ヒロヒコの "My Treasure Box"

宅録、DAW、ギター、プログレ、ビートルズ、映画音楽など趣味の四方山話

R.I.P. Eddie...

2020年10月09日 | ミュージック
 エディ・ヴァン・ヘイレンが亡くなった。名曲Jump が流行っていた頃、私もアルバム「1984」を熱狂的に聞き込んだ一人だ。そのJumpを社会人2年目、バンドで演奏した(他のメンバーは全員高校生)。私はシンセを担当しDX7であのザラザラしたオーバーハイム・ブラス音を作った。オリジナルのキーだとほとんど白鍵で弾けたので何とかなったのだが、ボーカルにとってはキーが高くて大変そうだった。その時はジャーニーのSeparate WaysやオフコースのYes-Noも演奏したが、若者と共にバンドをやる楽しさを実感した良い思い出である。
     (Instagramより)
 エディのギター・テクニックは当時まねのできる者は周りにはいなかった。でも今は当たり前のように演奏するアマチュアもいるのが驚きだ。そのテクニックの中で、訃報に関する報道ではライト・ハンドのタップ奏法について触れているのが多かったが、実はGenesisのギタリスト、スティーヴ・ハケットがいち早く披露していたことはあまり知られていない。どっちが先かということではない。実力のあるギタリストは自分の楽器の可能性を追求し、様々な奏法を工夫するのだなと改めて感じたのである。
エディは65歳だったことを今回のニュースで知った。私とたった2歳違い。Rest in peace, Eddie.

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ポール・リード・スミス SEカ... | トップ | エフェクター感想記7〜BOSS ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ミュージック」カテゴリの最新記事