Rolling 55

「転がる石は苔生さず」いつまでも、いつまでも転がり続け・・・
お池にハマって、さぁ大変!  by belage

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東京探訪記:浅草寺 仁王門(宝蔵門)

2012年03月22日 16時32分33秒 | 東京探訪記

雷門をくぐって、仲見世を通るとそこにまた大きな山門が。正式名称は仁王門ですが、
宝物を併せて所蔵しているので一般的には「宝蔵門」とよばれています。
その脇には五重塔が。

仁王門の前にこんな現代的なお顔をした地蔵様が。この地蔵尊の建立はかなり最近で平成9年。
太平洋戦争の終戦時、ソ連の突然の戦争参加により満州で命を絶たれた20数万と言われる
母子の霊を慰めるため作られました。

この顔立ちはどこかで見覚えがあると思ったら、デザインはあの「あしたのジョー」の原作者
漫画家のちばてつやさんの手によるもの。

五重塔の最初の建立は天慶5年(942年)平公雅(たいらのきんまさ)によりますが、その後
地震による崩壊、火災により焼失。徳川家光により再建されるも、太平洋戦争の空爆
により再び焼失。現在は過去に仁王門の東南に在ったものを、場所を西南に移し昭和48年
(1931年)に再建されました。

  

こちらは再び仁王門。こちらも戦中に焼失していましたが、昭和39年(1964年)あのニューオータニ
ホテルで知られている大谷財閥の大谷米太郎夫妻の寄進による再建です。このでっかい提灯は日本橋
小舟町(こぶなちょう)奉賛会の寄進。

山門前から眺めるスカイツリー。

山門に掲げられた山形県村山市から寄贈された大わらじとスカイツリー。この大わらじ、巾1.5m
高さ4.5mもあるそうです。然し、これほどの大きさのわらじを編むのに一体何人がかりでやったん
でしょうね。ちょっと想像つきません。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoenix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 


コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 春を探して(6) 馬酔木(あし... | トップ | 桜咲く »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (imazato61)
2012-03-22 18:12:15
古いものと新しいものが重なって何か
不思議な雰囲気ですね。
大雨です! (getteng)
2012-03-23 05:54:15
belageさん、
南京事件よりも、この満州事件のほうがはるかに問題視すべきですね。
お早うございます。 (クマゲラ)
2012-03-23 07:08:14
古刹とスカイツリーのコラボ
これも新しい東京の顔になりそうですね

imazato61さん (belage)
2012-03-23 16:42:06
江戸の時代から、明治、昭和に至るまで
ここは新しいものを積極的に取り入れて
現代のようになってきたんですねぇ。
こういうごった煮的な街は飽きないですよね。
gettengさん (belage)
2012-03-23 16:45:14
この満州で亡くなった方、ソ連に連れ去られて
亡くなった方。
お隣のお国はそんなこと全く知らぬ存ぜぬ
でしょうね。
ボクはモンゴルやらウズベキスタンで、日系
ということを隠して生きている二世の方数人
にお会いしたことがあります。
話を聞いて涙が止まりませんでした。
クマゲラさん (belage)
2012-03-23 16:46:13
せめて日本のどこか、数カ所でも元気の
ある、元気の出る場所が増えるといいんですけど。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東京探訪記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事