老人党リアルグループ「護憲+」ブログ

現憲法の基本理念(国民主権、平和、人権)の視点で「世直し」を志す「護憲+」メンバーのメッセージ

国会の場で「恫喝」した三原じゅん子議員

2019-07-14 10:31:57 | 国会
今週のコラムにからんで、あらためて考えたのは「三原じゅん子」議員の態度・発言です。彼女は国会という”国の最高議決機関”で、野党議員全員に対して

「安倍首相に感謝こそすれ、問責決議案とは愚か者の所業、恥を知りなさい!」

と発言しました・・・いや、これは非難・恫喝です。

根拠がなく、感情的に叱責することを「非難」といいます。そして、マユを釣り上げキツイ目つきでの発言は、スケバン・ヤンキー・チンピラ・ヤクザと同じ「恫喝」です。

あの態度は何回見ても、かの国で首領様をたたえ敵対する国を恫喝する、年配の女性アナウンサーと変わりません。日本も戦時中、大本営の作戦や戦争続行に異を唱える者を「キサマッ、何を言うかっ!」「この非国民が!」と威嚇・恫喝したのが東条内閣や軍部将校たちでした。

言うまでもなく、国会は議論・論戦の場です。過日、質問時間消化のために般若心経を唱えたバカ議員もいましたが、三原じゅん子の言動は国会議員の矜持・品格など、かけらもありません。呆れました。

彼女の経歴については、ネット上でいろいろ晒されています。信頼できる記事によれば”金八先生”ドラマへの出演で有名になり、23歳ころに写真週刊誌カメラマンへの暴行事件で逮捕され、その後はレーシングドライバーとして活躍、介護施設経営者も経験しているとか。離婚歴は2回あります。若い頃はアイドル歌手からグラビアアイドルになり、ビキニ水着写真集を出しています。近年までは単発でテレビドラマにも出演していたそうです。

つまり、そこそこの知名度があります。それで国会議員に転出、自民党の広告塔・・・というところでしょうか。私は国会議員としての矜持があり見合う言動をしていれば「過去がどうのこうの」という批判はしません。ただ、国会議員としての品位を欠いたり“あるまじき言動”をしたりすれば、彼女のバックボーンとリンクして叩かれてもしかたないでしょう。

三原じゅん子、アナタは単細胞で発言が薄っぺらい!アナタが敬愛かつ崇拝する安倍晋三に「愚か者の所業」はないのか?野党から「恥を知れ!」と批判される所業はないのか?

そして、空に向かって吐いたツバは自分の顔で受け止めなさい。愚か者の、三原じゅん子。そのゴーマンさ、恥を知れ!

「護憲+BBS」「コラムの感想」より
猫家五六助

コメント   この記事についてブログを書く
« 水面下で進められる独裁国家化 | トップ | 沖縄県民をどこまで愚弄する気か »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国会」カテゴリの最新記事