幸福の科学高知 なかまのぶろぐ

幸福の科学の、高知の信者による共同ブログです。
日々の活動や、イベントのお知らせをいたします。

【米朝会談と日本】これだけは言える。「今のままで良いはずはない!」

2018-06-12 00:26:26 | 日本を守る!

  高知県のランキングに参加中です。クリック応援お願いします!

6月12日、史上初の米朝首脳会談がシンガポールで開催されます。

しかし問題は、日本の世論です。

なぜなら、「他人事」という世論形成をしているとしか思えないから。

なぜ今報道は、モリカケ・日大アメフト・和歌山市参加不審死問題ばかりなのでしょうか?

これらが大事でないとは言いません。

ですが、これほどまでに時間を要して、報道するべきことなのでしょうか?

今は、「日本はどうするべきなのか?」ということや、「国家としての方向性をどうするか?」という国民的議論とする時期ではないのでしょうか?

行くべき道は、様々あろうかとは思います。

ただひとつだけ正しいことは、「日本は、今のままで良いはずはない!」ということです。

本日は最新刊『守護霊インタビュー トランプ大統領の決意──北朝鮮問題の結末とその先のシナリオ』(幸福の科学出版)のまえがきをどうぞ。

R.エルドリッヂ氏×釈量子幸福実現党党首との対談動画も、現代日本人必見です。

          (ばく)

  ランキングに参加中です。クリック応援お願いします!

【公開対談】『中国・北朝鮮に日本はどう対峙すべきか』~R.エルドリッヂ氏×釈量子幸福実現党党首【ザ・ファクト】

 

http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=2035&utm_source=IRH web&utm_medium=TOPbanner

今年の四月末、突然、南北朝鮮のトップ会談が行われ、朝鮮半島の非核化と統一についての話し合いがなされた。
この対話による平和路線を手放しで喜ぶ政治家やマスコミ人も多い。しかし知らなければならない事実は、北朝鮮で使われている地図には、そもそも韓国など載っておらず、朝鮮半島には『朝鮮民主主義人民共和国』しかないことになっているのだ。

それゆえ、この南北会談は二つの国が朝鮮半島に存在していることを公式に認めたことにもなるのだ。

アメリカのトランプ大統領は、一応平和への動きを評価しつつも、迫り来る米朝会談に向けて戦略を練り込んでいるにちがいあるまい。

本書では、北朝鮮が敗北を認めないでは、「南北の平和、繁栄、統一はありえない。」という彼の強い意志が表明されている。

同時に、日本に対し、「強いリーダーシップをもった主権国家たるべし。」とのメッセージも出されている。

空転する国会と、責任のがれのきれい事を書きたてる一部マスコミに対し、「一喝!」を入れる本となったと思う。
守護霊インタビュー トランプ大統領の決意──北朝鮮問題の結末とその先のシナリオ(幸福の科学出版)P3~5

 https://happy-science.jp/

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« Cさん曰く。「幸福の科学、... | トップ | 金正恩体制の存続は、北朝鮮... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
蕎麦屋 (さうざんと)
2018-06-12 04:33:36
へぇー。もりかけ問題、未だにやってるんですか。そのうち、『ぶっかけ』とか出て来たりして。
日大も、何か次々と『これやったらいけませんよ事例集』の様な事をしてるみたいですね。
何か有るんでしょうかね?
米朝首脳会談は形だけの共同声明 (Unknown)
2018-06-12 21:22:25
金正恩は朝鮮半島の完全な非核化を約束したそうですが、北朝鮮は過去の六カ国協議のように、水面下で米本土に届く核ミサイルの実用化を進めるでしょう。
我が国は、アメリカ頼みではなく、憲法改正(憲法改正までは日本を侵略・攻撃する国に対しては憲法9条適用除外とする解釈改憲で対処)や核装備を急がねばなりません。
米朝首脳会談の成果はあまりなかったと言わざるを得ないでしょう。
なんでしょうね、これって。 (ばく)
2018-07-10 23:35:57
さうざんとさん、コメントありがとうございます。
私はだんだんと、「実はこの国、鎖国してるんじゃないのか?」と思うようになりました。
どんどんと世界は変わっていくのに、変わることを恐れていたら、どんどんと置いていかれるのに。
どのような未来を、子供たちに残せるのでしょうか?
幸福実現党が必要です。
やるべきことをやる (ばく)
2018-07-10 23:40:22
Unknownさん、コメントいただいていたのに、お返事が遅くなってすみませんでした。
<<我が国は、アメリカ頼みではなく、憲法改正(憲法改正までは日本を侵略・攻撃する国に対しては憲法9条適用除外とする解釈改憲で対処)や核装備を急がねばなりません。>>
このご意見に、激しく同意いたします。
日本は他国に国家の命運を依存するのではなく、やるべきことをやるべきときに、きちんとやれる国にならねばなりません。
それが国家というものですよね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本を守る!」カテゴリの最新記事