老人党リアルグループ「護憲+」ブログ

現憲法の基本理念(国民主権、平和、人権)の視点で「世直し」を志す「護憲+」メンバーのメッセージ

日本的集団主義:「集団と個人」の関係、制度的な問題

2018-09-28 09:29:18 | 民主主義・人権
日本的集団主義の問題」の根底にある3人の思想家の論理」の続き...。

流水さんの的確な体験に基づいた意見に賛同します。まず、自分たちの身近な集団の問題から議論されていることに納得します。「集団と個人」の関係はどこの国でも同じなので日本だけが「集団主義」に傾いているということはありません。アメリカも9・11以後は集団主義がひどかったし、今になってトランプが大統領に選ばれたことは偶然ではありません。

「民主主義」と日本では一口に言ってそれで終わりになる傾向は強いです。歴史が浅く、議論がなされない国民性(大学も同じ)からか議論の蓄積と形成に寄与していません。

日本の集団主義と「戦後」民主主義は密接不可分だと思っています。8・15の「夜」が明けると、昨日まで神州不滅だとか鬼畜米英を唱えていた日本人がみな一億民主主義思想者に「転向」していた、というマイナーな意見をかなり多く聞いたことがあります。憲法改正問題も、戦争体験者が少数になると自公政権の改正案に反対する人もマイナーになってきました。

民主主義ということは一口で議論して終わりになる問題ではありません。流水さんが指摘したように、個人という存在は意識面で集団の影響を受けやすいと思います。議論がなされない背景の方が問題です。

学校現場から始まって、国政の現状でも同じです。学校の規則の問題で憲法違反のルールも最近では目立ちます。元々「赤毛」の女子に黒く染めてこいという事件がありました。この教師は民主主義も個人の尊重も何も分からずに大人になった人です。この学校も同じ。集団主義にみんな染まっていった。これは少数の事例だという意見もあるでしょう。

同様に、今回の総裁選で石破派の大臣に「石破に入れるなら辞職届けを出してから投票しろ」という圧力までありました。三谷氏の議論どおりなら「集団主義」は終わっているはずなのに、自民党内部でも「集団主義」的な圧力は依然として根強いです。誰を総裁にするかは個人の問題であり、多分、民主主義を取っていない国でもこれくらいの「自由」はあるはずです。

集団主義という伝統はねじれた形で残っています。昔からのルールだった「村八分」さえも、学校や自民党という政党には残っていません。「「村八分」であって、二分の配慮は守られたからです。

次に、少し制度的な問題に言及します。民主主義の問題(特に憲法上での基本原則)で一番大きな政治的な問題は、「少数意見の尊重」(これは個人の尊厳などと関連してくる)だと考えます。

殊に西欧などで発展してきた民主主義の原則では、多数決の専制から個人の権利や思想を守る場合には「少数意見の尊重」という政治的な重要命題(基本的な自由の前提条件)は、制度的にも保障されるようになっています。〔戦時下における「良心的兵役拒否の権利」、各人の「信教の自由」などなど。(政治と宗教の分離原則として確立)〕

そして第二次大戦後には、全体主義の猛威から圧政に苦しんだ経験を活かして、「違憲立法審査権」の制度が日本をはじめ各国で採用されました。この制度の目的は「少数意見の尊重」以外あまり存在理由は考えられません。明らかに「多数の専制」(集団主義のマイナス面)を抑制する制度です。

「選挙」だけでは民主主義や立憲主義(国家の権力を制限する憲法の原則)が守られないことは、世界的に合意されているということです。ちなみに、安倍さんは「立憲主義」を理解できていませんでした。

※次回からは思想史などの問題に移ります。

「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より
名無しの探偵
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 「普天間、必要なら本土移転... | トップ | 日本的集団主義:「日本はゲ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日本はゲームオーバーした (竹内春一)
2018-09-28 20:31:39
将棋、囲碁では、自分が打ったら、次は相手が打つ。これがルールである。自分が続けて二手打ったら、直ちにゲームオーバーである。二手打ちの例が消費税である。人が嫌がることをしているから、日本の消費が激減している。国民の所得が減少しているから消費が減る。当然の論理である。なぜ企業は儲け(内部留保)を400兆円も溜め込んでいるのか。企業活動もゲームの論理で動いている。これだけ投資すれば来期以降はこれだけ儲かるという予測で動いている。投資しても儲からないと思うから、利益を投資ではなくて、内部に溜め込む。日本経済が足元でゲームオーバーしている例である。
日本は形だけ民主主義である。民主主義なのになぜ国民が嫌がることができるのか。政治家が国民に責任を持っていないからである。国民は羊のように政治に従っているだけである。心の底には政治家に対する不信が一杯である。狭い空間、日本だけでゲームしている場合には、静かで、平和であるが、得体の知れない外国が絡んでくると、危機が迫ってくる。江戸末期がそうであった。今はアメリカ以外は武力で外国を制圧していないとは言え、日本国内の国民と政治家との相互不信は、日本の政治経済を危機に落としている。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

民主主義・人権」カテゴリの最新記事