きが早くて撮りずらいムシクイやエナガをキレイに撮られていますね!
勉強になりました (みやまさ)
2018-09-20 06:33:48
おはようございます。

色々な鳥達の冬に備えての事など勉強になりました(^ ^)
凄いですね〜
ソングバードさん (ロメオ)
2018-09-20 08:12:57
おはようございます。いつもコメント頂きありがとうございます。
日中はまだまだ暑いですが、朝はだいぶ涼しくなってきましたね。
一昨日見たコサメビタキは口を開けっ放しでした。下界の暑さにバテ気味?でしょうか?
冬場に仲間入りするキクイタダキが楽しみです。今年も見られるといいのですが。
オオバン、すっかり大人になって親鳥と見分けがつかなくなりました。
イケリンさん (ロメオ)
2018-09-20 08:17:53
おはようございます。いつもコメント頂きありがとうございます。
仰る通り、一羽が飛び立つと他の鳥もそれに続きますよね。
逃げる理由はわからなくても、とにかく追従するのが生き延びる秘訣のようですね。
群で目まぐるしく飛び回りるので、どの鳥を撮るか目移りしますね。
狩りをしくじる猛禽類もこんな感じなのでしょうか?(^^ゞ
孤独さん (ロメオ)
2018-09-20 08:19:55
おはようございます。いつもコメント頂きありがとうございます。
サンコウチョウも仲間入りすることがあるのですね。
今年は一度も見ていません。まだチャンスは残っているでしょうか?^^;
シジュウカラは鳴き声が響くので探しやすいですね。
みやまささん (ロメオ)
2018-09-20 08:21:56
おはようございます。いつもコメント頂きありがとうございます。
ど素人が鳥を観察して感想を書いているだけですので、勉強なんて恐れ多いです…
これから葉が落ちて鳥が見つけやすくなりますね。
カモたちが飛来したという便りも届いています。楽しみですね。
そうですね、 (takaちゃん)
2018-09-20 10:39:31
秋は木々の葉も赤く染まり、また落葉の季節ですので、里山に行くと、熟れた実を求めて飛び交う、様々な鳥達に出会える様な気がしていましたが、鳥撮りには好機と言うことですね。
そうそう、今朝のニュースでもコウノトリの飛来情報が全国至る所で、確認されたと出ていました。
鳥撮りデビューの何だか私の血も何だか騒いで来ました。
takaちゃん (ロメオ)
2018-09-20 12:31:27
こんにちは。いつもコメント頂きありがとうございます。
火曜は熱中症になりそうなほど暑かったのですが、一転、今日は長袖でもいいくらい涼しいです。
紅葉絡みの野鳥写真、綺麗なのを撮りたいですね
コウノトリ、アオサギよりも大きくて迫力があるそうですね。
兵庫も山間部に行けば、繁殖施設もあるのですが、遠くて^^;
近くに飛来してくれる幸運を待っています。

コメントを投稿

いろいろな鳥 撮りあわせ」カテゴリの最新記事