老人党リアルグループ「護憲+」ブログ

現憲法の基本理念(国民主権、平和、人権)の視点で「世直し」を志す「護憲+」メンバーのメッセージ

文民統制違反の発言では

2019-09-07 10:16:40 | 政治
朝日デジタルの記事では見つからなかったが、9月6日の朝日新聞朝刊4面の最下段に小さく〔ベタ記事〕、

『韓国が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めたことについて、自衛隊の統合幕僚長は5日の記者会見で、「非常に遺憾で残念」と述べた。自衛隊の制服組トップがジーソミア破棄に公の場で言及するのは初めて』との記事を目にした。

この記事の内容では自衛隊の制服組トップが国家間の政治協定について言及しており、明らかに自衛隊の文民統制(シビリアンコントロール)を逸脱した言動と言えよう。

朝日新聞も見逃さずにベタ記事ながら良く報道したと思う。しかし6日の朝刊4面は上段4段を使って、「首相党内安定を最優先」と自民党の役員人事と内閣改造記事を載せており、記事として軽重が逆ではないかと思う。

なぜなら自衛隊のシビリアンコントロール逸脱は国体に関わる重要な問題であり、国民にとっては自民党内の人事や内閣改造人事より見逃せない問題を含んでいる。

現防衛大臣は秋田県でのイージスアショア設置の適地調査でも管理能力が問われており、今回の自衛隊トップの不用意な発言も管理不十分である。

野党には内閣改造で例え防衛大臣が交代しても、自衛隊の文民統制の現状と在り方を秋の臨時国会で追求して貰いたい。

「護憲+BBS」「新聞記事などの紹介」より
厚顔

コメント   この記事についてブログを書く
« もっと議論を積み重ねたい | トップ | 日本は完全な後進国(政治も... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事