老人党リアルグループ「護憲+」ブログ

現憲法の基本理念(国民主権、平和、人権)の視点で「世直し」を志す「護憲+」メンバーのメッセージ

「知らない誰かの痛み」への対照的な反応

2009-10-27 21:10:57 | 暮らし
鳩山総理が所信表明演説中に、どんなに努力しても職に就けなくて自殺してしまった息子さんをもつおばあさんの話に触れたとき、自民党の議員席から「そんなもの、どこにでもいるいるよ!」というヤジが飛んだという。

私は、のりピー事件に埋もれて端折った所信表明演説しか聞けなかったので事実を確かめようもないが、それが事実だとしたら、私達国民は「そんなもの」でありその息子さんも、ご家族も自己責任の名の下に「そんなもの」としてあしらわれていたのだろう。

先日駅の近くを歩いていたら「何かあの子キャバ嬢みたいじゃない」という会話が耳に入った。女子大生が殺害され、放火された事件の事を言っているのだと、すぐ分かった。21歳というこれから様々な可能性を秘めた年齢で、命を絶たれるというのは如何ほど無念であっただろう。ご本人にとってもご家族にとっても。

日本人て、「知らない誰かの痛み」に対しては鈍い国民なのだろうか。あの「そんなもの」という言葉でヤジを飛ばした国会議員もまた「知らない誰かの痛み」に対して鈍いから、「母子家庭加算」を平気で廃止したり「後期高齢者医療制度」や「障害者自立支援法」を平気で通したり出来たのだろうか。

法律は一度出来てしまえば、それがどんなに時代に合わない悪法であったとしても、法律が出来る前の状態に戻すのには時間もかかるしお金もエネルギーも必要である。

一方、今年日比谷の年越し派遣村に集まった人の数と寄付されたお金の金額を、私はまだ覚えている。あの災害の被災地のような状況の中で「私は医療関係者です、必要な人はいませんか」と本部に聞いて回っていた女性。「ボランティアどころか、こんな場所に来たのも初めてよ」と言っていた家族連れの方々。時間も、お金も、エネルギーも「見知らぬ誰かの為に」役に立てたいと手を挙げた人達。

年越し派遣村を始め今全国に広がりつつある活動は、関心を持つこと、行動する事の大切さと、迷惑をかけながらでも生き抜いていくこと、その時、必ず手を差し伸べる誰かがいるということを、教えてくれたような気がする。

「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より
パンドラ

コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 戦争の証言「間違いなくあっ... | トップ | 「知らない誰かの痛み」について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

暮らし」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

10/27: 関門海峡で護衛艦衝突事故 亦かの思い 官僚の答弁作成指示・撤回!! ムッ (今日のトピックス Blog)
「護憲+」ブログ: 「護憲+」第七期スタート  (百山・管理人) 「護憲+」ブログ: 今私たちがすべきこと   (笹井明子) 「護憲+」ブ...
水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
09年10月28日  水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・揺れる政治(官僚答弁書) {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・高速道路無料{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・郵政と信託{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・護衛艦{/arrow_r/}(ここからお入り...