ETUDE

~美味しいお酒、香り高い珈琲、そして何よりも素敵な音楽。
これが、私(romani)の三種の神器です。~

リヒテルのバッハ「平均律」(インスブルック・ライブ)

2004-12-29 | CDの試聴記
●バッハの「平均律クラヴィーア曲集」(全2巻)

<演奏者>
スヴャトスラフ・リヒテル(P)

1973年7月、8月 (インスブルック シュティフト教会)
中国POLO

 
バッハの平均律。
私の大好きな曲です。
全2巻あわせると、前奏曲とフーガの組み合わせが48セットもあるという文字通りの大曲ですが、ひとつひとつが宝石のような輝きをもっており、さながら小宇宙のようです。
どの曲から聴き始めても、不思議に心が落ち着きます。

私のお気に入りといえば、ピアノではリヒテルとグルダ盤、チェンバロではレオンハルト盤でした。
今年に入って、あらたにニコライエワ、テューレック(BBC盤)、アファナシエフ、ロバート・レヴィン(チェンバロ、クラヴィコード、オルガン)の全集を聴きました。
この中では、曲によって楽器を使い分けて演奏していたレヴィン盤(バッハ大全集の中に含まれています)が面白かったなあ。
特にオルガンがこんなに平均律に合うとは思っていませんでした。

そんな折、偶然CDショップでもうひとつのリヒテルの平均律にめぐり合いました。
世評高いリヒテルのスタジオ録音盤以外にもう一種類すごい全集があるということは、噂では聞いていましたが、発売後すぐに廃盤になったとかで私も見たことがありませんでした。
それが、何と輸入盤でしかも中国盤で発売されていたのです。

なぜ中国盤??
別に偏見を持っているわけではありませんが、中国製のCDというのが初体験だったので、自宅で聴いてみるまで正直不安もありました。

で結果はというと、言葉にならないくらい素晴らしかった。
音の状態も良いし、何よりライブの雰囲気を良く伝えた録音だと思いました。
「スタジオ録音盤の神秘感に即興性を加えたような」という感じでしょうか。
クレスハイム城でのスタジオ録音が1970年の録音ですから、約3年後の演奏ということになりますね。
第1巻の第1番は本当に静かに始まります。
しかし、続く2番に入るとどんどん集中力が高まっていく様子が窺え、3番、5番の前奏曲の恐ろしいまでのスピード感は最高にエキサイティングです。一方で24番の前奏曲・フーガに代表される深遠な表現はスタジオ録音盤も名演でしたが、こちらもまさに神業です。ひたすら頭を垂れて聴き入るしかない。何度聴いても胸がいっぱいになります。

年が変わろうとしているこの時期に、まさかこんな凄い演奏に出会うとは夢にも思いませんでした。私にとって今年のベストCDのひとつですし、これからも特別なアルバムになることは間違いありません。
唯一難を言えば、解説書の中身が中国語で書かれていること。(中国製なんだから当たり前ですね)
また、これだって、漢字をたどっていけば何となくイメージは分かってくるから、まっいいか・・。

今年は、仕事の面ではいつ過労で倒れてもおかしくないような日が続きましたが、一年の最後にこんな素晴らしいプレゼントをもらって、やっぱり捨てたもんじゃないなあと実感しています。


コメント (4)