六畳間の中心で涙を流す NEW

ルーキー選手の、プロ入り一年目を振り返る

2023年ルーキー回顧22 吉野 光樹(24歳・トヨタ自動車)投手

2023-12-12 13:16:23 | 状況説明

吉野 光樹(DeNA2位)投手 (トヨタ自動車出身)

蔵の入団前評価:☆☆☆(上位指名級)

 

上武大時代から主戦でしたが、好投手タイプでプロの匂いはしない選手でした。しかし、トヨタ自動車に進み球速アップ。元々の実戦型の投球に加え力強さが加わり、都市対抗予選の頃には上位を狙えるまでになっていました。ただし、都市対抗では先発を任されるも足が吊って途中降板。さらに、秋の日本選手権予選の頃には、状態が悪く充分に登板できない状況です。そんな感じで入団してきた吉野投手の一年目は、一軍では登板なし。二軍でも、4試合(11回1/3) 1勝1敗 防 11.91 と、二軍でも成績になりませんでした。

どうも、登板を妨げているのは腰の状態が悪いとかいう話がありますが、詳細は明らかになっていません。イップスとかでなければ、とりあえずとは思いましたが、秋になってもほとんどまともにピッチングができないみたいで、来季の復帰にも時間がかかりそうです。11回1/3イニングで被安打は19本と、投球回数を遥かに上回ります。四死球は4個で、ストライクが入らなかったわけではありません。三振は7個で、1イニングあたり 0.62個 と平凡です。元来の力を発揮できれば、ローテーション争いを演じることは期待できる力はあるはず。しかし、そのための経験も、ろくに積めない一年目でした。そういった意味では、想像以上に深刻な状況。こと大卒社会の一年目としては、残念と言わざるえません。何処かのタイミングで、一軍で投げられるようになって欲しいものです。

蔵の印象:✕ (来年は何処かで一軍に上がれれば)