老人党リアルグループ「護憲+」ブログ

現憲法の基本理念(国民主権、平和、人権)の視点で「世直し」を志す「護憲+」メンバーのメッセージ

対話:日本のマスコミについて

2018-11-10 09:54:52 | マスコミ報道
名無しの探偵さんの投稿「日本のマスコミの大本営化が進んでいる」に関連して。

確かに日本のマスコミの体たらくは目に余るものがありますね。特にテレビには見る気も失せます。

しかし多くの国民が一番影響を受けるのはテレビなのです。

消費税を10%に上げる事に対しても、その是非は問うことなく、軽減税率がどうの、カード2%引きがどうのと、まるで安倍内閣の広報機関のようです。戦前の国民もこのようにある意味洗脳させられたのでしょう。

一方、テレビでも見るに値する番組も少しはあります。深夜遅くのドキユメンタリーで太平洋戦争を扱ったもの。NHKで今年放送した「赤報隊朝日新聞社襲撃事件」等。これ等の番組が消えて、砂浜で針を拾うような事態にならなければ良いのですが。

良い番組は応援しましょう。あきらめないで、クチコミでもネットでも拡散して、フアンを増やしましょう。

ねじれ大いに結構!日本のマスコミも大きくねじれて欲しいものです。その方が視聴率者も新聞読者も面白くて興味を持つのではないでしょうか。

「護憲+BBS」「新聞記事などの紹介」より
パンドラ

===
パンドラさん、コメントどうも。前回はマスコミを十羽一絡げににしてしまいました。

東京新聞など、またNHK、日本テレビなども(本家の読売新聞とは異なり)現場の記者や製作者は本局の言いなりになっているわけではないですね。つまり、多様性や少数意見は今でも健在だと思います。

これは今の安倍政権以前では当たり前の風景でした。安倍官邸政治があまりにも異常なのだと思います。

新しく大臣に就任した片山議員などを見ると悲惨を超えて滑稽でもあります。いきなりの疑惑のデパートを一人で演じているわけですから。安倍さんの(森友・加計などの)事件を見習って、超短期間でこなしている。サーカスの団員でもここまではできない。

前回の投稿は、少し誇張的な書き込みだったと思います。一部のマスコミと言い換えるべきでした。

「護憲+BBS」「新聞記事などの紹介」より
名無しの探偵
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 「麻生氏は辞任を」署名提出... | トップ | 麻生財務相の辞任を求める署... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
得意技で敗れる (竹内春一)
2018-11-11 00:31:43
テレビの仕事はエンターテイメント(人を喜ばせる仕事)であるといってもいい。古代ローマが数百年も続いたのは、エンターテイメントの技法に優れていたからといわれる。ローマのコロシアム(円形闘技場)が有名である。人を喜ばせる技法には、多くの場合、陥りやすい陷阱がある。

テレビは製作者が意図していなくても、視聴者を洗脳している場合がある。人をモルモット扱いしているのである。バカにしているわけである。

陷阱とはテレビ制作者がいつの間にか馬鹿になることである。因果応報である。日本の歴史には祇園聖者の鐘の音、諸行無常の響あり。とある。
人を馬鹿にすることを生業にするものが、最も馬鹿であったとは、まさに無常である。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

マスコミ報道」カテゴリの最新記事