気楽にとり(鳥&撮り)歩き

近場で身近な野鳥たちを観察しながら撮影しています。

木陰のミヤマホオジロ

2019年01月14日 | ホオジロの仲間 2018~
冬鳥の少ない今シーズン、ミヤマホオジロとの出会いは貴重です。
いつ見ても上品な雰囲気の小鳥です。







警戒心の強いメスは小枝の入り組んだ木に。
オスほど近くには寄らせてくれません。




ミヤマホオジロ(深山頬白) Yellow-throated bunting 全長約16cm

今日も「気楽に鳥&撮り歩き」を見てくださってありがとうございます。
↓ポチッと押して頂けると励みになります。
どうぞよろしくお願いします。
『鳥』 ジャンルのランキング
コメント (12)   この記事についてブログを書く
« ケリ、ムナグロ  ひこばえに | トップ | ボソくん、ブトくん »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ROMEOさん、おはようございます! (takaちゃ)
2019-01-14 10:20:22
ミヤマホオジロ初見です。冠羽を立てているのは警戒信号なのですか? ちょっと見には、キクイタダキによく似ているのかな。
そうそう、鳥の研究をしている農学修士課程生の研究で、鳥同士の会話で、囀りの順序を人為的に変えて聴かせると、理解できないと、何かの本で読んだ事があります。
人VS鳥の関係でも、愛は理解できるんですから有りかもですね。 
羨ましいです。 (みやまさ)
2019-01-14 11:08:44
おはようございます。

良いところに出てくれて何よりですね。
ホントに今シーズンは鳥が少ないので難儀しますね(^-^;
ミヤマホオジロ (イケリン)
2019-01-14 11:52:45
こんにちは。
早くもミヤマホオジロとの出会いがあったのですねぇ。
頭羽を立てたこの鳥は、気品に満ちた鳥ですが、なかなか出会えません。
当地でもこの鳥が出るというと、大砲の放列ができるほどです。
オスばかりに人気が集まりますが、写真を拝見するとメスもなかなかのものですね。
今年もよろしくお願いします (NOBU)
2019-01-14 15:47:08
こんにちは。今年もよろしくお願いします。ミヤマホオジロ、冬になると会いたくなる鳥さんです。冠羽のレモンイェローがとってもエレガントですね。なので、学名に「エレガンス」が付いているのでしょうね。
ミヤマホオジロ (『孤 独』)
2019-01-14 18:03:21
こんばんわ

ミヤマがキレイに撮れていいですね~ (*^^)v
こちらでは、まったく目撃情報がありません

筑波山か高尾の方まで行かないとね
遠くてね~ ^^;
takaちゃんさん (ロメオ)
2019-01-14 19:37:43
こんばんは。コメント頂きありがとうございます。
エレガントなホオジロ、といった雰囲気の小鳥です。
頭頂に黄色い花が咲くのは、キクイタダキと似ていますね。
鳥の鳴き方も色々バリエーションが豊富です。
面白い実験を考えた研究者もいるものですね。
みやまささん (ロメオ)
2019-01-14 19:39:20
こんばんは。コメント頂きありがとうございます。
相変わらずルリビタキは見つかりませんが、
代わりにミヤマホオジロが楽しませてくれました。
例年なら見飽きてしまいそうな、シロハラも今年は希少種です^^;
イケリンさん (ロメオ)
2019-01-14 19:46:16
こんばんは。コメント頂きありがとうございます。
今シーズンは冬鳥が少ないのですが、ミヤマホオジロとはご縁があるようです。
どこでも人気の鳥が来ると大砲レンズが並ぶのですね。
このポイントでは毎回私一人だけなので、その点でも幸運ですね。
メスは茶色っぽくて奥ゆかしい雰囲気でした。
NOBUさん (ロメオ)
2019-01-14 19:48:38
こんばんは。コメント頂きありがとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。
山形の鳥たちを楽しみにしています。
学名に「エレガント」とついているのですか。
名付けた人も同じような思いだったのでしょうね。
孤独さん (ロメオ)
2019-01-14 19:50:29
こんばんは。コメント頂きありがとうございます。
毎年一時間くらい運転してミヤマホオジロを探しに行ってます。
今年は、近場でよく出てくれるので助かっています。
ルリビタキ探し、また後回しになってしまいました(^^ゞ

コメントを投稿

ホオジロの仲間 2018~」カテゴリの最新記事