老人党リアルグループ「護憲+」ブログ

現憲法の基本理念(国民主権、平和、人権)の視点で「世直し」を志す「護憲+」メンバーのメッセージ

ファルージャ イラク戦争 日本人人質事件…

2013-11-17 07:45:00 | イラク戦争
あれから10年経ちました。アメリカがイラク戦争に介入し、日本も自衛隊を派遣し(人道派遣という名の下に)アメリカの戦争に加担していったあの時から。

この2004年の「イラク人質事件」は私がネットを通じて社会と繋がる原点のような出来事でした。

12月7日から一週間「ファルージャ イラク戦争 日本人人質事件…そして」という映画が期間限定で公開されます。

「自己責任」という言葉があれから私達の国を被い、「それって自己責任だろ!」と冗談に紛らわせ、あるいは笑いながら日常の中で使っているけれど、本当にそうなのでしょうか。生活保護を受給している人に対するバッシング、路上生活をしている人に対する襲撃事件。「自己責任」という言葉が被い隠すもの。

個人は責任を問われ、企業や官僚、国会議員は問われないのでしょうか。あの「大量破壊兵器」は存在しなかったと判明してから、当時の内閣総理大臣小泉純一郎氏は何か責任を取ったのでしょうか。

私にとって忘れられないのは、あの三人の方達へ惨くて醜いバッシングもそうだけれど、香田証生さんが人質に取られ命を落とされた事でした。亡くなった方に更に追い打ちをかけるような酷い書き込みがネットで見られたり、斬首場面がネットの動画に流れたり…。これは一時の騒ぎなどではなく、一部の嫌韓流や嫌中国などを叫ぶ人達のヘイトスピーチにつながっているのかも知れない。

12月7日(土)から新宿バトル9ほか全国劇場にて一週間限定上映だそうです。

あれから10年経ちました。イラク戦争の時、貴方は何をしていましたか?

「護憲+BBS」「イベントの紹介」より
パンドラ
『イベントニュース』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 「作業員にカイロ 肌着を」... | トップ | 伊勢谷友介さんも「特定秘密... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

イラク戦争」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

11/17: 九条の会、秘密保護法案を批判 「9条改正にもつながる」 更に国民主権、主権者の形骸化に通じ、企て糾弾すべし (今日のトピックス Blog)
「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十一期に入りました  (笹井明子) 老人党リアルグループ「護憲+」: 趣旨 ほか 「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦...
12月7日(土)~ 「映画」ファルージャ  イラク戦争 日本人人質事件 …そして  (政治?)
日本人の寂しさを感じた事件でした。 日本人の内面・ファルージャの現状・・・、知らなければならないことだと思います。 「映画」 ファルージャ  イラク戦争 日本人人質事件 …そして http://www.fallujah-movie.com/index.html イラク戦争から10年。  当時...