ETUDE

~美味しいお酒、香り高い珈琲、そして何よりも素敵な音楽。
これが、私(romani)の三種の神器です。~

13日の金曜日

2007-07-13 | その他
『13日の金曜日』
まさに、その通りの日になってしまいました。
いや、なりかけました。

今日は、日帰りで、台風接近中の宮崎へ出張。
朝、9:30のほぼ定刻に出発したANA機でしたが、「宮崎空港の天候が悪い場合は、鹿児島空港か羽田空港に引き返すことも了承願いたい」という条件付のフライトでした。
果たして、宮崎空港は梅雨と台風が重なり、雨と霧で明らかに視界不良。
宮崎空港の上空を1時間あまりも旋回していたでしょうか、私も覚悟を決めて「鹿児島着の場合のリスクシナリオ」を頭の中でシミュレーションしていたところ、「これより着陸します」とのアナウンス。
超低空飛行しつつ無事に着陸した時は、機内で拍手と歓声があがりました。
そして、着陸後の機長のアナウンスが、また良かった。
「天候不良のため、到着予定時刻より大幅に遅れてしまい申し訳ありません。でもこれに懲りずに、また是非ご利用ください・・・」
このウィットに富んだ機長の言葉に、乗客の顔もほころびます。

すぐに往訪予定のお客様に連絡をとり、とにかく市内のお客さまのところへ直行しました。
お客様も心配して下さっていたようで、とにかく仕事を最短コースで片付けて再び空港へ。
台風の影響でしょうか、強烈な雨がタクシーの窓をたたきます。
やっとの思いで宮崎空港に着くと、空港は、少しでも早い便で帰ろうとする人でごった返していました。
電光掲示板を見ると、JALグループは全便欠航、ANAも天候調査中の表示。
予約していたANAの便も欠航するかもしれないと係員から言われ、一本前の便を確認すると、キャンセル待ちが何と100人。
運を天に任せ、おとなしく当初の予約便を待つことにしました。

待っている間、ロビーで珈琲を飲みながら、「もし欠航になったら・・・」といろいろ考えてみました。
■鹿児島へ高速バスを使って行き、飛行機または新幹線を利用する。
⇒そもそも高速バスが休止する可能性大だし、飛行機は宮崎と状況が変わるわけはないので、まずダメ。
また、新幹線でたとえ熊本まで到達できたとしても、その後が運休のリスクが極めて大きい。中途半端な場所で足止めされたら、それこそ身動きが取れないので、これもダメか・・・。
福岡等への高速バスも、高速道路そのものが通行止めになるリスク大で、大同小異。

■となれば、今日は泊まるしかない。
さて、どこで泊まるか。
空港の近くにホテルはないし、市内へ戻る?それともこのまま空港で一夜を明かす?

■問題はむしろ明日の土曜日。明日こそ台風のど真ん中で、おそらく全便欠航でしょう。
まる一日、どこでどうやって過ごすの?そして夜は?
日曜日だって飛行機が飛ぶ保証はない。

■加えてこの3連休は、年金のテキストの改訂作業を一気に仕上げるという大切なミッションがあるんです。そのための材料は何ひとつ持ってきていないじゃないか。

ここまで考えて、私の思考は完全にストップしました。
「Oh My God!」
祈ろう。それしかない。
その後、ipodでミュンシュのシューベルトのハ長調交響曲を聴きながら、心の中で祈り続けました。
(しかし、なんでミュンシュのグレートなんだ? でも良かった・・・。本当に素晴らしい音楽、そして演奏だった!)

祈りながらも、最悪のケースしか頭に浮かびません。
小一時間経過したでしょうか。
突然、「これより東京行きの搭乗手続きを再開します」とのアナウンスが・・・。
今度はロビーで歓声があがりました。
聞き間違いじゃないかと思い、カウンターまでいって聞きなおしましたが、間違いなさそう。
「これで東京へ戻れる!」
まさに祈りが通じた瞬間です!

ANAも、その後18時以降宮崎空港を発着するすべての便の欠航を決めましたから、まさに1時間の差が天国と地獄の境目でした。
これほど感謝しながら飛行機に乗ったのは初めて。
「神様 ありがとう」

11日の川久保賜紀さんのブルッフのコンチェルトの感想や、ミュンシュのシューベルトのこと、そしてケーブルテレビのチューナーがぶっ潰れてしまったこと等ほかにもいろいろ書きたいのですが、それは後日ということで・・・。




コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 児玉桃&アグレスト/読売日... | トップ | ポリーニ&アバド/ベルリン... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
困った台風 (yokochan)
2007-07-14 08:23:04
おはようございます。
スリリングな出来事を物語のように拝見しました。
季節はずれの大型台風は各地で被害をもたらしつつあり、心配ですね。これでは、秋の本格シーズンが思いやられます。
飛ぶか飛ばないか、不安な思いをされてしまいましたね。でも、宮崎空港は、きれいで大きく、施設も充実してますから、まだいいですね。
もっとなにもない、北海道や東北の空港ではもう死ぬほど退屈なことになります。

怠け者の私でしたら、仕事はほったらかして、宮崎の街に消えます(笑)地鶏で焼酎なんて、考えたただけでもう・・・・。おっと、不謹慎ですね。
ご無事で何より (よし)
2007-07-14 11:10:25
危ないところでしたね。
祈り+ミュンシュの力かも知れません(笑)。
大昔、雪の新潟から最終の大阪便で帰れたことを思い出します。YS11のすごい振動も2時間かかったこともその日に帰れた喜びで気になりませんでした。
結果よければ・・ (サーダ)
2007-07-14 21:22:20
 運を天に・・だったことでしょう。
 いろいろ計画のあった3連休でしょうに、ご無事にご帰宅され ほんとによかったですね。
 皆さんのように音楽のことはよく解らないのですが
楽しく読ませていただいています。
 これからも仲間にしてくださいね。
>yokochanさま (romani)
2007-07-15 22:20:02
こんばんは。

いつもありがとうございます。
今回ばかりは、本当にダメかと思いました。
もし飛行機が飛ばなかったら、「ようし、市内へ出て、飲み明かそうか」とも真剣に思っていましたが、おそらくあの台風でしたから一軒も開いていなかったでしょうね。(笑)

テレビでその後の状況を見るにつけ、ラッキーだったと感謝しています。
>よしさま (romani)
2007-07-15 22:28:29
こんばんは。

いつもありがとうございます。
また、ご心配いただき恐縮しております。
こんなに自分のことでお祈りをしたのは、久しぶりです。
助かりました・・・。
正直、「ありがとう」という言葉しか出てこなかったです。
ミュンシュのあの熱さと前向きなエネルギーも味方してくれたのかもしれません。

よしさまは、YS11で帰ってこられたんですね。
想像を絶するくらいの揺れだったと思いますが、その日に帰れたときのお気持ち、よくわかります。

やはり、13日の金曜に出張を入れちゃいかんのですね(笑)
教訓その1 になりました。
>サーダさま (romani)
2007-07-15 22:35:00
こんばんは。

いつもありがとうございます。
今回の件では、ご心配をおかけしました。
結果からみると、「波乱万丈だったけど、良かったよね」なんですが、空港で、たたきつけるような雨と、キャンセル待ちの長い列をみたときは、さすがに絶句してしまいました。

それでも、最悪のことを考えて、空港で水と食料を買ったり、文庫本を3冊ばかり買っていましたので、それなりに冷静だったのかもしれません。(笑)
しかし、2度と経験したくないなぁ。
いい経験になりました。

ありがとうございました。

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事