Rolling 55

「転がる石は苔生さず」いつまでも、いつまでも転がり続け・・・
お池にハマって、さぁ大変!  by belage

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東京探訪記:あづま通りから

2013年10月21日 08時05分50秒 | 東京探訪記

銀座四丁目からあづま通りを新橋方向に。ちょっと行くとこんな細い路地が。
この先は三原橋に出ますが、この界隈、昔はもっと割烹とか飲み屋さんが
沢山並んで、銀座でも手頃なお値段で飲食できるお店が多かったのですが。 

そういう飲食店の繁盛を願うために作られたお社。

夕方時ともなると綺麗どころの和服姿の女性の参拝者が目立つようになります。

透明ガラスと不透明ガラスを張った正面のビルの文様が面白いです。

銀座6,7,8丁目の境あたり。昔は見なかったカラオケとかヨガ教室とか。
何しろ銀座にマックが出てきてびっくり、そして何十年かして今度は吉野家
が出てきたのには本当にびっくり。最近ではあのユニクロですものね。
銀座の地価ってそんなに安くなっちまったんだろうか。

三丁目界隈は今や欧米のブランドビルが林立してますが、海外の投資家って
安いものしか買いませんからね。そういう意味では確かに地価・家賃は確実に
下がったんでしょうね。

おやまぁ、確か昔はこんなものはなかったと思いますが。「木挽橋際」と書いてあり
ますが、この辺りも木挽(こびき)町だったのかと、ちょっとびっくり。昭和通りを越した
あたりがそうだというイメージがありましたので。こういう良い名前はずっと残して
欲しかったなぁ。

東京オリンピックまでにはこういう施設ももっと充実させないといけないかもです。
世界の人が来て、トイレにただで入れると知ったらきっとびっくりするでしょう。
これも立派な「OMOTENASHI」の一丁目一番地ですよね。

確か出版社が所有しているビルだったと思いますが、昭和もだ~んという感じの
可愛いビルができていました。明らかに周りのビルと高さが違いますが、最近
この辺りの都市計画が変わったんだろうか(容積率がUPしたように思えます)

こちらは九州の有田の窯元さんのビル。「香蘭社」ビル。昔のビルも大変ステキなビルで
ありましたが、新しく建てなおされて。海外駐在時代、日本に帰ってくるとこちらで焼き物
を買って現地のお客さんやら友人によく配って。割れるのが心配で手荷物で預けるなんて
出来ないし、十何時間ボクの膝の上で運んだなんてこともありましたよ(苦笑)

 


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« フランス紀行[11]  アヴィニ... | トップ | フランス紀行[12]  アヴィニ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんちわ! (getteng)
2013-10-21 13:14:37
belageさん
次回は、夕方あづま稲荷大明神で、
綺麗どころを待ち伏せしてショットしてください。
gettengさん (belage)
2013-10-21 16:35:02
あの~、いずれにしても最近の個人情報
なんちゃらのお陰で後ろ姿になってしまいますが・・・
(苦笑)
路地めぐり (つばきだろ)
2013-10-21 17:37:16
裏通りというか細い路地巡りは楽しいですよ、こんなところに神社がなんて。
つばきだろさん (belage)
2013-10-23 00:07:30
路地は面白い発見がありますね。できれば
ほそければ細いほどいいですね(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東京探訪記」カテゴリの最新記事